修理跡が残った凹み

デントリペアの限界を超えている凹みの場合!!

プレスラインや、平面でも深すぎる凹みをリペアした時に出来る、ブツブツの状態になってしまうリペアがあったのでご紹介します。(下の写真は作業後のものです)

 

こんな状態です。

専門的には「アウティー」、戻せない位にリペア部分を突き出させてしまった物、出し過ぎ、の意味です。

この状態にしてしまうと、元に戻す事は不可能です。これを改善するには鈑金塗装を要します。

リペアの工程でここまでではなく、あえてわざと出し過ぎ気味にしてリペアする事は度々あります。

しかし、この状態は明らかにやり過ぎ、失敗のレベルです。

今回はディーラー様からのご依頼で「多分リペアは無理だろけどダメ元で」とのお話で預って頂いたものでした。

当日に行くまで一度も見ていなかったので、一目で塗装が割れる、もしくはこの状態になる事は分かりました。

その事をディーラー様に伝え、一度お客様にご相談して頂くようにお願いしました。

結果、出来る限りで良いので「リペアしてくれ」と言うお返事でした。

とはいえ、綺麗に、そこに凹みがあった事が分からない様にリペアする事が、デントリペアの最大の課題なので、当初は写真の様な状態にならない様にリペアするつもりでした。

しかしリペアしていくにつれ、プレスライン上の凹みが深い上に、硬くやはりどうしようもありません。

お客様が塗装割れは気にしないので、「とにかく凹みが目立たなくなれば」との要望だったので仕方なくアウティーになる事を承知で凹みを出す事にしました。

出来る限り塗装は割らない様にしましたので割れてはいませんが、アウティーだらけの状態に。

しかし、凹みはかなり、と言うかほぼ直っていたので、OKの結果が。この状態を良しとするか、悪しとするかはお客様次第です。

ダメ元でお受けした仕事でしたし、実際もう少し直らないと思っていたので、リペア前の写真は撮っていませんでした。(リペア前は凹みは、正面から見てもハッキリ分かり、凹みの上下にも、かなり張れ上がりがありました。)

当店で、お客様に説明する時にブツブツの状態になるかもという事がありますが、その例として見て頂ければと思います。

ただし、今回の例はあくまでも、特殊な例です。ここまでになる位なら鈑金塗装をお勧めしていますので、後はお客様次第です。

通常黙って「これが仕上りです」とお支払をお願いする事はありませんのでご安心下さい!!

 

 

 


プリウスα左フロントドアの突き出し!

 

 

ドアの表面を押された時に、この裏側にあるサイドドアビームがあった為、凹まずに張れ上がった凹み?逆パターンの突き出しになっています。

写真では15センチ程度の突き出しに見えるのですが、実際には縦横30センチ超えのダメージです。

業者様からのご紹介で、お客様と直接お話させて頂いた上で、ある程度のヒズミと修理跡が残る事を了承してもらって作業しました。

お客様からは鈑金塗装だとかなり高額な修理になるし、安上げの鈑金塗装だと塗装の変色やヒズミが残る上、それでもそこそこの修理代が掛かるので、「それならいっその事デントリペアで!」と言う事でご依頼して頂きました。

作業範囲が広いため、ドア内部からのツールアクセスは当然ですが、ドアガラスも外してあらゆる方向から作業する必要がありました。

他のお客様からの仕事もあり、朝からお預りして結局夕方近くまでお時間を頂いての修理です。

突き出した凹み?を直す場合は通常の作業より少し手間が掛かります。

まず張れている部分を表面から叩いて、一度凹みにした上でもう一度凹みを上げ直す必要があります。

色々試行錯誤した上でジックリ慎重に作業しリペア出来ました。

少しライトの写り込みがズレるのが分かるでしょうか?

張れ上がりがヒドイためこれが限界です。

しかし、お客様には思った以上の仕上りにリペア出来ていたので、とても喜んで頂けたようです。

紹介して頂いた業者様にもお客様からご満足のご連絡があったようで、私も安心しました。

どんな凹み、張れでもこうなる訳ではありませんが、可能性があるなら努力しますので鈑金塗装の前に一度ご連絡頂ければ幸です。

 

 


フィアット 左ドアの凹み

ドアのきわ、エッジ部分でかなり深く凹んでいます。

お客様が来られた時に、「凹みの大きさを小さくする事は出来ますが、綺麗に直すなら鈑金塗装をするしかないです」とハッキリお伝えしたのですが、それでもデントリペアでとご依頼いただいたので作業を開始しました。

ドアの内張を外しての作業です。

ドアパネルの外鈑、内鈑の合せ部分でかなり深く凹んでいるので、分からない様に直すのは無理。 ただ、少しでも小さくする事は出来るので、その事に専念しました。結構時間を掛け、試行錯誤しながら頑張ったのですが、これが限界です。

目立たなくはなりましたが、やはり違和感が残る結果になりました。

これ以上の仕上りにするには、どうしても鈑金塗装の必要があります。しかし、お客様の中には多少の修理跡が残る事よりも、塗装する事による色の違いを気にする方も大勢いらっしゃいます。

どちらを取るかの選択になってしまいますが、一度塗装をすると、もう二度と元の塗装に戻す事は出来ないので、難しい選択だと思います。

当方ではトコトンそういうご相談、お客様にとって最良の方法を一緒に考えていきたいと思っています。

愛車にとって1番良い修理方法を一緒に見つけたいと思います!!

