修理実績紹介

レクサスRX450h 右リアドアの凹み

デントの大きさ、形、ともにお手本の様な凹みです。

ちょっと深めですが。

ガラスの隙間からツールが届けば、文句無し!!

ツールを入れて見ると、よくある嫌な感触がありました。

凹みより少し離れた前後と、下は押せるのですが、

肝心の凹み部分が押せません!

仕方ないのでバラして見ると

ドア内部です↑

凹みの位置が、シール部分を狙ったかの様にピンポイントでこの場所でした。

ゴムの様な感じの固さのシールなのですが、このシールを取り除かないと、凹みの中心部が押せません。

取り除きました。

結局ドア内部からの方が、しっかりツールが入るので、そのままリペアしました。

テープの下部分が凹みがあったところです。

よーく見て頂くとほんの少しだけ、凹みが残っていますが、ほとんど分からなくなりました。

多分知らないと見つけられません。

お客様にも満足して頂けました。


アウディQ5 左フロントドアの凹み

 

ドア中央部分が凹んでいます。

小さい凹みに見えますが、赤丸部分に凹んだ時に出来た、張れ上がりがあります。

今回はメインの凹みよりも、赤丸で囲んだゆがみの方が大変問題です。

説明しにくいのですが、凹みが出来た時にかかった圧力がそのまま赤丸の部分に、張れ上がった形でダメージとして残った様です。

普通に見ているとあまり気づかない程度の張れ上がりですが、車から離れて見ると大きく歪んでいるのが分かります。

この場合ドア中央の凹みだけを直しても、上の張れ上がりがそのままになるので、薄く大きな凹みになってしまいます。

今回、ガラスの隙間からでもツールは入ります。

しかし仕上がりを考えると、ドア内側から直す方が良いのですが、ただ脱着費用が別途かかります。

お客様と相談した結果、より綺麗に直る方法を取ることになり脱着することになりました。

内張りを外すと多種多様なツールが入るので、ガラスの隙間からだけで作業するよりも効率良く、綺麗にリペア出来ます。

仕上がりの良さは、楽な姿勢で凹みが見やすい位置取りが出来て、使いたいツールが思うように使える事が重要です。

テープ上下の間が凹みのあった部分です。

今回は赤丸部分の修復に大半の時間を使いました。

今回の様に本来の凹みとは別に、少し離れた場所にダメージが出ているような場合は、中々スッキリ修復にはならない事が多いのですが、ほぼ完璧?にリペア出来ました!!

凹みを見つけた時に鈑金塗装で見積もりを取られた様ですが、結構高額だったようで半年以上そのまま放置されていたようです。

仕上がりを見て頂いた時に、「こんな事ならもっと早く持ってくれば良かった!」

と、大変喜んで頂けました。

 

 

 

 

 


RAIZE ルーフのデント 多数あります。

全部で8ヶ所ありました。

猫かタヌキが乗ったのかも、とお客様は言っておられましたが、凹み自体が深く、プーリングでは凹みを小さく出来てもそれが限界で、分からなくする事は出来ないと判断しました。

車内側から内装を外して、プッシュツールでのリペアの必要があります。

内張りを外に出す必要はありませんが、全体を落とすまでにはバラす必要がありました。

カメラアングルが一定ではないので、分かりにくくてすいません。

凹みが深く、無理をすると塗装面が割れる恐れがあったので完璧にリペア出来たわけではありません。少し残った部分もありました。

それでも、凹んでいた場所を知っていて、その上でよく見ないと分からない程度には修復できました。

お客様には仕上がりをしっかりみてご確認頂き、ご満足いただけました。

今回はルーフの他にボンネットの凹みも一緒に作業しましたので余裕をもって丸々一日お預かりさせていただいています。ボンネットの方は写真を撮り忘れてしまいました。

 


ベンツ E220右リアドアの凹み

 

右リアドアの標準的な凹みです。

旧車の場合は、鈑金塗装で直してしまうと、修理したところの色艶が変わってしまうため、デントリペアでと依頼される事が多々あります。

型が古いので、塗装面の劣化が気になるところでしたが、今回はキチンと手入れされていた車だったので、塗装に影響が出ることなくリペア出来ました。

ただし、ここを直すのに内装の脱着が必要だったのですが、車自体が古いので、下手に外そうとすると部品の破損が気になるところでした。

幸い今回は、旧車のレストアを専門にされている業者様からのご依頼だったので、この車種の構造をよく把握されていた為、脱着して頂けました。

この黒いL字型の爪で内張りをドアパネルに引っかけているのですが、知らないと通常は手前に引っ張って外そうとするため、爪が折れてしまいます。

勉強になりましたm(__)m

ここまでしてもらうと、後はリペアだけなので難なく完了しました。

仕上がりはほぼ完璧だったので、業者様にも確認して頂きOKをいただけました!

