プレスライン上の凹み

フリード 右スライドドア プレスラインの凹み

プレスライン上にかなり深い凹みが出来ています。

ここまで凹んでいると、完全に綺麗にリペアするのは無理ですが、目立たなくする事なら可能です。

その辺りの説明をして納得して頂けたので作業する事になりました。

しっかり見て頂こうと思ったのですが、動画で撮るのを忘れてました!

実際には前後方向から透かして見るとうっすらと薄い凹みが残っています。

凹み部分をドア正面から見ると凹みは全くわからないのですが、お客様にはしっかりと残っている凹みが見える様に、説明して確認して頂きました。

結果はご満足して頂けたようで

笑顔で帰って頂けました。

こちらとしても、戻せる限界まではやりきっていたので、ホッとしました。

 

 


N-BOXリアゲートの大きな凹み?

ハッキリ言って綺麗に直すならパネル交換?くらいの凹みです。

凹みの直らない所、歪み、リアゲート下部のパネルぎわの折れている所等々、

お客様には鈑金塗装を強くお勧めしたのですが、目立たなくなれば良い!

との事でお引き受けしました。

とても綺麗に なりました。

パッと見は。

実際はこんな感じです。

ボディ色が白なので、ライトを入れずに見るとあまり目立たないのですが。

ぶっ通しでほぼ1日掛かりました。

それでもお客様にはとても満足して頂けたようで、笑顔でお帰りになられたので、私としても安心出来ました。

基本的にはここまでの凹みの場合はお断りするのですが、お客様の熱意に負けた場合はお引き受けします。

ただし、仕上がりは完全にお任せコースになります。


ワゴンR リアゲート、プレスラインの凹みとその他

ノブの横は少し複雑に、プレスラインは少し深く凹んでいます。

作業するのに邪魔なので!ドアノブは外しました。

↑内装を外してパネル内側です。

この場所には以前はこんなパネル無かったのですが、この型式からは付いています。

リペアするには物凄く邪魔になります。

(凹みによっては、今まで直せたものが、ツールが入らない事で直せないかも。)

これは外れないので何とか入るツールを見つけて、工夫するしかありません。

思ったより綺麗に直りました!!

ただし、ゲートの1番下のパネルの張り合わせ部分に折れが残りました。

普通に見る分には余り目立ちませんが。

ライトの映り込んだ部分が屈折しています。

この状態は直せないので、このままになります。

お客様にも仕上がりをしっかり確認して頂きました。

折れ部分もキチンと見て頂き、ほとんど分からないので大丈夫!との事で、満足して頂けたようです。

 

 


アウディA3 左リアドア、プレスラインの凹み修理

プレスライン上をまたいで凹んでいます。

どこからツールを入れるか悩んだのですが、1番いいのがドアの配線の引き込み穴。

写真で見ると簡単に外れる様に見えますが、樹脂製で裏側が爪になっているので、この部分を正確に外さないと爪が割れたり(組み付けの時にはまらなくなります)、穴の廻りにキズがつきます。

出来るだけリスクを回避するために、内装を外してドア内部から外しました。 

配線をドアの中に引き込み、ツールの挿入口を無事確保して作業開始です。

作業前はプレスライン上の凹みがもっとクッキリ残るかと思ったのですが、やってみると思った以上に出てくれたので、なかなか良い出来に仕上がりました。

今回はリペア、バラシ共に難なく終了しましたが、同じアウディでも年式や型式、グレードによっては、当店ではバラせない車もあります。

その場合はバラシを断念するか、他所で外して来て頂く事もあります。

リペアに関してはお任せ下さい!!


セレナ リアゲート大きな凹み

坂道の登りで下がってしまい、電柱にゆっくりですがぶつかってしまったらしいです。

通常ならパネル交換だと思います。

お客様にはデントリペアで直しても綺麗に元の様に修理する事は無理なので、鈑金塗装もしくはパネル交換での修理が必要だとご説明しました。

しかし年数も経っているので修理に大きな金額をかけたくないとの事で、出来る限りで良いのでというご希望でリペアする事になりました。

細かい部分まではなかなか難しいですが、全体的には整えることは出来ました。

見積もり時にはご夫婦で来られたのですが、リペア当日は奥様だけのご来店でした。奥様にはご満足して頂けたのですが、ご主人様とは一緒に最終確認をしてもらっていませんでした。作業に納得いただけたか少し心配していましたが、後日ご主人様からわざわざご連絡頂き、お褒めの言葉を頂けたのでホッとしました。