 


CH-Rの右リアドアの凹み

大きさは普通のデントですが、少し深い凹みです。

お客様には最悪の場合凹みの中心部がクレーターの様に残る可能性もある事を了解頂いてのリペアです。

凹みの位置がドアの真ん中より少し下寄りなので、内装を外してドアの内側より作業する事にしました。(基本的に国産車のドアの内張り程度なら脱着料はいただいていません。)

こんな感じです。

 

凹みの裏側にドアビームなどの邪魔をする物は無いので、ツールアクセスはバッチリです。

後は出来る限り凹みの痕跡を残さない様にリペアしていきます。

普通に見ると全く分からないです。

アップで見ると少し残っています。

ここが凹んでいた事を知らないとまず見つけることはできないと思います。

お客様には大変喜んで頂けました。

 

先日、当店は開業20年目に突入しました!

毎日デントを直し続けています!

しかし未だにどんな凹みをリペアするにも、毎回作業を終了するまで、自分にこの凹みが直せるのかという思いがあります。同じ凹みは2つとない事が身に染みているんだろうと思います。(作業始めてから、出来ない(T_T)となる事は年に1〜2台あるかどうか、というくらいなのですがf^_^;))

ですから「絶対大丈夫!!」と言い切れなくて申し訳ないのですが、私が持っている技術を全て出し尽くして直しますのでお任せいただけると嬉しいです!

 

 


コペン リアフェンダーの凹み

写真で見ると普通のエクボに見えますが、かなり深い凹みです。

丸い凹みの下にも、縦長の凹みが。

どちらもリペアするのですが、この場所はこのままではツールが入りません。

お客様には最悪の場合ボディに穴を開ける事も視野にいれての作業を許可して頂いてリペアする事に成りました。

取りあえずバンパーを外したのですが、下の凹みだけならその状態で十分リペアできます。

しかし、上の丸い凹みは深さがあるので、通常のツールでは塗装が割れてしまう恐れがありました。

残念ですが、穴を開けてのリペアに切り替えます。

(四角の穴が元々車体にあった物。丸い穴が今回開けた物です。)

穴を開けてのリペアは基本的にまずやらないのですが、こうしないとリペア出来ないので、お客様に、デントリペアで直すのか、それとも鈑金塗装で直すのか選んで貰ってキチンと説明した上で作業しています。(安易に穴開けを薦めている訳ではありません。最悪の場合です。)

それでも、凹みが深過ぎたので少し修理跡が残ってしまいました。

しかしお客様には、ほぼ分からなくなったので大変満足して頂けた様です。

今回は、バンパーの脱着や穴開けなど通常よりも時間は掛かりましたが、それでも3時半程で完了です。

開けた穴は作業後に塞いで防水、防錆の処理をしてお返ししていますのでご安心下さい。。


アルファードのスライドドアの少し深い凹み

 

小さいですが、深い凹みです。

写真ではあまり深さが分かりにくいのですが、経験上リペア後に少し凹みが残る事が分かったのでお客様にはその事を伝えて修理しました。

凹みの位置としては硝子の隙間からツールを入れてリペア出来そうに見えるのですが、いざ入れて見ると何か邪魔をする物があり、凹みを押す事が出来ません。

内装を外して見るとやはり裏側にブレスがありました。

⇧ここの中に凹みがあります。

この部分に入るツールを選んでリペアします。

ツールが届いてくれると後は比較的楽に修理出きるのですが、今回は凹みが深い為何度も修正を重ねてリペアして行きます。

良く見ないと分からない程度ですが、やはり深い部分が少し残ってしまいました。(元々あった塗装面の傷はそのままです)

お客様にはシッカリ確認して頂いて作業終了です。

お見積りの時にお客様には凹みが少し残る事は了解して頂いてましたが、お客様が思っていた以上に直っていたので大変喜んで頂けた様です。

コチラとしても一安心出来ました。

 

少し前からホームページをリニューアルしました。以前の物は写真が三枚までしか載せられませんでしたが、少しでも詳しく見て頂ける様に特にブログの方が変わっています。

お客様が気になるのは、綺麗に直った物ではなく、少し残った物はどんな感じなのか?が気になると思います。

今後も綺麗に直った写真では無く、リペアしたけどここまでが限界と言う事が分かって貰える画像を出来る限り載せようと思いますので、よろしくお願いします。

もちろん綺麗に直ったものはそのまま載せます!!

