スズキ

ジムニー 左ドアのプレスラインの凹み

プレスラインなのですが、シャープなラインではありません。

シャープなラインよりも、こういうアール(曲面)のラインの方が直しにくいので苦労します。

使用するツールと作業性を考え、ドアガラスも外しました。

凹みの場所と、凹み自身が深かったので少し修理跡は残ります。縦筋のキズは当てられた時に出来たものなので、デントリペアでは修理出来ません。塗装が必要です。(ちなみにコンパウンドやペーパー等で削ると、塗装が剥げます)

↑後ろから見た動画

↑前から見た動画

少し修理跡が残っていることが見て頂けると思います。

お客様に仕上がり具合をじっくり確認して頂きました。

ご来店時に極力塗装はしたくないのと、凹み自体も深いことはお客様も認識していらっしゃいましたので、

仕上がりに関しては十分過ぎるほどお喜び頂けました。

私もホッとしたお仕事でした。

 

 


ジムニー バックドアの凹み

複雑に大きく凹んでいます。

ドア下側にも別の凹みがありました。

幸いにもガラス屋さんのお車だったので

作業前にガラスを外してもらって、1日お預かりしました。

ある程度目立たなくなればと言うことでお引き受けしたのですが、これが中々思うようにリペア出来ません!!

ウチのひの君、見守りのなか頑張りました!

何とかお客様にお返し出来る状態にまでなりました!

微妙な歪みが少し残りますが、元のダメージを考えるとかなり良くなったと思います。

取りに来られた時に、ご自身でガラスを

嵌めてからお帰りになられました。

当店でガラスを外す必要がある作業の場合は別途費用をいただくか、ガラスを外さずの作業になったと思います。

流石にプロのガラス屋さんの脱着作業はスムーズでお見事でした。

自分でやると思うと冷や冷やしたと思います。(と言うか出来ません)

流石プロ!!

自分の車の時には一度挑戦したいと思います。


ジムニー 右ドア プレスラインの凹み

プレスライン上が酷く凹んでいます。

作業の都合上、ドアガラスも外しました。

プレスライン上がへこむとほとんどの場合、凹みの上部が腫れ上がるため、その部分の修正に苦労します。

腫れ上がりが酷いほど仕上がりに影響します。

長年やっていますが、どの程度の仕上がりになるかは今でもリペアしてみないと分からない場合が多いので

お客様に説明する時に大変苦労します。

今回は、なんとか綺麗?といえるくらいにはリペア出来ました!

↑テープの下部分が凹みのあった所です。

↑ライトを写し込むのに邪魔なので、追加でドアミラーも外しています。

当初お客様には、もう少しヒズミが大きく残る事も想定して説明していたので、この仕上がりには大変満足して頂けました。

凹みの場所や、大きさ、深さ、車種によって色々あるので、いつもこうなるとは限りません。

これでも微妙なヒズミがよ~く見ると残りますが、今回に関しては私自身もスッキリしたお仕事でした。

 


エブリィバン 右リアフェンダーの凹み

 

広範囲の凹みです。

お客様には完全に綺麗に直すなら、鈑金塗装での修理が良いとお勧めしたのですが、費用の事もあるので何とかデントリペアで直して欲しいとお願いされて、お引き受けする事にしました。

車内のパネルを外せばツールは容易に入ります。

凹みの深い部分、凹んだ時に突き出してしまっている部分など複雑に絡み合っています。

部分、部分で凹みが深く、パネルが伸びきっている所があるので微妙な歪みが残りますが、

お客様は、ここまで直るとは思ってなかった!

と、とても喜んで頂けました。

作業前に、パネルの後端部分と突き出した部分は、綺麗には直らない事は伝えていたのですが、

仕上がりは最後までやってみないと分からないので、

「仕上がりはお任せで!」と言うことでお引き受けしたのですが、満足して頂けたのでホッとしました。

 


ワゴンR リアゲート、プレスラインの凹みとその他

ノブの横は少し複雑に、プレスラインは少し深く凹んでいます。

作業するのに邪魔なので!ドアノブは外しました。

↑内装を外してパネル内側です。

この場所には以前はこんなパネル無かったのですが、この型式からは付いています。

リペアするには物凄く邪魔になります。

(凹みによっては、今まで直せたものが、ツールが入らない事で直せないかも。)

これは外れないので何とか入るツールを見つけて、工夫するしかありません。

思ったより綺麗に直りました!!

