BMW

BMW X1右リアドアの凹み

デントリペアの一番得意とする凹みです。

↑少し拡大!

ただし、ツールアクセスや仕上がり具合など色々考えた結果、今回は内装を外して作業しました。

ドア内部はこんな感じです。

幸いパネル裏側には、リペアに邪魔なブレス(骨)やシート(共振止め)なども干渉していないので、ツールアクセスもバッチリでした。

↑遠目で見ても

↑拡大して見ても、凹みがあったと言われても分からないレベルまで、リペア出来たと思います。

お客様にも完璧のお言葉を頂けました!!

 


BMW335iの右リアドアの凹み

 

よくある凹みですが、凹み上部が少し張れ上がっています。

凹みを出すよりもこの張れている所が一番ネックになります。この部分をどう処理するかで、仕上がりに差がでてきます。

内張りを外しての作業です。

内装を外さなくてもリペア出来そうにみえるのですが、凹みの裏に邪魔なブレスがあります。(矢印部分)

このブレスが邪魔をしているので、内装を外さないとリペア出来ません。

数種類のツールを使い分けながら、リペアしていきます。

ほんの少し微妙な違和感が残る結果となってしまいました。

お客様からは全く分からない!と、とても満足していただけた様です。

 

数年前、仕上りを動画で見て頂ける様にと思って、ホームページを作り直しました。

当店ではリペア完了後の仕上りを、必ずその場でお客様にご確認して頂いています。

ただ、仕上り良く見せるのでなく、リペアしきれなかった所(凹みの残りや違和感)を見て頂けるように確認して頂いています。

この角度だと見えないけれど、コチラから見れば見える、といった仕上りになる事は時々あるので、お客様には事実を伝える様にしています。

ご来店頂いたお客様の評価だけではなく、お客様のお友達や知り合いの方にも私の仕事は評価されると思っています。

ブログでは出来る限り悪い所が見える様に、見える角度で、静止画では無く動画で載せる様にしています。

問題なく直った時は動画で載せない時もありますが。

デントリペアとはただ単に凹みを押し出す、もしくは引き出すだけの仕事です。

理屈は物凄く単純です。

しかし単純なだけに凹みの状態が第一ですが、それ以上に作業する者の経験、技術、根気、見極め、妥協点などさまざまな事が一体となった仕事だと思います。

20年やって来た今でも、毎回ご依頼のたびに緊張する毎日が続いています。

どんな凹みでも任せて!!という日はあと何年やれば来るのでしょうか?

まだまだ修行中です!!!

 


BMWミニ 右リアフェンダーの凹み

リアフェンダーの凹みです。

通常なら内装を外してのリペアになるのですが、この車種は内装を外さなくてもリペア可能です。と言うか、外しても出来ません。

リアフェンダー前方のゴム部品を外すとツールが入ります。 (ラッキーです。)

ただ、凹みが小さい割に深い目なので、中心部を残らない様に注意してリペアして行きます。

オーナー様が購入されてから、色々自分なりにカスタマイズされており、ほぼ、1点物のミニに近いお車です。リペア前に聞いていたので失敗は許されません。内心ドキドキ!!

でもやる事は凹みを直す。ただそれだけなので、いつもと状況は変わりません。全力で対処します。

リペアし始めると、ツールアクセスが良いようで微妙に悪い、そんな感じでした(1番イヤな状況です。)

それでも何とか工夫してツールを入れて完了です。

動画の真ん中に白い点が分かるでしょうか。

この部分が凹みでした。少し塗装が傷付いていたので、白く残っています。(デントリペアで塗装の傷は直せないので)

お客様はこのくらいの傷なら気にならないとの事でしたので、とても喜んで頂けました。

今回は内装を外さなくてもリペア出来たので良かったのですが、輸入車の場合、メーカーによって全く内装の取付け方や構造が変わることも多々あります。

国産車なら、メーカーが違っていても大体似たような感じなのですが、やはり国が違うと取付け方も違う。(時々、外国人の考えている事はよく分からん!!という事は業者間でもよくあります。(:^ー^A) )一筋縄では行きません。

