修理実績紹介

N-BOX右スライドドアの凹み

クセの入ったパネルのきわに出来た凹み。

ヒズミが残る場合が多いので、嫌な感じの凹みです。

現行のN-BOXの場合は、この部分に凹みが出来てしまうと、裏側にブレスがあるためツールが入らない場合があります。

今回もご多分にもれず入りませんでした。

 内装に加え、モジュールパネルも外して作業しました。

↑モジュールパネルです。現行型の場合、これを外さないとリペア出来ない事があります。

出来れば外したくはないのですが、今回はツールが入らないので外しました。

↑レールカバーも外してワイヤーも取ります。

最終的にはこんな感じです。

凹みはなくなったのですが、少し塗装肌の荒い仕上がりになりました。

今回は業者様からのご依頼だったのですが 、

お客様にとても満足して頂けたと

後で連絡がありました。

微妙な仕上がりだったので、ホッとしました。


エブリィバン 右リアフェンダーの凹み

 

広範囲の凹みです。

お客様には完全に綺麗に直すなら、鈑金塗装での修理が良いとお勧めしたのですが、費用の事もあるので何とかデントリペアで直して欲しいとお願いされて、お引き受けする事にしました。

車内のパネルを外せばツールは容易に入ります。

凹みの深い部分、凹んだ時に突き出してしまっている部分など複雑に絡み合っています。

部分、部分で凹みが深く、パネルが伸びきっている所があるので微妙な歪みが残りますが、

お客様は、ここまで直るとは思ってなかった!

と、とても喜んで頂けました。

作業前に、パネルの後端部分と突き出した部分は、綺麗には直らない事は伝えていたのですが、

仕上がりは最後までやってみないと分からないので、

「仕上がりはお任せで!」と言うことでお引き受けしたのですが、満足して頂けたのでホッとしました。

 


ヴェルファイア 右フロントフェンダーの凹み

少し複雑な凹みです。

最近の車はボンネット側からもツールが入るので、比較的楽に作業出来るのですが、車種によっては下の様な部品がついているものも。

フェンダー内にあって、作業の邪魔になるので外しました。何のためについているのかは知りません。

よとく見てもらうと、大きく凹んでいる部分の上側、ライトが途切れているところにも小さな凹みがありました。

ボンネット側、タイヤハウス側の二ヶ所からツールを入れてじっくり作業しました。

思ったよりも歪みが残らずに仕上がりました。

業者様からのご依頼だったのですが、

これなら大丈夫!と太鼓判を頂けました。


シャッター修理(プロにお任せ)

数年前から不具合が出て、何とか自分で修理しながら、騙しだまし使ってきたのですが、先日とうとう動かなくなりました。

幸い閉まっている状態で動かなくなったので、シャッターのシャフト部分が変形していることを発見!

取りあえず仕事に支障があるので、開閉出来るようにだけしてあとはプロに頼みました。

赤丸部分は普通にただの鉄パイプのはずが、摩擦で削れて穴が空き、この部分が引っ掛かり動かなくなったみたいです。

シャフト自体も変形しヘの字に曲がっていました。

これでは動かなくなるのも当然。

↑新品のシャフトです。(左右2本分)

交換作業を見せて頂いたのでシャッターの構造が凄く良くわかりました。

次回からもしかすると自分で交換できるかも?

交換するとシャッターの開閉も軽くなり、スムーズに動くようになりました。

明日から新規一転頑張りたいと思います。

 


ワゴンR リアゲート、プレスラインの凹みとその他

ノブの横は少し複雑に、プレスラインは少し深く凹んでいます。

作業するのに邪魔なので!ドアノブは外しました。

↑内装を外してパネル内側です。

この場所には以前はこんなパネル無かったのですが、この型式からは付いています。

リペアするには物凄く邪魔になります。

(凹みによっては、今まで直せたものが、ツールが入らない事で直せないかも。)

これは外れないので何とか入るツールを見つけて、工夫するしかありません。

思ったより綺麗に直りました!!