 

 

 


スペイド ルーフの凹み

大きさは余りないのですが、見ためよりも深く鋭く凹んでいます。

凹みの中心部は残ってしまう事をお客様には納得していただいて作業しました。

ルーフのリペアの場合、基本的に、まずルーフライニング(内張り)の脱着が必須です。

車種や場所によってどこまで外すか、ツールをどこから入れるのかは変わります。

今回の場合は写真の場所は右後部座席の頭の上あたりです。少しだけ外して強引にツールを入れる事も可能ですが、最悪の場合、皺が入ってその跡が残ってしまいます。

昔に比べると多少折れや皺が入っても元に戻せば殆ど分からない様なるのですが、お客様が 「NG」との事だったので全部外しました。(通常はこの様な場合は全部外す事をお勧めします。)

 

 

⇧凹み裏側

真ん中の小さく黒い点がへこみの裏、凹みの一番深い中心部です。裏から見てもハッキリ分かります。この様な場合はほとんど凹みの中心部は残ってしまいます。

出来る限り凹みの痕跡を残さない様に注意しながら修復するのですが、今回の場合それでは大きく凹みが残ってしまう為、少しですが塗装割れを覚悟して凹みが最小になる様にリペアしました。

割れた部分はタッチアップをしてその後のサビを予防します。

ここが凹んでいたと知らなければ、単なる飛び石キズ位になります。

凹んだままだと目立ってイヤな感じがしますが、この位になると以外と気にならなくなるので、そういうお客様も大勢いらっしゃいます。

 

 

 


イグニス 左リアフェンダーの凹み

少し深めの凹みです。

給油口側のリアフェンダーですので、中の構造によってはツールが入らない場合もあります。

取り敢えず内装を外して見ると、車両後側からのリペアは無理。

ドア側からの作業しか出来ない状態です。

しかも、ツールの入る場所が限られていますので、使用するツールを工夫してリペア開始です。

1つの凹みですが斜め方向に少し長い凹みだった為、1本のツールだけでは凹みの全ての部分を押す事が出来ないので、何種類も使い分けて直していきます。

僅かですが、鋼板が綺麗に修復出来る限界よりも少し伸びていた為、よく見ないと殆ど分からない位ですが、歪みが残ってしまいました。

写真で拡大してもらうと写り込んだライトが少し歪んでいるのを見てもらえると思います。

1番ハッキリ見てもらえる部分を載せました。

 

 


新型N-BOXのスライドドアの凹み

2018年式のN-Boxです。

最初の凹みの状態を撮るの忘れ作業途中で思い出し、ほとんど架橋を超えた時点での写真なので、良く分からない凹みになってしまいました。

写真は深かった凹みの筋状の部分がまだハッキリ残っている状態です。

ここから、まだ整えて行く途中です。

写真の撮り忘れの原因がコチラです。

この型からスライドドアの内部がモジュールパネル(写真の黒いパネル)に代わっていて、ツールを入れるサービスホールが無くなっていました。

このパネルを取らないとほぼツールが入らないのですが、スライドドアにこの方式が使われていた車は私の経験上初めてでした。(普通の外開きのドアなら何も問題ないのですが)

ディーラー様に外し方の手順を調べて貰って、(問合わせた店では、まだ一度も外した事が無かった様でサービスマニュアルを見せてもらいました)よく観察しながらの作業だったので写真を撮ることをスッカリ忘れた!!

という事です。(:^ー^A

凹みが丁度ドア内部の貼り付けてある鉄板の中だったので、どうしても外さないとリペア出来ない状態でした。当初予定していた時間を大幅に上回り、少し筋状の跡が残ったのですが、何とかリペア終了です。

↑作業途中

↑リペア完了後

あまり違いが分からない様に見えますが、リペア前は普通に丸い、でもかなり深い凹みだったので見違える様な仕上がりになってはいるのですが、この写真からは分かって貰えないですよね〜〜(T~T)

ちなみに、内張りを外しただけの状態がコチラです。

作業終了後によく思い出して見ると、今回は自動ドアや半ドア防止のオートクロージャーが付いていなかったのでまだ単純な方でした。

これから、この方式が増えていくのでしょうか?ついて行くのが大変です。


BMW7シリーズ 左リアドアの凹み(少し深い凹み)

1488533467294.jpg 1488533513959.jpg 1488533533894.jpg

大きさは5センチ程度ですが、鋭く突いた凹みです。 お客様には、現車を見せて頂いた時点で完全に凹みを消す事は出来ず、少し凹みが残る事を了解して頂いて作業開始しました。 ガラスの隙間からツールを入れても、うまくアクセスする事が出来なかったので、取りあえず内張りを外す事に。 何とかツールが入る部分を確保して作業開始です。 お客様には、「凹みの深い部分が残る」と説明しましたが、少しでも残らない様にと出来る限り頑張りました。 しかし、やはり中心部分の凹みが鋭く、残ってしまいました。 少しでも目立たなくなる様に周りを調整して、リペア終了です。 完成後、お客様は「もっと酷く残ってしまう」と思ってらしたらしく、「ここまで直れば全然いい」と満足して頂けました。 あと少し浅ければ、跡形も無く消えた凹みだったのですが…..。 お客様には、とても喜んで頂けたので、これを励みに、これからも頑張ります!

 

123