凹みを直すよりも、内装を外す方が大変な場合も多いので苦労します。


BMW M3 ルーフ(天井)の凹み

何度もお世話になっているオーナー様ご自慢のM3です。

今回はルーフが凹んでいるとの事で数年ぶりにお越し頂きました。

写真や動画では分かりにくいのですが、実際にはハッキリクッキリ凹んでいます。

中古車で買われたらしいのですが、室内保管で超極上車でした。しかし、ルーフに凹みがあったので、今回も当店にお任せ頂けることになりました。

 

ゆがみが分かるでしょうか?

まずはルーフライニング(天井の内張)の脱着が必要です。しかし、車が10年以上前の物ですので部品を外す時に破損する可能性がありました。これもきちんとお伝えし、ご了承を頂き、リペア開始しました。

有難い事に今回は保管状態が良かったのか、壊れる部品も無く無事に外れました。

後はリペアです。

幸いリペアをするのに、ツールを邪魔するものは無かったので、ほとんど分からない様になりました。

シャッターのルーフの写り込みの縞模様でゆがみを見て下さい。

少し苦労する所も逢ったのですが、何とかリペア出来ました。

お客様にも大変喜んで頂けました!!!

何度も来て頂いているお客様が来られると、以前の仕上りを期待されて来られる事がほとんどです。

プレッシャーがハンパないです。

凹みによってはダメな場合もあるのですが、難しい凹みでも、色々考えて工夫して何とかリペア出来た時は、私もお客様以上に嬉しいので、この仕事辞められないです。

 

 

 

 

 

 


BMW3シリーズ左リアドアの凹み

1496066796982.jpg 1496066827014.jpg 1496067011540.png

以前に来られたお客様からのご依頼です。
前々回は数年前ですが、今年に入って2回目のご来店です。

この辺りが凹んでいるとドア裏側にブレス(骨)があるので、ガラスの隙間からツールを入れての作業は無理な場合があります。お客様にはドア内張りを外しての作業になることを説明して、作業開始です。

試しにドア上部のガラスの隙間からツールを入れてみると、やはりツールが入らない!!
内張りを外して見ると、ブレスがあり、この上を狙ったかのようにへこんでいました。

外鈑とブレスを固定する為のコーキング(BMWの場合、非常に堅い物が使用されている事が多く、取り除けない。無理に取ろうとすると、パネル表面を突き上げてしまいます。)がされており、ツールを入れる隙間もあまり無く、1番細いツールで辛うじて押せる状態です。

時間が掛かりましたが、何とか無事にリペア完了。
この凹みだけで1時間半程掛かってしまいました。
お電話を頂いたときは一箇所だけのお話しだったので、2時間程の作業時間を見ていたのですが、当日に別のドアとリアフェンダーの追加になり、大幅に予定の変更となりました。
幸い他の凹みは、あまり時間がかからずリペア出来たので、3時間少しで作業終了です。


BMW7シリーズ 左リアドアの凹み(少し深い凹み)

1488533467294.jpg 1488533513959.jpg 1488533533894.jpg

大きさは5センチ程度ですが、鋭く突いた凹みです。 お客様には、現車を見せて頂いた時点で完全に凹みを消す事は出来ず、少し凹みが残る事を了解して頂いて作業開始しました。 ガラスの隙間からツールを入れても、うまくアクセスする事が出来なかったので、取りあえず内張りを外す事に。 何とかツールが入る部分を確保して作業開始です。 お客様には、「凹みの深い部分が残る」と説明しましたが、少しでも残らない様にと出来る限り頑張りました。 しかし、やはり中心部分の凹みが鋭く、残ってしまいました。 少しでも目立たなくなる様に周りを調整して、リペア終了です。 完成後、お客様は「もっと酷く残ってしまう」と思ってらしたらしく、「ここまで直れば全然いい」と満足して頂けました。 あと少し浅ければ、跡形も無く消えた凹みだったのですが…..。 お客様には、とても喜んで頂けたので、これを励みに、これからも頑張ります!

