メーカー別

連続!フィアット500

先日と同じ車種ですが、今回は左ドアです。

左右の違いはありますが、基本的に同じです。

違うのは凹みです。

前回よりは単純な凹みですが、曲面部分なので、仕上がりに時に歪みが残りやすい場所です。

内張りを外すとこんな風になっています。

ドアに縦にうっすら白いキズがついています。

ドアチョップの跡ですね。作業し始めて気づいたのですが、良く見ると少し下部分も微妙に歪んでいます。

ここも修正しました。

↑ドア上部分

↑ドア下側

もう少しヒズミが残るかと思ったのですが、綺麗にリペア出来ました!!

白いキズはこの後磨いて取りました。

深いキズが少し残ったのですが、ほぼ分からなくなったので、お客様にも満足して頂けました。

 


ジムニー バックドアの凹み

複雑に大きく凹んでいます。

ドア下側にも別の凹みがありました。

幸いにもガラス屋さんのお車だったので

作業前にガラスを外してもらって、1日お預かりしました。

ある程度目立たなくなればと言うことでお引き受けしたのですが、これが中々思うようにリペア出来ません!!

ウチのひの君、見守りのなか頑張りました!

何とかお客様にお返し出来る状態にまでなりました!

微妙な歪みが少し残りますが、元のダメージを考えるとかなり良くなったと思います。

取りに来られた時に、ご自身でガラスを

嵌めてからお帰りになられました。

当店でガラスを外す必要がある作業の場合は別途費用をいただくか、ガラスを外さずの作業になったと思います。

流石にプロのガラス屋さんの脱着作業はスムーズでお見事でした。

自分でやると思うと冷や冷やしたと思います。(と言うか出来ません)

流石プロ!!

自分の車の時には一度挑戦したいと思います。


フィアット500 右ドアの凹み

凹みが二ヶ所、瓢箪型になっています。

この凹みの裏側ですが、黒いシートが貼られていてリペアするのに非常に邪魔になります。↓

リペアに邪魔になる部分を必要最低限ですが、剥がして作業しました。

テープとテープの真ん中辺りが凹んでいた部分です。

ほんの少し微妙なヒズミが残りますが、

お客様には大変喜んで頂けました。

凹み方によっては、いつもこういう具合になるとは限りませんが、今回は私自身もなっとく出来る仕上がりになったと思います。


ジムニー 右ドア プレスラインの凹み

プレスライン上が酷く凹んでいます。

作業の都合上、ドアガラスも外しました。

プレスライン上がへこむとほとんどの場合、凹みの上部が腫れ上がるため、その部分の修正に苦労します。

腫れ上がりが酷いほど仕上がりに影響します。

長年やっていますが、どの程度の仕上がりになるかは今でもリペアしてみないと分からない場合が多いので

お客様に説明する時に大変苦労します。

今回は、なんとか綺麗?といえるくらいにはリペア出来ました!

↑テープの下部分が凹みのあった所です。

↑ライトを写し込むのに邪魔なので、追加でドアミラーも外しています。

当初お客様には、もう少しヒズミが大きく残る事も想定して説明していたので、この仕上がりには大変満足して頂けました。

凹みの場所や、大きさ、深さ、車種によって色々あるので、いつもこうなるとは限りません。

これでも微妙なヒズミがよ~く見ると残りますが、今回に関しては私自身もスッキリしたお仕事でした。

 


セレナ右フロントドアとスライドドアの凹み

フロントドアは通常のヘコミですが、スライドドアの凹みは深く、パネルが伸びています。

どちらも内装を外しての作業になります。

↑前ドア内部

↑スライドドア内部

黄色いテープとテープの真ん中に凹みがありました。

ほぼ完璧な仕上がりです。

スライドドアの方は、少し張れ気味の仕上がりになりました。

普通に見る分にはほとんど分からないと思います。

お客様にはその事は事前にお伝えしていましたが、

想像以上だと絶賛して頂けました!!

 


エスクァイア ボンネットの凹み

映像では分からないと思いますが、ボンネット先のアール(湾曲)部分の上下で張れ上がりがあります。

お客様には微妙なヒズミが残る可能性があることを了承して頂いてリペアしました。

写真で見ると綺麗に直っています!!!

