小さな凹み

BMW X1右リアドアの凹み

デントリペアの一番得意とする凹みです。

↑少し拡大!

ただし、ツールアクセスや仕上がり具合など色々考えた結果、今回は内装を外して作業しました。

ドア内部はこんな感じです。

幸いパネル裏側には、リペアに邪魔なブレス(骨)やシート(共振止め)なども干渉していないので、ツールアクセスもバッチリでした。

↑遠目で見ても

↑拡大して見ても、凹みがあったと言われても分からないレベルまで、リペア出来たと思います。

お客様にも完璧のお言葉を頂けました!!

 


ジムニー 左リアフェンダーの凹み

凹みの大きさ、深さ(修理跡が残るかどうかギリギリ位ですが)共に、デントリペアで対応可能な凹みです。

今回はお客様が、デント作業を見てみたいとの事で、見学して頂きました!

新型ジムニーは今回初めて触るので、少し内装のバラしに戸惑いましたが、基本的には前回モデルと多少違う程度だったので、あまり悩むこと無く外せました。

外して見ると、前モデルよりも凹みの裏の構造は明け透けで、ツールも自由に入るので、お客様とお喋りをしている間に終了しました。

少し傷があるので、その傷は残ってしまいますが、凹み自体はほぼ分からなくなりました。(動画で少し白く見える所がキズです)

作業開始時はお客様の前で少し緊張しまたが、作業が進むに連れ緊張も解れ、いつも通りにリペア出来ました。

お客様にもご満足してお帰り頂けたので、私も嬉しくなるお仕事でした!!

 


オデッセイ 左リアドアの凹み

通常の丸い凹みに見えますが、よく見ると前後方向に少しですが、引きずった様な凹みです。

多分、隣に止まった車のドアが当たったものかな?と思われます。

チョッピリ楕円形です。引きずった凹みの特徴です。

当初、ドアガラスも外した方が良いか?とも思ったのですが、今回はそこまでしなくてもツールが何とか思う様に入ったので、内張りを外すだけでリペア出来ました。

こんな感じです。

遠目では全く分かりません。

 

アップで見るとほんのすこしですが、ポチッと跡が残っています。

お客様からは、

「本当によ~く見ないと分からない」

「ここに凹みがあったと知らないとまず気付かない」とお褒めの言葉を頂けました!!

 


フリード リアゲートの凹み2ヶ所

大きさはデントリペアで十分対応可能です!

しかし、どちらも鋭く凹んでいます。

少し修理跡のこるかも?

内装を外して、ツールを入れるため、リアゲートのキャッチも外しました。

パネルが凹み部分で伸びすぎているため、少し張れ気味に仕上げています。ここを張れが出ない様にしようとすると、全体的に大きく凹んで見えるので、この仕上げで納める事にしました。

こちらはプレスライン上だったのですが、凹み方が良かったのか、当初の想像ではうっすらと凹みが残る位かと思いましたが、その心配はなくかなり良い仕上がりになりました!!

どちらの凹みも(一枚目の写真のへこみは、少し跡が残りましたが)お客様には大変喜んで頂けるお仕事になりました。

 

 


CX-8左リアドアの凹み

秋頃のリペアです。

私の携帯の方が少し壊れてしまい、なかなか動画のデータがうまくいかず、暫く載せられずにいたお仕事です。

お客様によって、この凹みを大きいと思うのか、小さいと思うのか様々ですが、私としては大きいと思います。

この凹み、普通の丸い凹みに見えるのですが、かなり深くエグっていて、凹み部分の鉄板が極端に伸びています。

お客様には、少しヒズミ等が残ってしまうことを承知していただいてリペアしました。

凹みの状態と位置から、ガラスをはずして作業するのが最適でした。

この状態だと何処からでもツールが入ります!!

写真で見ると綺麗に直った様に見えますが….

