職人のひとりごと

N-VAN ルーフの凹み!リアゲート久々に脱着!!

駐車場の屋根にルーフアンテナが引っ掛かってしまったみたいです。

引っ掛かった時にアンテナが前方向に押し付けられて凹み、その後アンテナが引っ張られたみたいで取り付け穴が完全に伸びきっています。

ルーフパネルが引きちぎられる直前の様な状態でした。

取り敢えず穴の部分の修正をして、アンテナが浮かない様に整えます。塗装が割れていたので触る事で塗装が貼がれて行くため、アンテナで隠れる範囲以上にめくれない様に作業します。作業後錆止め処理もしています。

凹みの裏側です。赤丸部分の天井の梁に当たる部分ですが、正規よりも下方向に折れて下がっています。(黄線部分)

少しアンテナ部分で膨れている様に見える仕上がりになりましたが、全体に整えて違和感なく仕上げるにはこれが限界でした。

 

アンテナとルーフの間も違和感なく隙間を埋める事が出来ました。

少しでも隙間があると雨や、洗車時に水が入って来るのでガッチリ防水処理をしています。

小さな凹みが所々に残りましたがパネルが伸び過ぎているのが原因なのでこれ以上はリペア出来ません。

歪みを見て頂く動画を撮るのを忘れました。

ごめんなさい!!!

今回は修正部分が大きく、パネルの波状の部分まで凹んでいる為、仕上りを考えるとリアゲートを外しての作業が最適でした。その事を説明して4日程お預かりしてのリペアでした。(ここまでする事は滅多にないのですが、お客様と相談した結果での作業工程でした。脱着料金が別途かかりますが結果的には良い仕上がりになりました。)

リアゲートを外しての作業は1年ぶり?

↑リアゲートが付いてないと変な感じ!

パネルが重くて、傷を付けない様に外すのに大変でした。

ある意味こちらの方が苦労したかも!?

 

 

 

 


ヴォクシィ左フロントドアの凹み

今回は、何かでピンポイントに突いてしまったのか、深く鋭く凹んでいます。

この様な凹み場合は、飛び石傷の様に少し凹みが残ってしまいます。

何故残ってしまうのかを、お客様に出来る限り分かって頂ける様に説明して、了解を得て修理しました。

ガラスの隙間からもツールは入るのですが、細かく触れる様に内装も外して、ガラスの隙間からとドア内部からの両方からで慎重にリペアしていきます。

出来る限り凹みの中心部が無くなる様に何度も調整したのですが、ここが限界です。

最初の状態と比べると見違える位になりましたが、やはり少し凹みが残ります。

ここに凹みがあったと知らなければ、見逃してしまう位にはなりました。

この中心部もなんとかしたいと思われるならどうしても鈑金塗装になるのですが、ほとんど分からなくなったという事でお客様には大変満足して頂けました。

凹みの場所や凹み方で完璧に直るもの、鈑金塗装でしか直せないもの、様々あります。

無理にデントリペアで直すのではなく、鈑金塗装も含めて、出来る限りお客様の希望にそった修理方法を考えるようにしていますので、迷ったらお気軽にご相談下さい!!

 

 

 

 

 

 

 


レガシィ 右フロントフェンダーの大き目の凹み

フェンダーアーチの端から凹んでいます。赤丸部分は正常な状態よりも、内側に少し曲っています。

しかも凹みの上部も、凹んだ影響で張れ上がっていました。

完璧にリペアする事は出来ませんが「目立たなくなれば」との事でしたので作業開始です!リペアに必要なツールは、フェンダー内側のカバーを外せばいくらでも入るので、あとは腕の見せどころです。(凹みの程度により直らないことも多いのですが、この手のご依頼は結構好きです。)

こんな感じ。

凹んだ状態の時と比べると見違える様な状態になったので、お客様には大変喜んで頂けました。

動画中のパネルに見える白い線は錆が来る程ではないのですが磨いても取れない傷でした。(作業前に一度コンパウンドでみがいてみたのですが。)

当初思っていたよりも直ったので私自身も満足出来るお仕事でした。

 

 

 

 

 


アルファード 右スライドドアの凹み

アルファードのスライドドアの凹みです。

大きな凹みの後ろに小さな凹みもあります。

上から何か倒れて来て凹んだ様な感じで、深くえぐっています。

内張りを外しただけではツールが入らないので、写真のパネルも外しました。⇩

中はこんな感じ。⇩

黄色い丸で囲んだ部分が凹みの裏です。ここをバラさずにツールを入れても届きません。

ここまで外すとツールが入れ放題なので、ジックリ修理していきます。

赤丸の中によく見ると筋状に凹みの跡が残りますが、ここに凹みがあった事を知らなければ、なかなか見つけられないと思います。

お客様からもとても喜んで頂けました。

凹んでいる場所や凹み方でリペア出来る、出来ないがありますが、鈑金塗装の前に一度ご相談下さい!!