動画だと微妙に歪みが見えます。

余程良く見ないと分からない程度です。

お客様にはヒズミ等の部分を説明し、しっかり確認して頂きました。

それでも大変喜んで頂けたので、こちらとしても嬉しいかぎりです。

 


N-BOXカスタム ボンネットの横に長い凹み

                           

ホンダ車の場合はボンネットの先、前側はパネル裏側に補強のブレスが張り付いているので、リペア出来ないことが多々あるのですが、今回はボンネットでもリペア出来る場所でした!(ボンネット上面側は厳しいです)

実物で見ると少しですが、微妙なヒズミが残ります。

ほとんど分からない程度なので、お客様には絶賛して頂けました。

今回のようなパールホワイトやシルバーの車は、鈑金塗装で直すと色の差や、修理金額、預ける日数など色々な問題がでます。

デントリペアなら再塗装をしないので色が違う、コーティングが無くなるということは一切ありません!!!

鈑金塗装と違い、凹みの場所や凹み具合によっては直せないものもありますが、適材適所での使い分けが大事だと思います。

当店では長所よりも短所の方を説明する事が多いですが、「デントリペアでの修理の利点、欠点」を十分にご理解して頂いて作業するように心がけていす。

仕上がりのご希望はお客様それぞれありますので、それに合わせた修理方法をご提案するようにしています。

 

 


レヴォーグ 右リアフェンダーの凹み

リアフェンダーに凹みがあります。

通常なら内装を外すだけでリペア出来るのですが、今回は給油口が邪魔をして上手くツールが入りません。

凹みの位置もリアゲート側から直すには凹みの中心部が遠くて見にくく、リアドア側からではツールが入りませんでした。

仕方がないので、給油口回りを外してそこから直接アクセスしました。

ちなみに

↑車体内側です。

ツールは入るのですが、仕上がりを考えると今回の場合はお勧め出来ません。確実に修理跡が残ります。

 

遠目に見るとほとんど分かりませんが、拡大してピンポイントで見ると凹み中心部が分かります。

凹みがあった事を知らないと、まず見つけられないと思います。

そして、給油口回りを外そうとすると、かなりの確率で

 

↑この部品が割れます。

しかも取り付けの爪が折れます。

今回は中古車店での作業で、このまま取り付けた時の見た目や、機能的には全く問題は無いので、そのまま取り付けという指示でした。

お客様の要望によっては、必要になるので部品は取り寄せておこうと思います。

 

 


RAV4左リアドアのヘコミ

このくらいのヘコミならデントリペアでの修理が最適です。

デントリペアのメリットは鈑金塗装より安く直せるのが一番ですが、新車のオリジナル塗装のままを維持でき、塗装の肌や、パテやせなどの数年経ってからのトラブルも回避出来ます!!

ピンポイントの修理なら断然デントリペアの方が良いと思っています!(デメリットも当然ありますが適材適所です!!)

ただし今回はガラスの隙間からの作業は出来ませんでした。

凹み裏側に張り付けのブレスがありドア内部からの作業でないとリペア出来ませんでした。

この状態だとツールが楽に入るので、リペアが可能になります。

黄色いテープとテープの中間あたりが凹み部分です。

この状態だとまず凹んでいた事は分かりません。

ただ今回は塗装面に少しですがキズがあり、それだけは残ってしまいます。

錆びが出てくるキズではないのですが、塗装表面が少し削れています。

ボディ色のタッチアップで塗料をつけると変に目立ってしまうので、お客様にはそのままか、もし錆びが出るような気がするなら、クリアー塗料でのタッチアップを提案しました。透明なので目立ちません。

キズは残る事はリペア前に伝えていましたので、お客様には大変満足して頂けたようです!!

 

 


ポルシェ マカン 左リアドアの鋭いヘコミ

大きさはデントリペア向きですが、かなり深い凹みです。 

お客様には少し凹みが残る可能性があることを承諾して頂いて、リペアしました。

ここの部分ならガラスの隙間からツールが入るかも?と思って入れてみたのですが、

赤丸のドアビーム?が、凹み裏側にあって凹みを押せませんでした!(ToT)

仕方がないので、内装を外してドア内部から作業しました。

結果、鋭く突かれた様な凹みだったので、やはり少し残ってしまいました。

と言っても、ここが凹んでいた事を知らないと分からない程度の残りかたですが。

アップで見るとこんな感じです。

二粒程凹みが残っています。

離れて見ると分かりません。

この粒を消そうとすると、鈑金塗装でパテ埋めするしか方法があまりません。

本当はこれも消したかったのですが、これ以上押してもパネルが張れ上がるだけで、余計に見た目が悪くなります。

お客様にもこの状態をしっかり確認して頂きましたが満足して頂けました。


12345...1020...