職人のひとりごと

インサイト 右リアドアの凹み かなりキツイ

上下に凹みがあります。

多分ドアチョップ?

下側の凹みはまだいいのですが、問題は上の凹みです。

プレスラインが完全に潰れてしまっているため、お客様にはキッチリ綺麗に直すには、鈑金塗装の方が良いことをシッカリ説明しました。

車自体が古いので費用面を考えると目立たなくなれぱ良いとの事で、デントリペアでの修理をお願いされました。

ただ、凹みがかなり深く、リペアするにもそれ相応の力を掛けなければ凹みが押し出せません。

このままガラスの隙間からツールを入れる事自体は可能ですが、それ相応の力が掛かるツールを使用しないとダメです。

ガラスがどうしても邪魔になるので、外して作業しました。

↑ここの隙間から太めのツールで、しっかり力を掛けて直します。

↑塗装割れこそ起こしていませんが、修理跡がクッキリ残ってしまいます。(お客様には事前に説明し、ご了承して頂いています)

↑リペア後の写真と動画

下側の凹みはほぼ問題なく直っていますが、プレスラインの凹みは修理跡が残ってしまいました。(こうなる事は分かっていての作業です)

口で説明しても中々伝わらないですが、このような凹みをご依頼の場合は写真と動画で判断してください。(写真の撮り方で誤魔化すつもりは毛頭ないので、拡大等してご確認ください)

出来る限りリペア後の仕上がりの悪い所を見て貰うつもりで載せています。

ライトを入れないとほとんど分かりませんが、プレスラインに黒く見える部分が凹みのあったところです。

今回のお客様にもシッカリ見て頂いて、気持ち良くお帰り頂けました!!


WRX S4ルーフの凹み

ルーフの後方にそこそこの凹みがあります。

このままではリペア出来ませんので、ルーフの内張りを外し修理しました。

凹みの裏側はこんなに感じ。

ツールアクセスはバツグンに良かったので、比較的短時間でリペア出来ました。

凹みがあった事を知らない方には、分からない仕上がりになりました。

ルーフの場合はプーリングという方法もありますが、仕上がりを重視するならやはり内張りを外して、プッシュ(押し出し)で修理でする方が確実に綺麗になります。

今回もご満足して頂けました!!


プリウス 左右フロントドアの凹み

右のドア、基本的な凹み。

左のドア、2ヶ所並んだ凹み。凹みの後ろ側はアウターハンドルに隣接しています。

凹みが隣合わせで微妙に重なっている部分があり、前側の凹みは少し張れもあります。

右のドアは問題ありません。

左はアウターハンドルの部品が、リペアするのにツールが干渉するので、取り外して作業しました。

↑アウターハンドルのドア内部の部品。これが干渉するので、外しました。

黄色いテープの間が凹みの場所でした。

左のドア

微妙にヒズミが残りますが、ほぼ分からないレベルにはなったと思います。

どんな凹みも完璧にと言われると「無理です」と答えるしかありませんが、目立たなくと言って貰えると、何とかその範囲で出来る限りの事はさせて頂きます。

今回もお客様には満足して頂けました!!


エブリイ ボンネットの凹み

ボンネットの真ん中に凹みがあります。

今回はツールアクセスも良く、作業性も良いので問題なくリペア出来ました。

少しピントが合わない動画ですが、問題無い仕上がりでご満足して頂けました!! 


ポルシェ912 左ドアの凹み 横筋状

ドアの下部に横筋状に2ヶ所凹みがあります。

内装を外して作業しました。

古い車なので構造は単純ですが、パネルは分厚く硬いです。

内張りも慎重に外さないと割れる可能性もあります。

デントリペアはテコの力の応用で修理するのですが、部品を壊さないように支点になる部分は、シッカリ確認して作業します。

微妙な所がありますが、リペア終了です。

通常の車よりもクラッシック系の車は、部品を破損すると取り返しがつかないので、リペアよりも部品の脱着の方がかなり気を使います。

毎回思いますが、出来れば外したくはないです。

 

 


フィット 右リアドアの凹み

範囲範囲小さいですが、深くキツく凹んでいます。

少し修理跡が残る事はお客様にはご了承して頂いてリペアしました。

パネルが伸びすぎているので、どうしてもこの部分が残ってしまいます。

完璧に直すのは無理ですが、目立たなくなら何とでもなります。

お客様にはご満足して頂けました!!


ボルボV90 ボンネットのリペア

 

ボンネットに5cm程度の薄い凹みがあります。

映像で見ると大したことは無い様に見えますが、実物を見た感想は「そこそこ凹んでいるな」と言う感じでした。

ボンネット裏のインシュレーターを外してリペアしました。

外してビックリ!

ビッチリと裏側に鉄板が貼ってありました。

 

ここの隙間の奥が凹みのある所です。

幸いツールが入る場所ですが、間のシールはリペアに邪魔なので切り取ります。

テープを貼っている真ん中が凹んでいた所です。

この部分だと示しているので、その部分と廻りとの違いを必死で探すので、分かる方には微妙に分かると思いますが、テープを外すと絶対に見つけられません。

絶賛して頂けました!!

 

 


エクリプスクロス 左リアフェンダーの凹み

基本のデントリペアです。

本来はこのくらいの凹みを直す技術です。

私がデントジャパンでデントリペアを教わって卒業した時は、このくらいの凹みが1日掛かって直せるかどうかという凹みでした。(その頃は講習生が皆、時間が掛かっても、これくらいが直せれば卒業と言う感じでした)

1999年に開業したので、もう23年になります。

今では何とも思いませんが、その時はドキドキの毎日でした。

プーリングでも直せなくはないのですが、精度を求めるなら、やはりプッシュの方が確実に直ります。

ただ、給油口側なので内装を外してツールが入るか確認する必要があります。

今回は問題なく入りました!(たまに入らない車種があります)

このくらいの凹みでも、最終的にどうなるかは今でもやって見ないと分からない所がありますが、今回はほぼ、完璧?に直ったと思います。

 


RAV4 ルーフ他の凹み 雹害車

 

昨年の大阪であった雹害車で、今まで修理していなかった車両です。

全部を載せるとブログページの掲載容量を軽く越えてしまうので、ほんの一部です。

ルーフやピラー、ボンネット、ドア、フェンダー等々あちこち凹んでいました。

ルーフは当然内張りを外して作業しました。

凹みの数もかなりあり、他の場所も含めると時間が結構かかります。他の業者様やお客様の修理もあるので、5日~1週間程度お預りしての作業です。

ツールを何種類も使い分け、ライトの位置を少しずつ移動しながら、一つ一つ丁寧に直して行きます。

凹み自体のダメージは大したことはないのですが、数があるので根気のいる作業です。

同じ角度のカットで撮ることが難しいので、似た様な感じの動画になりますが、参考になればと思います。

 


...89101112...203040...