特殊な凹み

N-BOX右スライドドアの凹み

クセの入ったパネルのきわに出来た凹み。

ヒズミが残る場合が多いので、嫌な感じの凹みです。

現行のN-BOXの場合は、この部分に凹みが出来てしまうと、裏側にブレスがあるためツールが入らない場合があります。

今回もご多分にもれず入りませんでした。

 内装に加え、モジュールパネルも外して作業しました。

↑モジュールパネルです。現行型の場合、これを外さないとリペア出来ない事があります。

出来れば外したくはないのですが、今回はツールが入らないので外しました。

↑レールカバーも外してワイヤーも取ります。

最終的にはこんな感じです。

凹みはなくなったのですが、少し塗装肌の荒い仕上がりになりました。

今回は業者様からのご依頼だったのですが 、

お客様にとても満足して頂けたと

後で連絡がありました。

微妙な仕上がりだったので、ホッとしました。


エブリィバン 右リアフェンダーの凹み

 

広範囲の凹みです。

お客様には完全に綺麗に直すなら、鈑金塗装での修理が良いとお勧めしたのですが、費用の事もあるので何とかデントリペアで直して欲しいとお願いされて、お引き受けする事にしました。

車内のパネルを外せばツールは容易に入ります。

凹みの深い部分、凹んだ時に突き出してしまっている部分など複雑に絡み合っています。

部分、部分で凹みが深く、パネルが伸びきっている所があるので微妙な歪みが残りますが、

お客様は、ここまで直るとは思ってなかった!

と、とても喜んで頂けました。

作業前に、パネルの後端部分と突き出した部分は、綺麗には直らない事は伝えていたのですが、

仕上がりは最後までやってみないと分からないので、

「仕上がりはお任せで!」と言うことでお引き受けしたのですが、満足して頂けたのでホッとしました。

 


セレナ リアゲート大きな凹み

坂道の登りで下がってしまい、電柱にゆっくりですがぶつかってしまったらしいです。

通常ならパネル交換だと思います。

お客様にはデントリペアで直しても綺麗に元の様に修理する事は無理なので、鈑金塗装もしくはパネル交換での修理が必要だとご説明しました。

しかし年数も経っているので修理に大きな金額をかけたくないとの事で、出来る限りで良いのでというご希望でリペアする事になりました。

細かい部分まではなかなか難しいですが、全体的には整えることは出来ました。

見積もり時にはご夫婦で来られたのですが、リペア当日は奥様だけのご来店でした。奥様にはご満足して頂けたのですが、ご主人様とは一緒に最終確認をしてもらっていませんでした。作業に納得いただけたか少し心配していましたが、後日ご主人様からわざわざご連絡頂き、お褒めの言葉を頂けたのでホッとしました。

↑パネルぎわが曲がって折れ、塗装も割れがありました。

↑塗装面はそのまま残ってしまいますが、タッチアップペイントで塗って錆止めしました。

バンパーも元通りとはならないですが、ある程度修正しています。


N-VANリアゲート上部の凹み

リアゲート上面に深く大きな凹みが出来てしまっています。

リアゲートのガラスより上部に凹みが出来てしまった場合は、直そうとしてもツールが入る穴等がどの車種もほとんどありません。

その為リペアするには押し出しではなく、引っ張りで直すのですが、ここまで凹んでいると凹みが深すぎる為、凹みを小さくする事はできますが、そこまでが限界で直したとは言えない仕上がりになります。

キズがある場合は塗装が剥がれる可能性も高くなります。

そこで今回はお客様と相談した上で、リアゲートを外して直すことにしました。

筋状に少し凹みが残ってしまいますが、この位には修復出来ました。

ツールが入る所がボルト穴部分しかなく、入るツールも限られていた為これが限界です。

塗装表面にキズ(磨いてはみたのですが、塗装にダメージがあるため取れませんでした。作業前にお客様とは確認済みです)が残ってしまいますが、凹みがほとんど無くなったので、お客様には満足して頂けました。

 

 


ミニ 左ドアの凹み修理

大きく凹んでいます。

凹み後側には少し張れも出ています。

↑ドア内部の写真です。

赤丸部分のドアビームが張れの原因です。

この部分に凹みがあるので、内装を外さないとツールが入らずリペア出来ませんでした。

外してしまえば、ほとんどのツールが入るので

後はじっくり直していきます。

 

ほとんど分からない位にはリペア出来ました。

動画だと↓

少し微妙な歪みが残りますが、元のダメージが大きかったのでこれで限界です。

お客様にはかなりお喜び頂けました。

 


ハイエース ボンネットのリペア

 

イビツな凹みの状態でご入庫です。

ボンネットを開けると、凹みの裏がそのまま手で触れることもあり、お客様が取り敢えず自分で直せるかもとやってみたそうです。

しかし、自分でリペアするのは無理だと判断されて、当店まで来られました。

これ以上触られないで正解です。

この状態でも数ヶ所、戻しきれない部分もあるのですが、この位ならまだ何とかなります。

↓別角度で。

お客様が押し上げられた時に、突き上げ過ぎていたところは、戻しきれないブツブツになっています。(専門用語ではアウティと言います)

ここは残ってしまいますが、全体的には何とか整える事が出来ました。

この様な仕上がりになってしまう事は、了承して頂いてリペアしています。

鈑金するつもりは、はじめから無かったと仰っておられたので、とても喜んで頂けました!