↑パネルぎわが曲がって折れ、塗装も割れがありました。

↑塗装面はそのまま残ってしまいますが、タッチアップペイントで塗って錆止めしました。

バンパーも元通りとはならないですが、ある程度修正しています。


プリウスαの左フロントフェンダー プレステライン上の凹み

プレスラインの凹みで、一番代表的な感じです。

プレスライン上の凹みで、問題になるのが深さです。

深すぎると凹みが直りきらず、塗装が割れてしまうこともあるので、慎重にリペアする必要があります。

今回はそのギリギリ位ですが、何とかリペア出来ました。

ほんの少し、よく見てもらうと、出し切れなかった凹みが小さくあります。

離れて見ると全く分かりません。

へこみがあったと知らない人なら、見つけることは困難な位には仕上がったと思います。

お客様も最初は分からないと言われましたが、残った部分を示して、シッカリ確認して頂きました。

とても満足して頂ける結果となりました。

 


フリード リアゲートの凹み2ヶ所

大きさはデントリペアで十分対応可能です!

しかし、どちらも鋭く凹んでいます。

少し修理跡のこるかも?

内装を外して、ツールを入れるため、リアゲートのキャッチも外しました。

パネルが凹み部分で伸びすぎているため、少し張れ気味に仕上げています。ここを張れが出ない様にしようとすると、全体的に大きく凹んで見えるので、この仕上げで納める事にしました。

こちらはプレスライン上だったのですが、凹み方が良かったのか、当初の想像ではうっすらと凹みが残る位かと思いましたが、その心配はなくかなり良い仕上がりになりました!!

どちらの凹みも(一枚目の写真のへこみは、少し跡が残りましたが)お客様には大変喜んで頂けるお仕事になりました。

 

 


スペーシア 右フロントドアのプレスラインの凹み

プレスライン上のよくある凹みです。

今回は凹みの裏側に、リペアを邪魔する物は何も無かったので、ガラスの隙間からのみで作業出来ました。

↑この状態でリペア!

プレスライン上の一番ダメージが入っている部分が、ほんの少しだけ残ってしまいました。

言われなければほとんど気が付かない程度なので、満足して頂けました。(これ以上触ると塗装面に影響がでます)

仕上がりを考えると、内装を外して内側からの作業も加える事が多いのですが、今回は凹みの位置が絶妙に良かったので20分程で作業出来ました!

 

 


インプレッサ 右フロントドアぎわ、プレスラインの深い凹み

 

ドアのきわに凹みが出来ています。

赤丸部分はドアエッジの所で折れてしまっているので、ここはそのまま残ってしまいます。

お客様にはその事を伝えて、ご納得いただけたのでリペアすることになりました。

アウターハンドルのすぐ近くなので、ハンドル裏側、黒いベース部分がリペアに邪魔になる様なら、取り外す必要もあったのですが、今回はドアを開ける為のロッドを抜くだけでリペア出来ました。

デントリペアはテコの原理で直すので、このロッド部分に押し出すためのチカラが掛かってしまうと、ロッドが曲がってしまったり、アウターハンドル部分の部品を破損してしまうので、用心の為に外しました。

凹み中心部に傷があるので、そこは塗装しないと直らりません。お客様も、その部分は仕方が無いのでと仰って下さいました。

全体的には概ね良い出来に仕上がったと思います!

お客様にも喜んでいただけて何よりでした。

折れている部分の写真を撮るのを忘れてしまいました。ごめんなさい。

2018年9月に水色のフィアッ卜の投稿を参考にして頂ければと思います。(修理跡の残った凹みから見て頂くと出てきます)

今回のリペアはそのフィアットと比べると、断然目立たない様にリペアできたと思います。

 

 

 


レヴォーグ 左フロントフェンダーの大きな凹み

フロントフェンダーでよくある大きめの凹みです。

タイヤハウスの端、アーチ部分もが良く見ないと分からない位ではありますが、少し曲がって折れています。(⇩赤丸部分)

タイヤハウス内側のカバーを外すと、ツールアクセスは抜群に良いです。少し凹みに問題があるので、キッチリとはいきませんが出来る限り凹みを直していきます。

パネルのきわに小さな凹み(写真の赤丸部分)が残ってしまっています。

お客様には時前に説明して了解済みです。

これよりもう少し凹みを出す事も可能ですが、塗装が割れてしまう可能がかなり高いのと、割れないまでも塗装面がブツブツとなって見た目が良くないのとで、お客様と相談した結果ここで終了しました。

仕上がりをお客様に確認して頂いたところ、大きく目立つ凹みではなくなったので、大変喜んで頂けました。

⇩ちなみに、『ブツブツとなる』という状態はこんな感じです。

以前にも投稿した写真です。「プレスラインの凹み」から見てい

参考にして頂ければ幸いです。

 


123