あなたの愛車の凹み、直します!

スバルG4 右フロントドア、プレスラインの凹み

プレスラインがガッツリ凹んでいます。

お客様にはラインの頂点部分が少し残る可能性があることをお伝えしてリペアしました。

プレスライン部分は固いのですが、少しならガラスの隙間からでも凹みは出せます。

今回はそれ以上に凹んでいたので、内装を外して作業しました。(凹みを出すのに一点集中で、かなりの力を掛けて押し出す必要がある為です。場合によっては塗装が割れる事も覚悟して押す必要があります)

内張りを外すとこんな感じです。

ほんの少しですが、残ってしまいました。

ちょっとだけですが、分かるでしょうか?

ライトを映し込んでお見せしているので、凹みの残りが見えますが、ライトを外すと殆ど気付かないレベル位にはなりました。

お客様にはどちらの状態も見て頂いて、シッカリ確認して頂きましたが絶賛して頂けました。

 

 


エブリイ リアゲートのへこみ

大きく、深い凹みです。

エブリィのリアゲート場合この部分より外側に行くほど、ツールが入らなくなって行きます。

凹み自体も深く、抉るように凹んでいるため、お客様には綺麗に元通りにするには、鈑金塗装の方が良いですと、何度もご説明したのですが、お仕事で毎日使うので何日も車を預ける事が難しいのと、お仕事で使う道具等が自作で組み込んだ棚や物入れも積んでいるため、代車を借りたとしても積み替えがきかないとの事で、作業時間の短いデントリペアでの修理をさせて頂く事になりました。

赤丸部分は絶対に戻せません。この部分はシッカリと残ってしまう事はご了承して頂きました。

どちらかと言えば大きい凹みを小さく絞り込むような感じになってしまう事はご了承して頂きました。

↑出せなかった凹みの残りです。

全体的な凹みは無くなりましたが、赤丸で囲んだ部分はやはりどうしても出せなかったので、ここで終了しました。(何度も修正を繰り返しましたがここまでが限界です)

お客様には「ここまで小さくなれば殆ど気にならなくなりました!」とのお言葉を頂けました。

鉄板の性質状これ以上凹みを無くすならどうしても鈑金塗装するしかありません。

私自身は今一つシックリこない仕上がりになりましたが、お客様の満足して頂けたお顔で気持ちが救われました。

 


N-BOX 左フロントドアの凹み

一般的な凹みです。

デントリペアの最も得意とするサイズです。毎回こんな凹みなら非常に有難いです。

ただ、凹みの位置がドアの上下(ガラスより下から)で見て中央くらい、前後で見て前寄りだったので内装を外して作業しました。

↑赤丸あたりが凹み部分です。

↑ちょうど凹み部分にドアビームのような物があるので、結果的には内装を外さないと作業出来ない凹みでした。

白と黄色のラインの中央が

凹み部分です。

多分、ほとんど全く分からないレベルまでは直りました。(少しだけ深かったので斜めの筋状の跡があります)拡大して見てください。

知らない人はまず見つけられないと思います。

お客様にも凄く満足してお帰り頂けました。

 


シトロエンC3 ドアエッジの凹み

通常デントリペアでは修理不可の凹みです。

ただ、お客様から「今より目立たなくなれば」とご依頼されたので作業しました。

完全に分からなくは無理ですが、小さくなら出来ます。

少し凹みが残ってしまいますが、

ガッツリ凹んでいたのが、ほぼ目立たなくなったので

お客様にはご満足して頂けました。

凹んでいたのを知らないと見逃してしまう位には修正出来たと思います。

どうしても気になるなら、ドアエッジモールをつけるのもありだと思います。

 


N-BOX 右リアフェンダーの凹み

デントリペア向きの凹みの大きさですが、少し深い凹みです。

凹みを正面から見てもハッキリ打点が見えます。

車体色が白なのに、正面からでも凹み部分がハッキリ見える時は、凹みが深い証拠です。

この場合は大抵中心部の凹みが残ります。

お客様にはその事もご理解頂いてリペアしました。

車種によりますが、このあたりが凹んでいるとツールが入らない可能性があります。

取り敢えず内装を外してみました。

↑赤丸部分のあたり

↑この裏あたりが凹んでいる場所です。

ツールが入ってくれないと、あとはプーリング作業しかないのですが、深い凹みの場合は凹みが小さくなる程度で場合によっては塗装が剥がれます。あまり使用したくはない方法です。

今回は二重構造になっていたのですが、いろいろ探っていくとツールが凹みに届く場所があったので、何とかリペア出来ました。

凹みが深いこともあり、完全にフラットとはいきませんが、ほとんど気にならないくらいにはリペア出来ました。

少し深い線キズのような跡が残ってしまいましたが、これ以上は限界です。

お客様にもシッカリ確認して頂きました。

鈑金塗装だと費用が高く、変色も気にしておられました。

デントリペアのご利用は今回が初めてだったようですが、キズが少し残っただけでほとんど分からなくなったので、大変ご満足してお帰り頂けました。

今回は無事にツールが入ったので問題なかったですが、車種によっては本当に入らないものがあるので

その時は再度お客様と相談して鈑金もしくはプーリングでの作業、時には別の場所に穴を空けてリペア、もしくはそのままといった具合に、お客様と一緒に一番良い方法を考えるようにしています。

悩んだら一度お気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 

 


オデッセイ リアゲートの大きな凹み

リアゲート左端に、縦に二ヵ所凹んでいます。

幸いパネルの下側のエッジ部分は、折れ等のダメージがありません。

お客様は「目立たなくなれば」と言っておられたので

リペアさせて頂く事にしました。

内装を外して凹みの裏部分を確認すると

裏から見ても凹んでいる部分が分かります!