ただし、ゲートの1番下のパネルの張り合わせ部分に折れが残りました。

普通に見る分には余り目立ちませんが。

ライトの映り込んだ部分が屈折しています。

この状態は直せないので、このままになります。

お客様にも仕上がりをしっかり確認して頂きました。

折れ部分もキチンと見て頂き、ほとんど分からないので大丈夫!との事で、満足して頂けたようです。

 

 


ジムニー 左リアフェンダーの凹み

凹みの大きさ、深さ(修理跡が残るかどうかギリギリ位ですが)共に、デントリペアで対応可能な凹みです。

今回はお客様が、デント作業を見てみたいとの事で、見学して頂きました!

新型ジムニーは今回初めて触るので、少し内装のバラしに戸惑いましたが、基本的には前回モデルと多少違う程度だったので、あまり悩むこと無く外せました。

外して見ると、前モデルよりも凹みの裏の構造は明け透けで、ツールも自由に入るので、お客様とお喋りをしている間に終了しました。

少し傷があるので、その傷は残ってしまいますが、凹み自体はほぼ分からなくなりました。(動画で少し白く見える所がキズです)

作業開始時はお客様の前で少し緊張しまたが、作業が進むに連れ緊張も解れ、いつも通りにリペア出来ました。

お客様にもご満足してお帰り頂けたので、私も嬉しくなるお仕事でした!!

 


スペーシア 右フロントドアのプレスラインの凹み

プレスライン上のよくある凹みです。

今回は凹みの裏側に、リペアを邪魔する物は何も無かったので、ガラスの隙間からのみで作業出来ました。

↑この状態でリペア!

プレスライン上の一番ダメージが入っている部分が、ほんの少しだけ残ってしまいました。

言われなければほとんど気が付かない程度なので、満足して頂けました。(これ以上触ると塗装面に影響がでます)

仕上がりを考えると、内装を外して内側からの作業も加える事が多いのですが、今回は凹みの位置が絶妙に良かったので20分程で作業出来ました!

 

 


ワゴンR 左フロントドアの凹み

凹みの大きさだけは十分デントリペア向きですが、パネルのキワが折れ、しかも深い凹みです。短いですが横長の凹みでもあります。

パネルのキワの折れと、凹みの中心部の深すぎる部分は消せませんが、目立たなくする事は十分に可能なのでリペアをご依頼頂きました。

上の動画がリペア後です。

黄色と白のライトの映り込みが、凹みがあった後側で少し伸びるのが分かると思います。

ここが折れ部分です。

その前に小さく凹みも残っていますが、ここが限界です。

よく見て頂くと、凹みがあった場所に1.5センチ程の横長の凹み残っているのが見えます。

これも消せればほぼ完璧なのですが、鉄板が伸び過ぎているのでこれ以上の仕上りにするには、鈑金塗装でパテ埋めするしか方法がありません。

お客様には、この様になる事は時前に十分説明して、ご理解頂いた上で作業しています。

そこまで費用を掛けて直すつもりは無いとの事でしたので、十分満足して頂けた様です。

 

 


ラパン リアゲートの凹み

リアゲートの凹みですが、少し広範囲です。

凹みの下側が少し張れているので、その部分がどの位修正できるかで仕上りが変わります。

凹みの裏側はツールを入れるのに邪魔になる様な物は無いので、少し歪みが残ると思いますがリペア可能です。

作業性は良かったのですが、範囲が広かったので思ったよりは時間が掛かかってしまいましたが、それでも1時間半程で終了しました。

微妙な歪みは残りましたが、全体的には綺麗にまとまった仕上がりになったと思います。

 

デントリペアはどんな凹みでも完璧に直せる技術ではありません。

大した凹みではないからと泣く泣く諦めるのか、

やはり気になるので高額だけど鈑金塗装で直すのか、の間の選択肢だと思います。

当店に来られたお客様の多くはダメ元で来られますが、その多くのお客様に喜んで帰っていただいています。どこで聞いてもダメ!!と言われても一度当店にご連絡下さい。以外と何とかなるかも知れません。

ダメな場合は何故直せないのかキチンと説明します。

電話、メール、LINE@でどうぞ。

個人様、業者様お待ちしております。

 

 

 

 


ラパン 左フロントフェンダーの凹み

 

プレスライン上とその上、2箇所あります。

プレスラインの凹みは見た目より深い凹みでした。

少しヒズミが残る事を了承して頂いてリペアしました。

昔はタイヤハウスの内側の樹脂カバーを外してしか、ツールが入らなかったのですが、数年前からはボンネット側からもツールが入ります。

どちらもツールアクセスは良かったので、それぞれのリペアに最適な状態です。

ほとんどは下側からのツールアクセスですが、一部ボンネット側からツールを入れる方が良かったので、今の車さまさまです!

写真で見ると完璧!!

微妙な歪みが残りますが、ライトを入れて見やすくしているので、普通に見ているとまず気付かないと思います。

この他にリアゲートも修理しました。

また次回に載せます。


12