アルファード右フロントドアの凹み キズあり

目立つ凹みでキズもあります。

残念ながら、キズはデントリペアでは修復出来ないのですが、お客様からはキズはいいので凹みだけ直して欲しいというご要望でしたので、作業に入りました。

内装を外すとツールは楽々入るので、問題なくリペア出来ます。

少し凹みが深いのでヒズミが残るかもと思ったのですが、そこまで気になる様な修理跡も残る事なくリペア出来ました。

作業前の説明どおり、キズは残っていますが凹みが無くなったのでかなり印象が変わりました。

作業終了です。

この様な修理の完了という形も、デントリペアではよくあります。そして、鈑金塗装とは違うこの様な修理の形も最近では求められているのだと感じます。

 

この後スライドドアも直したのですが、写真の容量の加減で次回載せたいと思います。


レガシィ 右フロントドアの凹み

大きさは普通ですが、結構深い凹みです。

凹みの裏側にドアビームがあり、ガラスの隙間からツールを入れて作業するのは無理だったので、内装を外しての作業になりました。

内装を外すとかなり自由にツールが入るので、後は腕の見せどころです。

綺麗に直せるかどうかのギリギリの深さでしたが、思ったよりも苦労ぜずにリペア出来ました。

黄色いテープの真ん中位が凹んでいた部分です。

動画で見てもほぼ分からない位に直っています。

最近、戻せる限界を超えている凹みが多かったので、きれいに直ってホッと出来たお仕事でした。


R34スカイラインの左リアフェンダーの凹み

横向きの凹みですが、大きさは標準です。

以前にも来て頂いたお客様で、前回と同じ様な場所が凹んでいました。

前回は室内からの作業でしたが、今回はツールアクセスの問題でトランク側からリペアです。

裏側から何とか凹みを押す事は出来るのですが、ツールの支点が固定しづらく滑るので、慎重にリペアしていきます。

微妙なツールコントロールが必要でしたが、リペア完了です。

黄色いテープの下が凹んでいた場所です。

お客様には、今回もとても満足して頂ける出来になりました。

GTRの様なツードア車の場合は車内、トランク側どちらからでもツールが入る場合が多いので、比較的作業し安いので通常なら難しい場所でも結構直ります。

 

気になる凹みがあれば、お気軽にご連絡下さい。

 

 

 


ティーダ 左フロントドアのプレスラインの凹み

2006年式のティーダ、左フロントドアの凹みです。

10年以上前の車ですが大事にされているようでボディーの状態はとても良く、綺麗にお手入れされていました。

プレスラインの凹みですが、お電話で聞いて想像していたよりも凹みが深く、少し塗装表面に傷がついていました。

前後から透かして見ると、少しヒズミが残る事、傷はそのままになる事をお伝えしてのリペアです。

この凹みをリペアするのに使うツールが入らないので、内装を外しドアガラスも外しました。

この凹みをリペアするには、取りあえずプレスラインを出す必要があるのですが、これがなかなか思った様にならず、時間がかかりました。

 

写真の黄色の丸で囲った中央、ここが凹んでいた部分。黒い筋は塗装表面に着いた傷です。

傷はデントリペアでは直せないのですが、凹み自体はリペア出来ました。

動画で見ると傷部分が白く見えますが、ライトで明るく照らしている為で、実際にはかなり目立たなくなりました。(白い傷が残っている訳ではありません)

当初考えていたよりもヒズミも少なく仕上り、お客様には満足して頂ける出来になりました。

どうしても傷も残したくないと思われるなら、多少高額になりますが鈑金塗装が必要になります。

完璧は無理ですが、目立たなくなればと言って頂けるなら出来る限り何とかします(どうしようも無いものは断りますが( ̄∀ ̄;) )

ダメ元で鈑金塗装の前に一度デントリペアでの修理を考えて見ませんか?

 

 


プレマシー 右スライドドアの凹み

 

 

自転車が倒れたようで、かなり深く凹んでいます。

大きい凹みの後ろにあと2箇所、凹みがありました。

以前に来られたお客様のご紹介でご来店です。

縦長に深い凹みでしたので、1番深い所が最終的に縦筋の型が残る事をご了承頂いてのリペアです。

ドアの内装を外した所、ドアガラスのレギュレーターが一体になったパネル(メーカーによってはモジュールパネルと呼ばれていました)になっていて、そこも外す必要がありました。

当初作業時間を2時間半位とお客様には伝えていたのですが、このパネルがあると脱着に時間がかかる為、急遽時間を延長してもらいたいとお伝えし、リペア開始です。

写真の黒いパネルを外さないと、黄色の丸で囲んだ部分に凹みがあったので、リペアに最適なツールが入らず、修理出来なかった可能性があります。ここを外すとかなりツールは自由に入るので、後は頑張りしだいです。

結果はご覧のとおり。(フェイスブックで見れない場合、当店ホームページから見て頂くと動画で見られると思います。)

縦筋が残ったのは残念ですが、これ以上はパテで筋を

埋めて塗装するしか方法が無いので、それを考えるととても満足して頂けたようです。

今回、鈑金塗装で直すと塗装が変色する事をお客様は気にされていました。デントリペアは以前からご存知だったそうです。お客様のご友人が、たまたま以前当店で施工させて頂いたお客様だった様で、そのご友人のお薦めで当店でご依頼いただきました。

何度も来て頂けるお客様は当然ですが、ご紹介で来ていただけるお客様や、ご紹介して下さるお客様があるという事は、大変嬉しい限りです!!

ご期待を裏切らない様に出来る限り一生懸命頑張ります。


12345...1020...