修理実績紹介

フリード 右スライドドアの凹み

DSC_1270.JPG DSC_1286.JPG DSC_1289.JPG

フリードのスライドドアです。

ここの部分はツールが入らなくて苦労する部分です‼

ガラスの隙間からは入らず、内装を外し内側のサービスホールからもアクセス出来ません。

そこでガラスを外す必要が出てきます。

 水切りモールの取り付け穴から作業するのですが、とにかく手順が大変です!!

 ガラスを外すためにドア後方のピラーの黒いカバーを外すのですが、

ドアバイザー(雨よけ)が付いている場合、まずバイザーを外す所から始めなければなりません。(作業終了後張り直します)

ここまでで結構時間が掛かります。(この時は外れ難く、1時間半程かかってしまいました)

 凹みの修理自体は30分程で終了しましたが、バイザーの張り直し等々を含めるとトータル3時間以上掛かりました。

 お客様には時間でご迷惑をお掛しましたが、満足して頂けました。

 

ホイールとナット

DSC_1348.JPG DSC_1351.JPG DSC_1350.JPG

今季は暖かかったので、ノーマルのままで行こうかと思っていましたが、週末から来週にかけて、寒さが続く上に、雲行きがあやしいので急遽スタッドレスに交換しました。

タイヤを外すついでに足廻りのチェックも終了です。

 これでこの寒さでも安心です。

 余談ですが、外品ホイールを取り付ける場合、ホンダ車はホイールナットの交換が必要です!!

 純正ナットはホイールの当たり面が球型な為、純正ホイールにしかつかえません。緩んでに外れる可能性がありますので、とても危険です。 先日義父が間違って取り付けてました(T_T) ご自分で交換される方は確認されると良いですよ!

 ナットは左が純正です‼

 

ミラ 右フロントドアの凹みです。

DSC_1206.JPG DSC_1210.JPG

基本的な凹みです。

 ガラスの隙間からツールを入れての作業が可能です。

デントリペアでドアの修理をする場合の、一番基本的なツールアクセスの仕方です。

 サイドビーム等の障害もなくキッチリ修復出来ました。

傷が付いていたのでそれだけが心残りです。

 

 

休みの間に

DSC_1241.JPG DSC_1255.JPG DSC_1262.JPG

新年明けましておめでとうございます‼

以前スバル レヴォーグにUSBコンセントが付いていたのを見て、我が家のフォレスターにも付くかも!!

と思いやってみました。 調べると以外に簡単でACCとアースを取るだけで付けれました。

部品はレヴォーグの純正コンセントです。 結構スッキリ仕上げる事が出来ました。

 

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致しますm(__)m
今年も技術向上に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします❗

我が家の二代目チャウチャウの「ひのまる」です(^.^)すっかり鏡餅と化してますが・ω・

看板犬としても頑張りますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします❤


NーONE 深い凹み 傷あり

DSC_1198.JPG DSC_1202.JPG

左側フロントドアの凹みです。

深く傷が付いています。

 打撃点が鋭く完全に凹みを上げる事は出来ませんが目立たなくする事は可能だと お客様に伝えて作業しました。

作業中は出来る限り完璧を目指して直すのですが、やはり残ってしまいます。

何度も調整を繰り返しましたが、これ以上凹みを押し上げると、突き出した様になり、歪みが大きく出てしまうため、ここで終了する事にしました。

 前回のアクアの時に少し直し難いと書きましたが、この凹みもその類いです。

なかなか完璧にはならない仕事が最近多いです‼

 

 

 

バンパー脱着(日産ノート)

DSC_1163.JPG

肝心のデントリペアの写真を忘れました‼

直そうとするとツールが入らなくて、順番に探していくと結局バンパーを外して作業するほうが直し易い事がわかりました。

 左側のリアフェンダーの修理でした。

 一番良いアクセスで、一番見易い位置で、一番楽な姿勢で作業する事が最高の仕上がりにする秘訣です‼

時には想定外ですが、外せる所までトコトンばらして作業します。

 

 

ランクル プラド ボンネットの凹み

DSC_1114.JPG DSC_1118.JPG DSC_1126.JPG

薄く 広い凹みです。

 写真には写っていませんが、この倍くらいの範囲で凹んでいます。

 ボンネット裏のブレス(骨)と外鈑の間にシーラーがあり、腫れ上がった部分も複数広範囲にありました。

 幸いツールは何とか入れる事が出来たので、少しずつポンチで叩きつつ、凹みを出して行きました。

 写真の角度が修理前と同じように撮れませんでした。(帰ってから確認して気付きました。(ToT) )

なのでライトではなく 映り込んでいる背景で見てくださいm(__)m

最近 画像が荒れてしまっていてゴメンナサイ!!(光の加減ですかね?)

 

 

 

アクア 左フロントフェンダーの小さな凹み

DSC_1064.JPG DSC_1077.JPG

デントとしては小さめの凹みですが少し深いです。

黒や紺などの濃い色は、ボディにはっきりと周りの景色が映り込むので 仕上げが かなりシビアになります。

 少しでも直りが悪いと 映り込んだ景色が歪むので違和感が残ります。

今回の場合、パネルが少し逆反りになっている所が凹んでいるため、 押し出しすぎると張れた様になり、 出しかたが足りないと「凹んだまま直っていない」になってしまいます。

 アクアはパネルが薄いのか、押し出すとパネル全体がたわむため慎重に作業しないと思わぬ所に歪みが入るため苦労します。 プリウスや、ホンダのN-ONE、N-WGNも場所によっては似た感じがあります。

 

 

 

...10...1819202122...