3時間ちょっと掛かりましたが、何とか終了です。

少し荒い肌にはなりますが、凹みはほとんど分からなくなったので、大阪からわざわざ来た会があったと、お客様にはとてもお喜びして頂けました。

 


ハリアー 右フロントフェンダーのへこみ

プレスラインを大きく潰して、しかもパネルぎわから凹んでいます。

パネルぎわの赤丸部分は、ある程度凹みが残る可能性をお客様にご理解頂いてリペアしました。

↑リペア後

↓写真では分かり難いので動画で

↑後ろから

↑前から

バンパーのきわに少し凹みが残っています。

元の凹みが殆ど分からない様になったので、お客様には大変満足して頂けました!!

今回のような凹みの場合は作業してみないと、最終的にどうなるかが分からない事が多々あります。

極稀に何とも出来ない事もありますが、私が絶対無理と判断しない時はいつも何とかなっています。

完璧にと言われると殆どの場合お断りしますが、目立たなくなればと言って頂けるなら大抵の場合、どのお客様も満足して頂いてお帰りになられます。

出来る事には限界がありますが、一度ご連絡下さい。

お待ちしております!!

 

 


ホンダ ビート 左リアフェンダーのへこみ

懐かしいビートです。

当店を御贔屓にして頂いているお客様からのご依頼です。

お客様の超お宝で、物凄く大事にされておられるお車なので、依頼される私も毎回かなり緊張しながらリペアさせて頂いています。

ツールアクセス自体は、裏側から凹みの部分を触れるので内装等のバラシはせずに作業出来ます。

↑ここから直接触れます。

ただ、ツールを引っかける所がないので、少し苦労しました。

塗装もシッカリ綺麗に保たれていますので、色褪せや変色などは全く見られないのですが、当時の塗装ですのでどうしても塗装自体の経年劣化があり、慎重にリペアしていく必要があります。(むやみやたらに押すと割れる恐れが高いです)

塗装表面に微妙にキズがありますが、凹み自体は分からなくなりました。

お客様にもいつも通りの出来で満足です!

と言って頂け、私自身も嬉しいお仕事でした。

予備パーツもシッカリ持っておられ、大変大事にされておられます!!

そのお車を任せて頂けることが凄く光栄です。

↓ちなみに今回オーナー様に許可を頂いて全体写真を撮らせてもらいました。極上でしょ!!!

写真の撮り方にセンスがないのはお許しください。

お客様のお好みで所々カスタムされています。

特にヘッドライトに関しては、前回と全く様変わりしています。

フロント、リアバンパーに関しては、破損したことがあり、ご自身で修理。塗装はスプレー缶で塗装したと仰っておられました。

私自身は塗装は専門外ですが、長年この仕事をしていると、自ずと塗装肌や色合わせなどを見る目が出来ますので多少自信があります。

プロが見てもとてもDIY(特にスプレー缶)で塗装したとは思えない素晴らしい仕上がりでした!!

スプレー缶での塗装はお手軽ですが、本職の方が使うスプレーガンより扱いづらいです。

オーナー様いわく1/1のプラモデルと仰っておられました。

感服です!!!

 


ベンツ GLBのリアゲートの凹み

少し深いへこみです。

ゲートのパネルの端で折れている部分もあります。

お客様にはこの折れ部分は直らない事をご了承して頂いてリペアしました。

ただ、内張りを外すと所々にサービスホールがあるのですが、どこも今一つツールが入らず、いろいろな所を探してやっと見つけました!!

この指先の所の隙間!!

ここからなら何とかツールが届きました!!

ただ、ガラスのきわなので下手すると割れるかもと少しヒヤヒヤしながらです。

やはりパネルの端でで折れている部分が残りました。

映りこんだライトが収束してその後伸びる部分が折れて残った部分です。

お客様には事前に説明していたので、ご満足して頂けたようです。

鈑金塗装だともっと綺麗に直ると思いますが、エンブレムの脱着(もしくは、交換)や、お店によってはガラスの脱着もするため、結構高額になる場合があるので、その事を考えるとお安くリペア出来たと思います。

完璧にと言われると何も出来ませんが、目立たなくなればと言って頂けるなら、余程でない限りだいたい何とかします。(その場合は別の別の修理方法をかなりお勧めしますが…..)

今回は、お客様がリアゲートの内張りの外し方をご存知で、教えて頂けたのでスムーズに脱着出来ました!

ありがとうございました!!

 


ハリアー 右フロントドアの深い凹み

かなり深く突いたような凹みで、中心部までライトが映り込まない位の凹みでした。

お客様には飛び石のような跡が残る事をご理解頂いてリペアしました。

内装を外して作業しました。

 

↑ドア内部です。

赤丸の中でポチっとした凸部が見えます。ここが凹み部分で裏からハッキリ見える場合はそれだけ凹みが深い証拠です。

お客様には凹みが残るとは言いましたが、出来る限り無くすように頑張りました。

ただ、

 

ほんの少しですが、やっぱり残ってしまいました。

全体的に見るとほとんど分かりません。

お客様は最初は分からないと仰っておられたので、残った部分を指摘してやっと分かって頂けました。

知らないとそうそう気付かない程度だったので、とても満足して頂けました。

 

 


12345...10...