動画だと少し張れぎみになっているのが確認出来ると思います。

修理部分の鉄板が伸びすぎているためで、デントリペアではこれ以上詰める事は出来ません。

一点が極端に凹んでいる場合は、こういう仕上がりになることは多々ありますが、その中でも一番見栄えの良い、目立たない仕上がりに成るように調整しています。

お客様には、この状態をシッカリご説明して、実際に見える様にセッティングもし、ご納得して頂いてお返ししました。

お客様にはとてもお喜び頂けたようで、その後、デントリペア以外のご相談もして頂ける様になりました。

ご依頼して頂く凹みには綺麗に直るもの、今回の様に少し我慢していただかなければならないもの、色々あります。

出来ることには限りがありますが、お客様の修理に対するお考えは十人十色、色々あるので出来る限りそのお客様のご希望に合う修理方法を探したいと思います。

年末になり忙しくなって来ていますが、まだまだ頑張りますので、気になる凹みがあればお気軽にご連絡下さい。


ヴェルファイア スライドドアの凹み

デントリペア向きの凹みです。

傷を見ると少しですが、横長に引きずったようです。

微妙な凹みですが、このくらいなら大丈夫です。

内装を外して、少しインナーハンドルも動かして作業です。

 

 


CX-5右フロントフェンダーの凹み

少し深めですが、基本の凹みです。

黄色のテープの下が凹みのあったところです。

今回は、フェンダー内側のカバーを外すだけでツールが入り、傷もない単純な凹みでした。

凹んでいた事を知っていても、まずわからない仕上がりになりました。


スペーシア 右フロントドアのプレスラインの凹み

プレスライン上のよくある凹みです。

今回は凹みの裏側に、リペアを邪魔する物は何も無かったので、ガラスの隙間からのみで作業出来ました。

↑この状態でリペア!

プレスライン上の一番ダメージが入っている部分が、ほんの少しだけ残ってしまいました。

言われなければほとんど気が付かない程度なので、満足して頂けました。(これ以上触ると塗装面に影響がでます)

仕上がりを考えると、内装を外して内側からの作業も加える事が多いのですが、今回は凹みの位置が絶妙に良かったので20分程で作業出来ました!

 

 


インプレッサ 右フロントドアぎわ、プレスラインの深い凹み

 

ドアのきわに凹みが出来ています。

赤丸部分はドアエッジの所で折れてしまっているので、ここはそのまま残ってしまいます。

お客様にはその事を伝えて、ご納得いただけたのでリペアすることになりました。

アウターハンドルのすぐ近くなので、ハンドル裏側、黒いベース部分がリペアに邪魔になる様なら、取り外す必要もあったのですが、今回はドアを開ける為のロッドを抜くだけでリペア出来ました。

デントリペアはテコの原理で直すので、このロッド部分に押し出すためのチカラが掛かってしまうと、ロッドが曲がってしまったり、アウターハンドル部分の部品を破損してしまうので、用心の為に外しました。

凹み中心部に傷があるので、そこは塗装しないと直らりません。お客様も、その部分は仕方が無いのでと仰って下さいました。

全体的には概ね良い出来に仕上がったと思います!

お客様にも喜んでいただけて何よりでした。

折れている部分の写真を撮るのを忘れてしまいました。ごめんなさい。

2018年9月に水色のフィアッ卜の投稿を参考にして頂ければと思います。(修理跡の残った凹みから見て頂くと出てきます)

今回のリペアはそのフィアットと比べると、断然目立たない様にリペアできたと思います。

 

 

 


N-BOX左スライドドアの凹み

少し横長の凹みです。

当初は内装を外しての作業かと思われたのですが、硝子の隙間からツールを入れて作業出来る場所だったので、短時間でリペアする事ができました。

この車種は現行N-BOX(2019年現在)は、内装を外してもモジュールパネルという部品が入っているので、ツールを入れる為のサービスホールがほぼありません。

その為パネルの脱着が必要になり、その料金もかかるのですが、今回はそのまま作業出来たので余分な料金が掛からずリペア出来ました。

塗装面の薄い傷は残りますが、凹みはほぼ完璧?に直りました。

今回は鈑金屋さんからのご依頼だったのですが、文句無しの仕上がりでご満足頂けました!

最近の軽は構造が多種多様になって来て、内装を外したらスグにリペア!とは行かないものもあります。

初めて触る車種の場合は戸惑う事もありますが、国産車ならメーカーごとのクセ?も把握できていますのでそれなりにこなして行けてます。

この車種のスライドドア内部は2018年の11月の当店のブログを参考にして下さい。

 

 

 


12345...