職人のひとりごと

ホンダ ヴェゼル 右フロントドアの凹み2箇所

 

ドアハンドルの上部に2箇所凹みのです。

リペアの都合で内装を外して、ガラスも抜きました。

凹みが深くキズもあったのですが、キズはそのままで良いとの事で凹みだけの修理です。

キズは塗装するしか方法がないのですが、事前にお客様には説明しご了承して頂いています。

凹み自体が無くなればと言う事でリペアしました。

今回はキズといっても、表面のクリア層だけのキズで目立つものではなく、錆の心配もありません。

お客様には満足して頂けました。


インプレッサ 左フロントドアの凹み 2か所

 

プレスラインとその下、2か所に凹みがあります。

プレスラインはあまり問題がありませんが、下側は少し凹みが深く、パネルが綺麗になるか?ギリギリの深さです。

プレスラインの部分には裏には何もありませんが、その下の凹みの裏にはドアビームがありました。

内装を外してリペアしました。

元の凹み部分が分かりにくいので、黄色いテープとテープの間(テープ部分真下〜下のテープの上まで)が凹みのあったところです。

ほぼ分からない出来になったと思います。


ソリオバンディット DIYデントリペアの修正

凹みの周辺はだいたい捉えて押し出せてますが、どこをどうすれば良いのか迷走していた感じです。

ブツブツと鋭く出し過ぎた部分が多々あるので修正しきれない所が残りますが、全体的に見栄えを良くできればと言う事で作業しました。

少し荒い所が残りますが、整ったと思います。

ライトを入れずに見るとほぼ気にならないくらいには直りました。

今回はたまたま良く修正出来たと思います。

出来れば酷くなる前に、一度ご相談して下さい。


CX8 左フロントドア プレスラインの凹み

プレスラインがかなり深く凹んでいます。

ある程度は出せますが、修理跡が必ず残り、塗装面が荒れるような仕上がりになります。

元の様に綺麗に直すなら、鈑金塗装をオススメします。

お客様には見積り時に説明して作業しました。

凹み部分がプレスライン上で、かなり硬い凹みになっていますので、押し出す力も最大限必要です。

ガラスを外しての作業になりました。

こうする事で凹みに一番近い所から、大きめのツールを最短距離で使えるので、作業性が格段に上がります。

修理跡です。

ライトを映して見ると、塗装面の荒れが良く分かります。

ライトを入れずに普通に見ると↓

 

見る角度と光の入り方で凹み箇所が見えますが、かなり目立たなくなったと思います。

出来る物には限界がありますが、目立たなくなればと思ってた方は一度お問い合わせ下さい。

 

 

 


スクラム 右フロントフェンダー他 パーツ交換で!

マツダのスクラムですが、OEMのスズキエブリィです。

フロントバンパー、右フロントフェンダー、ヘッドライトが大破しています。

通常なら鈑金塗装に出すのですが、車が古く(この他にも多々凹みやキズが有り)、次回車検は(車検は受けたばかり)受けずに乗り換えのご予定。

子供さんの練習用車両という事でした。

「外装だけ形が戻れば良い」との事です。

それなら中古パーツ交換(バンパーは外品新品)だけでいけそうなので、鈑金には出さずに、当店でパーツ交換しました。

壊れているパーツを外すと、所々で取り付けステーや、レーンホース、一部フレームが曲がっていたので修正しパーツが収まるように調整しました。

パーツを取り付けながら少しずつ合わせて行きます。どうしてもパーツとパーツの隙間が均一にならない所もありますが、そこを合わせようとすると鈑金屋さんで修正してもらわないと合いません。

そこそこ綺麗に直ったと思います。

最後にヘッドライトの光軸調整などをして完成です。

 

 

 


スバルXV 左リアドアの凹み

左のリアドアで普段は余り見ることの無い部分ですが、ドアの上部なので凄く目立つ部分が凹んでいます。

この部分は凹みの裏側に、ガラスの隙間からではツールが入らない事も多々ある部分です。

この車種もガラスの隙間からではツールが入らないので、ドアガラスを外してリペアしました。

 

矢印の部分の穴からツールを入れるために、ガラスを外します。

プーリングでもある程度は直せますが、凹みが少し深く、プッシュ(押し出し)よりも仕上がりの精度が落ちる為、当店では可能な限りプッシュでの修理をお勧めしています。(バラし方が分からない、バラせないお店では、高確率でプーリングでの修理をすると思います)

今回はリペア後ヒズミもほとんど無く、ほぼ完璧にリペア出来たと思います。

基本的に当店では時間が掛かっても、出来る限り綺麗に直す事を心がけています。

 

 


アクア 左フロントドアの凹み

ドアチョップの跡です。

お客様はドアの上部の凹みしか気づいておられませんでした。

よくあるパターンなので、念の為に下側も確認すると、やはりドア下部まで凹んでいました。

全体的にリペアしました。

上側の凹みは、写真の穴からもツールを入れるので、ガラスも外しました。

黄色いテープの間が凹みの場所

よ~く見ると、微妙な歪みが残りますが、ほとんど気にならないようにリペア出来たと思います。


ミニ クーパーS 左ドアの凹み

ドアのエッジ部分に横長の凹みです。

ドアを開けた時にぶつけたみたいです。

ガッチリ凹んでいるので完全に消す事は出来ませんが、目立たなくなればという事でお引き受けしました。

今回のミニですが、内装を外したあとのドアの構造で、かなり作業内容が異なります。

↑このタイプだと、かなり面倒です。(ミニですが、今回とは違うタイプの車の写真です)

幸い違う構造でした。

内装を外して一安心したところで、ホールシールをめくってリペアしました。

ドアビーム?の付け根辺りで凹んでいたので、ガラスの隙間からではリペア出来ませんでした。

内装を外して正解です。

パネルの一番端、エッヂ部分は凹みが残りますが、全体的には凹みが出ました。

画面中央辺りが凹み部分。

ライトを入れずに見ると、かなり目立たなくなりました。

お客様にもシッカリ確認していただいて、ご満足して貰えました!

 


BRZ 右リアフェンダーの凹み

リアフェンダーの凹みです。

リペアする為には内装を外すのが基本になります。

国産車ならほとんど外し方は分かっていますので、手間は掛かりますがほとんど問題ありません。

↑内装を外した状態

内部はこんなふうに、がらんどうです。

後は押し出すのに必要な工夫(支点の取り方)をして押し出していきます。

テープの真下が凹み部分ですが、ほぼ完璧?にリペア出来たと思います。

押し出すだけなので一見簡単に思えますが、

☆どう直すか(押し出すのか、プーリングで引き出すのか)

☆凹みの状態の確認(ただの丸い凹みか、少しでも横長なのか縦長なのか)

あとは深さの見極めや視点の位置取り、体勢の取り方、手順、経験値。

作業する職人次第で仕上がりが良くも悪くもなります。

100%、完璧に直して欲しい。

気持ちは分かりますが、当店ではお約束出来ません。(手を抜くわけではありません。毎回完璧目指してリペアしています。)

人それぞれの見方で変わるものですから。

目立たなくと言って頂けるのであれば、ある程度までの凹みなら、そこそこ何とかします😅😅😅

どうやっても無理なものは鈑金塗装をお願い致します。

ご相談はいつでもお受けしていますので、一度お電話下さい。

お待ちしております。

 

 


12345...102030...