修理実績紹介

フリード 右スライドドア プレスラインの凹み

プレスライン上にかなり深い凹みが出来ています。

ここまで凹んでいると、完全に綺麗にリペアするのは無理ですが、目立たなくする事なら可能です。

その辺りの説明をして納得して頂けたので作業する事になりました。

しっかり見て頂こうと思ったのですが、動画で撮るのを忘れてました!

実際には前後方向から透かして見るとうっすらと薄い凹みが残っています。

凹み部分をドア正面から見ると凹みは全くわからないのですが、お客様にはしっかりと残っている凹みが見える様に、説明して確認して頂きました。

結果はご満足して頂けたようで

笑顔で帰って頂けました。

こちらとしても、戻せる限界まではやりきっていたので、ホッとしました。

 

 


エスティマ 左リアフェンダーの大きなヘコミ

広範囲のヘコミです。

デントリペアの範疇からは大きく外れていますが、お客様からの要望で目立たなくなればという事でお引き受けしました。

とりあえず内装を外して作業開始です!

ライトを入れて細かいヒズミがよく見える様に撮っているのでハッキリ分かりますが、

普通に見るとほとんど分からなくなりました。

お客様にもこの状態をしっかり確認して頂いています。

結果として大変喜んで頂けました。

ほぼ半日がかかりましたが、お客さまの納得もいただけて、ホッとできたお仕事でした。

 

 


BMW F10 左リアドアのヘコミ

斜めに擦ったような凹みです。

凹みがドア前方、しかも下方の位置にあるので内装を外して作業しました。

シートが貼ってあるので部分的に剥がしてリペアしました。

思ったよりもクセのある凹みだったので、少しですがユガミが残りましたが、ここに凹みがあったことを知らない人から見れば、まず分からないと思います。

お客様にはキチン確認して頂き、喜んでお帰り頂けました。

 


数年ぶりに…..(T_T)

午前中、気温が低く寒かったせいか、割れました。

作業を終えて帰ると本日夕方に、

部品が入ったらしく、急ぎで持って来て下さいました。

ありがたいです!!

急ぎで持って行こうと思います。

部品の破損、

数年ぶりです(T_T)

 

 


BMW ミニ 左右ドアの凹み

 

左右ドアに凹みがあります。

この部分の裏側には補強のパネルが貼ってあり、

硝子の隙間からではツールが入らない為、ドア内側を外し内部から作業する必要があります。(内張りを外しだけでは直せません)

↑右ドア内部

 ↑左ドア内部

もう何度もやっているので、外すこと自体は問題ないのですが、結構手間が掛かります。

手間を掛けた分しっかり綺麗に直すことが出来ました!!

ガラスの微妙な位置の調整もしないとダメなので、凹みのリペアの時間よりも、脱着にかかる時間の方が長くなります。

ただ、今回は鈑金塗装するよりも安価に、綺麗に仕上げる事が出来たと思います。


BMW ボンネットの凸、突き出した逆デント

 

凹みではなくエンジンルーム内側から突き出しています。

凹みではなく凸ですが、裏返せば凹みになります。

今回の様な場合は、突き出した部分を叩き落としてから、凹みにしてリペアしていきます。

↑凹みになりました。

かなり鋭利に突き上げていて、しかも筋状になっていたので完全に元に戻すこと出来ませんが、

リペアしたと知らなければ、ほとんど分からないくらいには出来たと思います。

お客様にも満足して頂くことが出来ました。

 


N-BOXリアゲートの大きな凹み?

ハッキリ言って綺麗に直すならパネル交換?くらいの凹みです。

凹みの直らない所、歪み、リアゲート下部のパネルぎわの折れている所等々、

お客様には鈑金塗装を強くお勧めしたのですが、目立たなくなれば良い!

との事でお引き受けしました。

とても綺麗に なりました。

パッと見は。

実際はこんな感じです。

ボディ色が白なので、ライトを入れずに見るとあまり目立たないのですが。

ぶっ通しでほぼ1日掛かりました。

それでもお客様にはとても満足して頂けたようで、笑顔でお帰りになられたので、私としても安心出来ました。

基本的にはここまでの凹みの場合はお断りするのですが、お客様の熱意に負けた場合はお引き受けします。

ただし、仕上がりは完全にお任せコースになります。


ボルボV70 左フロント、リアドアにまたがった凹み

以前にリペアさせて頂いたお客様からのご依頼です。

左が前ドア、右が後ろドア

写真は上から下へ見下ろしたものです。

別々に凹んだのではなく、巻き込んだ?

もしくは引きずった凹みです。

凹みの場所が悪いのと、パネルぎわが折れています。

「お客様から目立たなくなれば」とのことでしたのでお引き受けしました。

↑フロントドア内部。アウターハンドル、とキャッチ部分がパネルごと取れます。

↑リアドアはパネルだけで取れます。

ただ、どちらもドアビーム?のそばで、ツールが入りにくい場所でした。

パネルを外して見て初めて分かる感じです。

と言うか、外さないと作業出来ません。

この状態ならリペア出来ます。

パネルぎわが少し残ります。

↑上下から見た感じです。

↑前後から見た感じです。

凹みが深いのと場所が少し悪いのと、パネルぎわが折れている為ここらへんが限界です。

リアドアにどうしてもゆがみが残ってしまいました。

この後パワーウィンドゥのオート動作の復帰が、日本車と少し違っていて、ボルボで教えて頂きました。

お客様にしっかり確認して頂きましたが、とても喜んで頂けてホッとしました。

 

 

 

 


デントリペア作業用ライトをLEDに!!

作業場の蛍光灯を今回、LEDに変えました。

前々から思っていた事でしたが、40Wタイプの直菅式のLEDで調光式で良いものがなかったのですが、今回とある業者様から調光出来るとの事で購入することにしました。

作業場の電気代削減の意味もありますが、

最大の理由はデント作業用のライトを調光式にしたかったら。 ↑左は今までの蛍光灯、右がLED

安定器の大きさが全く違います!

蛍光灯用は小さいのに784g

LEDは大きいのに283g

通常、LED照明は灯りとして使うには二灯同時点灯で問題はないのですが、私の場合は作業する時は、明る過ぎると作業しにくいので、どちらか一灯を消して使っています。

あまり明る過ぎると、作業中の目への負担が大きいので。

一灯ずつ調光しながら使うには安定器が二つ必要になるらしく、倍の重さに。

それでも1キロ以上軽くなりました。

ボンネットや天井のリペアの時はライトを上に持ち上げるので、軽い方が色々な面でメリットがあります。

写真では明るさの違いがほとんど伝わりませんね!

実際は結構違うのですが。

ただし衝撃に弱いらしく、これから様子を見ます。

作業場のライトは持ち歩かないので問題ないと思いますが、出張用に車に積み込む方に心配が残ります。

ダメな場合は元に戻すことも考えて配線を残しました。

 

急に壊れると困るので、二台のうち一台はしばらく蛍光灯のままにします。

LEDライトとしてはかなり高額だったので、長く問題なく使える事を祈ります!!!

 

 


12345...1020...