職人のひとりごと

キックス 左フロントドア プレスライン上の凹み

プレスライン上にそこそこ深い凹みが出来ています。

場合によっては塗装割れ、もしくは出ない事もあり得るため、ご了承して頂いてリペアしました!

まずは内装を外して作業します。

プレスライン上は他の部分よりも硬く、場合によっては塗装が割れてしまう事もあります。

注意しながら少しずつ凹みを直していきます。

ちなみに、かなり大きい力をかける必要があったので、ガラスも抜いています。

ほんのチョッピリですが、ポチッと残ります。

知らないと見つけられないとは思います。

完璧に直して!!

と言われるとなかなか難しいものがありますが、

目立たなくなればと言って頂けるなら、だいたい何とかします。

 


プリウスα 左フロントドアの深い凹み

写真では分かりにくいですが、かなり深い凹みで、凹み部分の鉄板が局所的に伸び切っています。

今のままだと凄く気になるので、ある程度目立たなくなれば良いのでと言う事でリペアしました!

↑凹みの裏側、外板を止める為にシールがありますが、ちょうどこの部分に凹みがありました。

部分的に極端に凹んで、パネルが伸び切っていた部分にやはり修理跡が残ってしまいましたが、作業前にお客様には説明して了承して頂いています。

修理跡が分かりやすい様にライトを入れているので、細かい所まで見て頂けると思います。

最近のパネルは薄い(実際に測った訳では無いので、あくまで経験上の触った感想です)ので、少しの打撃でも極端に深く凹みます。

目立たなくなればと言って頂けるなら、だいたい何とかします。

逆に完璧にと言われると·····

パネル交換をオススメさせて頂きます。


フィアット500 左ルーフピラー修理

この場所は基本ツールが入らないので、プーリングでの修理になります。

内装等の脱着が無い分楽に思えますが…

パネルを裏から押す場合は、直接鉄板を押しているので問題ありませんが、プーリングの場合は鉄板に塗られている塗装を引っ張る事になるので、塗装剥がれの可能性が必ずついてきます。

剥がれた場合には弁償出来ない為、言い方は悪くなりますが、塗装が剥がれた場合の保障出来ない事をご理解して頂けた場合にプーリング作業をさせて頂いています。

微妙に細かい所で合わないところが残りますが、

ほぼ気にならない様になりました!!

プッシュ(押し出し)とプーリング(引き出し)の差がここで出ます。

何が違うか?

点の修理と面の修理の差です。

出来る限り綺麗に直すには、点の修理がベストです。

当店でプーリングの修理をする場合は、絶対にプッシュ(押し出し)が出来ない場合に行います。

お客様のご希望は「安く」「綺麗」にだと思いますので、出来る限りバラして、プッシュでの修理を心がけています。


無いものは作ります!!

自動車メーカーからの指定工具です。

作業の手引書には品番も指定されています。

ドアのアウターハンドルを外すのに必須の工具で、これが無いと外せません!(たぶん!?)

市販で探せば使える物があるのかも知れませんが、早々に必要だったので急遽自作しました!!

自作、一回目。

真っ直ぐに作ったのですが、溶接の熱で反ってしまいました。

叩いて修正しようとしたら、

粉々に割れてしまいました!😂

仕方なくあり合わせの材料で2本目を!

今回は反ることも無く、何とか思うような出来に。

ドアに傷を付けないように、シャフト部分にカバーをして取りあえず完全です。

後は実車で微調整をしました。

↑部品を取り出した状態で確認。こんな風に使います。↓

なかなかの出来になりました!!

結構しっかり目に作ったので、これからも使えそうです。

メーカーに言えば販売して貰えるかも知れませんが、急ぎで必要な事もあり今回は自作しました!

凹みの修理よりも手間が掛かりましたが、良い物が作れたと、思います!!!

今回は友人の自動車屋さんで、溶接をお願いしました。

感謝!感謝!です!!!!!

 

 

 

 


マークX 雹害車 ボンネットと左リアフェンダーの凹み

雹害車修理です。

ブログの容量の加減でほんの一部です。

あちこちボコボコです。

この他に当然天井、トランク、ドア、嫌なのが左右のルーフサイドのピラー(押し出し作業が一切出来ず、プーリングのみでのリペアしか出来ないです)

数日お預かりして、リペア。

微妙な部分もありますが、何とか終了。

動画の撮影の角度が一致しませんが、その辺りはご容赦下さい!!!


フィアットpanda 右リアフェンダーの凹み 2箇所

青丸部分の2箇所です。

日本車のリアフェンダーの修理の場合、

内装を外して室内側からツールを入れないと作業できませんが、一部輸入車はタイヤハウスのカバーを外せば、そこからツールを入れてリペア出来ます!

今回もそのパターンでした。

↑こんな感じ

ツールアクセスは抜群に良いので、しっかりリペア出来ました。

↑修理前

↑修理後

凹みのあった部分に薄い線キズがあるので、

凹んでいた場所が分かりやすいと思います。

ほとんど完璧位には直ったと思います!!

内装を外す必要がなかったので、比較的短時間でリペア出来ました。

 


アウトランダー 右リアドアの凹み

標準的な凹みです。

ガラスの隙間からツールが入るかな?と思いましたが、いざ入れてみるとドアパネルの裏側にあるブレスの中の凹みだったので、内装を外して内側からでしかツールが入りませんでした。

赤丸部分が凹みの場所です。

内側からなら自由に押し出せるので、比較的短時間で仕上がりました!

凹んでいた部分に少しキズがあるので、修理した部分が分かると思います。

 

 


フィアット500 右フロントフェンダーの凹み

通常なら何てことの無い凹みです。

国産車ならツールも入り安く、問題なくリペア出来ます!

フェンダー内のカバーを外して、いざツールを入れてみると何故か入らない。

凹みの裏側を確認してみると、凹みの裏側に鉄板があり、薄く細いツールしか入らない事が分かりました。イレギュラーです。

一番細いツールが何とか入る場所でしたので、リペアは可能でした。(少し焦りましたが😅)

ほとんど完璧?に直ったと思います。

輸入車の場合は時々「えっ?」と思う構造になっているので焦ります!

ゴールデンウィークも休まず営業します!!

 

 


エクストレイル ボンネットの凹み ちょっと深いです。

大きさはバッチリ、デントリペア向きのお仕事です。

少し深いので、お客様には飛び石の様な跡が、残る可能性をご了承して頂いてリペアしました。

ライトを当てても中心部まで光が入らず、影になっています。

こういう風に見えるとこれは深い凹みだな〜と、私自身の経験ではその様に判断しています。

↑リペア後

少しですが、良く見るとポツッと跡が残ってしまいました。

これ以上押し出しても、パネル自体が張れ上がって、それはそれで見栄えが悪くなるので、一番見栄えが良い様に調整しました。

ほんの少し跡が残りますが、知らないとまず見つけられないと思います。

お客様にも満足して頂けました!!

 


...23456...102030...