メーカー別

BRZ 右リアフェンダーの凹み

リアフェンダーの凹みです。

リペアする為には内装を外すのが基本になります。

国産車ならほとんど外し方は分かっていますので、手間は掛かりますがほとんど問題ありません。

↑内装を外した状態

内部はこんなふうに、がらんどうです。

後は押し出すのに必要な工夫(支点の取り方)をして押し出していきます。

テープの真下が凹み部分ですが、ほぼ完璧?にリペア出来たと思います。

押し出すだけなので一見簡単に思えますが、

☆どう直すか(押し出すのか、プーリングで引き出すのか)

☆凹みの状態の確認(ただの丸い凹みか、少しでも横長なのか縦長なのか)

あとは深さの見極めや視点の位置取り、体勢の取り方、手順、経験値。

作業する職人次第で仕上がりが良くも悪くもなります。

100%、完璧に直して欲しい。

気持ちは分かりますが、当店ではお約束出来ません。(手を抜くわけではありません。毎回完璧目指してリペアしています。)

人それぞれの見方で変わるものですから。

目立たなくと言って頂けるのであれば、ある程度までの凹みなら、そこそこ何とかします😅😅😅

どうやっても無理なものは鈑金塗装をお願い致します。

ご相談はいつでもお受けしていますので、一度お電話下さい。

お待ちしております。

 

 


フィット リアゲートの大きな凹み

 

リアゲート下側がイビツに大きく凹んでいます。

通常なら要鈑金で、デントリペアでの修理はお断りしています。

費用面と修理期間、その他諸々の問題で「出来る限りで良いので目立たなくなれば」と言う事で、当店での修理をご希望されました。

ただし、ダメージが大きくデントリペアの範疇は越えていますので、景色の映り込んだ時のヒズミや、出せない凹みの部分が残る事は十分ご理解して頂いて作業しました。

ライトを映して見るとユガミのある所が良く分かると思います。

実際に目で見るのと違い、写真や動画では修復出来ない部分がうまく映らないので、ある程度綺麗に直っているようには見えます。

実物ではもう少し荒い所があるのですが…。

今回は以前から当店で度々施工させて頂いているお客様で、私への信頼もあり、こちらが根負けしての作業です。

そして、凹みの場所や凹み方も全く手が出せない物でもなかった為、施工させて頂きました。

通常なら鈑金塗装での修理でお願いしています。

 


ムーヴ 右リアドアの凹み

丸い凹みに見えますが、少し横長の凹みです。

修理手順を間違えると修理跡が残ってしまいます。

今回は内装を外さなくてもガラスの隙間からツールは入るのですが、水切りモールを痛める可能性があるのと、入れるツールの都合で内装を外しました。

この車のドアの内張りの脱着は、費用に影響はありません。

内装を外すとガラスの隙間に余裕が出来ます。

この状態だと使用するツールの種類が増え、作業も楽になります。

当然仕上がりも良くなります。

黄色のテープとテープの間が凹み場所です。

凹み部分の塗装面にキズかあるので、分かり易いと思います。

100%完璧ではありませんが、ほとんど分からなくなったと思います。

 

 


アウディ 左フロントフェンダーの凹み

前から後ろ方向に引き摺った凹みです。

凹み自体は浅いのですが、範囲が少し大き目です。

お客様には前後方向から見た時、修理部分に景色のユガミが残る可能性を説明し、ご了承して頂いてからリペアしました。

タイヤハウス内側のカバーを外せば、ツールは楽に入ります。

少しズレが残りましたが、思っていたよりも綺麗に仕上がったと思います。

 

 


スペーシア リアゲート(プレスライン)の凹み

プレスライン上に少し複雑な凹み。

動画だと分かり易いかな?と思います。

プレスラインを第一に押し上げて、その下の張れ上がった部分のストレスを抜いて行きます。

プレスラインを出来るだけキチンと出すことが重要です。 

静止画だと結構綺麗に直った様に見えますが、元々のキズがあるので凹んでいた場所はハッキリ分かります。

ライトを入れずに見ると、キズがある事を除けばほとんど凹んでいた事は分からないと思います。

詳細が分かり易い様にライトを映してみると、微妙な肌の粗さが分かります。

ただ、凹んでいた事を知らないとキズ以外はほぼ分からないようになったと思います。


BRZ右ドアは凹み多数!

多数の凹みがあります。

取り敢えず内装を外して、1つずつリペアして行きます。

幸い凹みの裏には素直にツールが入るので、これといった問題はありませんでした。

ほぼ凹んでいた事が分からない状態になったと思います。

凹みが多数ある場合は、それぞれの凹みが重なり合っている事もあるので、1つずつキチンとリペアするのは勿論ですが、全体のバランスを考えながら、直していく事も必要になります。

今回はだいたい思ったようにリペア出来たと思います。

 


N-BOXカスタム リアゲートの凹み2か所

間20センチ程離れて2か所凹みがあります。

左側はあまり問題ありませんが、右の凹みは少し横長に凹んでいて、クセがあります。

リアゲートの裏側です。

分かりにくいですが、赤丸辺りが凹みの場所です。

黄色のテープの下側が凹みのあったところです。

微妙にズレが出ていますが、それが分かり易い様にライトを映して撮っています。

普通に見るとほぼ分からないと思います。

お客様にはご満足して頂けました!!!

 


オデッセイ 左フロントドアの凹み

丸く見えますが、前後方向の引きずりの凹みです。

前後方向に擦り傷がありますが、塗装のダメージはデントリペアでは修理出来ません。

キズが残る事はお客様のご了承を頂いています。

黄色のテープとテープの間が凹みのあった場所です。

ほとんど分からないように直ったと思います。

キズも磨いて、ほぼ消えたと思います。

凹みがあった事を知らない人が見れば、気付かないと思います。

 


BRZ 左フロントフェンダーの凹み

プレスラインとその前、2か所あります。

↑修理前

プレスラインにまで凹みがあります。

凹み自体も結構深いです。

前側の凹みは問題ありません。

大きい方の凹みは、修理跡が残る事はご了承して頂いています。

塗装面を出来る限り傷めない事を第一にリペアしました。

少し筋状に修理跡が残りましたが、ここを深追いすると全体のバランスが崩れるので、一番見栄えの良い所で終了しました。

ここに凹みがあったと知らなければ、ほとんど気がつかないと思います。

 


ボルボXC90 左リアドアの凹み

左リアドアに出来た凹みです。

今回は内装を外さずにガラスの隙間からツールが素直に入ったので、比較的短時間でリペア出来ました!

ボルボの場合は内張りを外しただけではほとんどツールが入りません。内部パネルが邪魔をします。

別車種のボルボですが、

↑こんなパネルです。内装を外すと現れます。

これを外すには、ドア内部へのカプラー、ドアハンドル、キャッチ、ガラスを全てを外さないと取れません。

なかなか手間と時間が掛ります。

今回はこの作業が無かったので、早くリペア出来ました。

↑こんな感じでガラスの隙間からツールを入れます。

ただ凹みの状態や場所によっては水切りモールを傷める為、内装を外す場合も多々あります。(前述のパネルです)

黄色のテープとテープの間が凹みの場所です。

ほぼ全く分からない仕上がりになったと思います。

ボルボの場合作業面、脱着料共に内部パネルが結構ハードルになります。

 

 

 

 


12345...102030...