20年以上やっていますが、未だに知らない構造の車がいっぱいです。

一つ一つ覚えるしかないんでしょうね。

 

 


フィット 右リアドアの凹み 2ヶ所

基本的なデントです。

内装等の脱着無しで、ガラスの隙間からリペア出来ます。

凹み自体も問題なく、ツールアクセスもバッチリです。

↑凹み後側

↑凹み前側

どちらもほとんど完璧?な出来上がりです。

凹みがあった事を知っていても、まず分からない位に修理出来ました!!

当店に来られる前にディーラーで修理の見積もりを取ると、鈑金塗装でなかなかいいお値段だったらしいので、尚更満足して頂けた様です。

凹みにもよりますが、鈑金塗装の前に一度ご相談ください。

 


いすゞ 4tトラック ルーフの凹み

ルーフの後、中央部分が凹んでいます。

ユニックなのでこの後にあるクレーン部分が前方に振っていたのに、キャビンを上げてしまい凹んでしまったようです。

ただ車体が大きくルーフの部分も高いので、デントリペア用のライトが届きません。

仕方がないので写り込む景色を見ながら、何とかリペアしました。

ただし傷は直せませんので、凹みさえ直して貰えれば、後は自分で塗装しますとのことでした。

↑車内からの画像です。

天井の内張りを外すと凹んでいる部分がハッキリ凸になっていて、見ただけでここが凹み部分だと確認出来るくらいには凹んでいました。

通常のリペアの様に、写り込んだライトを見ながら作業は出来ないので、ほとんど裏側からの凸部分を確認しながら勘でリペアしました。

押し出しの加減が全く分からないので、ほぼ手の平で凹凸の感じを確認しながらですので、荒出しに近い作業になります。

見にくいですが、傷がなければほぼ分からない位には凹みが上がったのですが、細かい凹凸は残っているので、綺麗に完璧に直すには薄くパテを入れて塗装する必要はあります。

お客様はここまで直してくれれば後は何とか出来るとの事でした。

ドアやフロントパネル位なら、ほぼ乗用車と変わらないのですが、ルーフの時は結構苦労します。

ユニックのブームが前方に向いている時は、絶対にキャビンを上げないで下さいね!!

 


ガレージジャッキが壊れました!

デントリペアを始める時に買ったガレージジャッキが、とうとう壊れてしまいました。

油圧シリンダーのシール部分から油漏れが…..

買ったのが22年前なので多分シールの劣化だと思います。

バラして調べ修理するにも、時間がなかなか取れないので、思いきって新しく買う事にしました。

ジャッキの上げ下げが今まで手動式だったのですが、

エアー&手動式のジャッキに!

購入する時に使い勝手や、値段の関係でかなり悩んだのですが、今回は長崎ジャッキさんの物を購入しました!(ショートジャッキで小さいのに、ロングジャッキより高い!)

納品まで3、4日との事でしたが、取引先に「至急で!!」とお願いしたところ、発注して翌日には用意して頂けました。(ありがとうございます!!!😂)

今までは2トンだったのを、3トンにグレードアップしたので、安定感もバッチリです。

ショートジャッキなので最高位はロングジャッキよりは低いですが、今までの物よりも高く上がるので重宝しそうです。

2トンジャッキの方は面白そうなので、折を見て修理してみようと思います。

 

 

 

 

 

 


デリカD-5 右フロントドア 横長の凹み

凹みの前方は深く、後に行くほど浅くなって引き摺っています。

深い部分にはキズがあったので、

お客様にはデントリペアではキズは直せない事と、

前方部分の凹みは深いので、

少し凹みが残る可能性がある事とを、

了承して頂いて作業しました。

 

↑ダメージは大きかったのですが、思ったよりも出てくれました。

多少、粗い部分も残りますが、お客様には大変満足して頂けました!!

 

残ってしまったキズですが、、

これを直そうとすると塗装屋さんにお願いするか、

筆でタッチアップするかになります。

筆塗りの場合どうやっても色が合うことはほぼ無いので、当店では錆びが気になる場合は、透明のクリアーでタッチアップする事をお勧めしています。

あまり目立たずに、錆び止めとしては有効だと思います。

ちなみに、今回のキズは下地まで届いていないので、錆びることはありません。


愛車

長年頑張って下さった

プレオさんが引退されました。

子供が小さい時からずっとお世話になったていたので寂しく思います。

今までありがとうございました!!

 

 


12345...1020...