 

BMW320 左リアドアの薄い凹み

1488585972524.png 1488585986025.png 1488586020173.jpg

凹み自体は浅いのですが、範囲が少し広く、(写真よりも実際はもう少し大きいのですが、うまく写りませんでした)凹みの上部が微妙にはれています。
このような凹みは気にされない方も多いのですが、デントリペアでと当店に来られるお客様にとっては、非常に気になる凹みです。

幸い内装を外さなくても、ツールがダイレクトに入ったので凹みの修復のみに集中する事が出来ました。

小さくても繊細なデントでした。
一時間半程の作業時間を見ていたのですが、結局、倍程度掛かりました。

完璧!とはいきませんがお客様には、大変満足して頂け無事終了です。


BMW320 左リアドアの凹み

1480673588598.jpg 1480673600373.jpg 1480765219100.png

この場所が凹むと320の場合、ガラスの隙間からリペアしようと思っても、凹みの裏側にブレスがあったりします。(赤丸部分)

今回もお客様が居られる時に、ツールを入れて確認したところ、この場所に凹みがあった為内張りを外してリペアする事になりました。(黄色の部分に凹みがありました。)
そのままでも、かろうじて入るツールはあるのですが、押し出そうとするとツールが滑ったり、微妙に押せない箇所がありました。

ドア内部からだと、ツールアクセスは
格段に良くなります。後は腕次第!!
デントリペアの醍醐味です!!!
スッキリリペアできました。

デントリペアで綺麗に直すには、凹みの状態の見極めも大事ですが、
限られたツールしか入らない!よりも、どんなツールでも入る状態を、いかに確保出来るかも非常に大事な事だと思います。

そのため、内装や邪魔になる部品等があり、それを取り除く事でさらに綺麗にリペア出来るなら、時間が掛かっても遠回りして修理する事にしています。

車種寄って様々な構造、仕組みがあり、さらに新型が出るたびにまた新しい構造になるため、外せない物もありますが…
まだまだ日々勉強と努力が必要です。


BMW320 右リアドアの凹み

1477480481369.jpg 1477480578264.jpg 1477480631476.jpg

久しぶりに普通のデントです。

見た目は少し深い凹みですが、このへこみならほぼ完璧にリペア出来ます。

 後は、ツールアクセスと、凹みの裏側にドアビームや、静震用のシートなどがなければ、内装を外す事無くリペア出来ます。 いざ作業を始めると、ツールアクセスも非常に良く、リペアするのに邪魔する物も無く、思った通りにリペアできました。

お客様も仕上りに大変満足して頂けました。

 

BMW428i ルーフの凹み修理

1470136791906.jpg 1470136974289.jpg 1470663231497.jpg

薄い凹みですが、ボディの色が黒なので以外に目立ってしまいます。

428は、まだ触った事がありません。 しかも、イキナリ天井の凹みです。

ルーフの凹みを直す場合は必ずルーフライナー(天井の内張り)を外す必要があります。

ライナーを外さず塗装面からの引き出し作業でリペアする事も出来ますが、

リペア後のクオリティを少しでも良くする為に、

当店では可能な限り押し出し作業でリペアする事にしています。

 

内装を外すのに時間が掛かるため、一晩お預かりしてのリペアになりました。

家の屋根等と同じ様に、車の天井にも梁が入っています。

今回の凹みは、幸いその部分には凹みができていなかった為、

当初予定していたツールがそのまま使用出来たので、あまり苦労する事なくリペア完了しました。

お客様にも十分満足して頂ける仕上がりになりました。

 

 内装を外した事の無い車種や、場所をリペアする時は、何処を外せば良いのか考えながら作業する為、

通常より結構時間が掛かります。

しかし、お客様の大切な車を任せて頂けるのですから、手間を惜しまず一番良い方法を考え、

日々作業しています!!