ただし、ゲートの1番下のパネルの張り合わせ部分に折れが残りました。

普通に見る分には余り目立ちませんが。

ライトの映り込んだ部分が屈折しています。

この状態は直せないので、このままになります。

お客様にも仕上がりをしっかり確認して頂きました。

折れ部分もキチンと見て頂き、ほとんど分からないので大丈夫!との事で、満足して頂けたようです。

 

 


今日から22年目に突入です。

梅雨に入り雨が降り続いていますが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日から開業22年目に入ります!

今までを振り返って、良かったものは続け、

悪かったものは反省し、すべての経験を糧とし

役立てて頑張って行こうと思います。

これからも当店をよろしくお願いいたします。

カードッグ工房

西田英司

 


アウディA3 左リアドア、プレスラインの凹み修理

プレスライン上をまたいで凹んでいます。

どこからツールを入れるか悩んだのですが、1番いいのがドアの配線の引き込み穴。

写真で見ると簡単に外れる様に見えますが、樹脂製で裏側が爪になっているので、この部分を正確に外さないと爪が割れたり(組み付けの時にはまらなくなります)、穴の廻りにキズがつきます。

出来るだけリスクを回避するために、内装を外してドア内部から外しました。 

配線をドアの中に引き込み、ツールの挿入口を無事確保して作業開始です。

作業前はプレスライン上の凹みがもっとクッキリ残るかと思ったのですが、やってみると思った以上に出てくれたので、なかなか良い出来に仕上がりました。

今回はリペア、バラシ共に難なく終了しましたが、同じアウディでも年式や型式、グレードによっては、当店ではバラせない車もあります。

その場合はバラシを断念するか、他所で外して来て頂く事もあります。

リペアに関してはお任せ下さい!!


セレナ リアゲート大きな凹み

坂道の登りで下がってしまい、電柱にゆっくりですがぶつかってしまったらしいです。

通常ならパネル交換だと思います。

お客様にはデントリペアで直しても綺麗に元の様に修理する事は無理なので、鈑金塗装もしくはパネル交換での修理が必要だとご説明しました。

しかし年数も経っているので修理に大きな金額をかけたくないとの事で、出来る限りで良いのでというご希望でリペアする事になりました。

細かい部分まではなかなか難しいですが、全体的には整えることは出来ました。

見積もり時にはご夫婦で来られたのですが、リペア当日は奥様だけのご来店でした。奥様にはご満足して頂けたのですが、ご主人様とは一緒に最終確認をしてもらっていませんでした。作業に納得いただけたか少し心配していましたが、後日ご主人様からわざわざご連絡頂き、お褒めの言葉を頂けたのでホッとしました。

↑パネルぎわが曲がって折れ、塗装も割れがありました。

↑塗装面はそのまま残ってしまいますが、タッチアップペイントで塗って錆止めしました。

バンパーも元通りとはならないですが、ある程度修正しています。


N-VANリアゲート上部の凹み

リアゲート上面に深く大きな凹みが出来てしまっています。

リアゲートのガラスより上部に凹みが出来てしまった場合は、直そうとしてもツールが入る穴等がどの車種もほとんどありません。

その為リペアするには押し出しではなく、引っ張りで直すのですが、ここまで凹んでいると凹みが深すぎる為、凹みを小さくする事はできますが、そこまでが限界で直したとは言えない仕上がりになります。

キズがある場合は塗装が剥がれる可能性も高くなります。

そこで今回はお客様と相談した上で、リアゲートを外して直すことにしました。

筋状に少し凹みが残ってしまいますが、この位には修復出来ました。

ツールが入る所がボルト穴部分しかなく、入るツールも限られていた為これが限界です。

塗装表面にキズ(磨いてはみたのですが、塗装にダメージがあるため取れませんでした。作業前にお客様とは確認済みです)が残ってしまいますが、凹みがほとんど無くなったので、お客様には満足して頂けました。

 

 


12345...1020...