 

 


R2 ボンネットの凹み、張れ、イロイロ

凹みと張れが混在しています。

以前修理させて頂いたお客様からのご依頼です。

かなり広範囲のリペアになるので、作業時間を3~4時間程度お預かりしました。

エクボの凹みと、大きく広範囲にふんわり押さえた様な凹みとが重なっています。

先にエクボの凹みを直して、その後で大きな凹みを全体的にならしていきました。(他のデント屋さんではあまりやらない方法です)

やり方は企業秘密!!ただし、大きな凹みを直す場合は必須だと思っています。

デントリペアの範囲からは外れた大きな凹みですが、完璧に!ではなく目立たなく!なら何とかなります。

微妙な歪みが残りますが、普通に見ている分には殆ど気にならないと思います。

前々から欲しくて中古車で購入されたようですが

年式の割にかなり綺麗な状態だったので、ボンネットの凹みが結構気になっておられたようです。

リペア後大変喜んで頂けました。

この仕事をやっていて良かったと思える瞬間ですね。


レクサスGS250 左フロントドアの大きな凹み、2ヵ所

一度で着いた凹みではなく、上下別物です。

何が当たってこうなったのかは分かりませんが、かなり複雑で広範囲の物でした。

通常のデントリペアの範疇を越えています。写真には写っていませんが、下の凹みは凹んだ時の影響で張れ、折れがあり40センチ四方位の範囲で歪みが出ていました。

お客様にはキッチリ直すなら、鈑金塗装の方が良いとお伝えしました。

しかしやはり塗装はしたくないとの事で、お引き受けすることになりました。

内装を外してリペア開始したのですが、途中どうしてもガラスも外して作業した方が綺麗になると判断して、追加でガラスも外しました。

少し微妙な歪みが残りますが、上下とも私が思っていたよりも良く修正出来たと思います。

お客様には大変喜んで頂け、「宣伝しとくわ!」

と言って頂けたので、とても満足して頂けたようです。

出来る事には限界がありますが、引き受けたからには全力で直します!!

今回のお客様は御所市からお越しでしたが、

ちょうど出張作業の帰りにお客様からお電話を頂いたのですが、作業場の準備が全く出来ていなかったので、ご希望の時間より少しずらしてお越し頂きました。

ご来店の際には出来るだけ、前もって予約頂けるとご迷惑をお掛けしないと思います。

せっかくご来店頂いても出張していることも多いので、無駄足にならないと思います。


フォルクスワーゲン BORA トランクの凹み

トランクのエッジ部分が完全に折れ込んでいます。

デントリペアでは、絶対にきれいに直ることはありません。お客様にもその事は十分にお伝えしました。

今回、テールランプにも不具合があり、その修理費用もかなりかかるとの事でしたので、暫く検討して頂きました。

結果、以前の修理実績もあり、鈑金塗装ではなくデントリペアで出来る限りでいいので直して欲しいとのご希望で、作業する運びになりました。

この位には戻せました。

動画だと↓

こんな感じです。

当初に比べると、エッジ部分がかなり戻っているので、お客様にはとても喜んで頂けました!

エッジ部での凹みは、パネル端の二重の合わせ部と、そのキワで折れ込みが入るため、どうしてもきれいな修理にはなりません。これ以上の仕上がりを求める場合は、鈑金塗装での修理をお奨めします。

 

 


デントリペア、他店の手直し!!

 

横筋の凹みがクッキリ残っています。

中古車店で鈑金跡か?と言うことで相談がありました。

良く見ると、どうやら他店でデントリペアをした様ですが、凹みの廻りを縮めただけで、一番ダメージのあった深いところを出せずに、そのまま仕上げた様です。

手直しの場合は、突き跡が戻せないほどいじり回されている事も多々あるので、余り受けたくはなかったのですが、「今より良くなるのなら」と言うことでお受けしました。

思った通り、内装を外して確認すると、リペア跡の傷が残っています。

 

取り敢えず凹みの深い部分を戻すために、

修復された部分を拡げて、筋状になったところを戻せる様にします。

多分元の凹みは、こんな状態だったと思います。

(この作業の分だけ通常のリペアよりも一手間が掛かります)

ここまでしてから、通常のリペア作業に入って、出来る限り分からない様に修復していきました。

微妙なところが残っていますが、最初の状態と比べるとほとんど分からなくなったと思います。

お店の方からも、十分と言って頂けました。

デントリペアは作業者の熟練度によって、仕上がりが全く違ってきます。

デントリペアはあくまで修理方法の名前であって、作業するものによって、全く別の仕上がりになる修復技術です。最近はネットでデントリペアの道具も簡単に手に入りますので当店に来られるお客様の中にも、「修理をしてみたんだけど」という方がおられます。

単純な手順ですが道具があれば出来るものでもなく、あくまでも経験と実績により確立しているものですので、ご自身でされる場合はご注意下さい。

手直し作業も、前回の作業状態でよくなる物、どうしょうもない物があります。

今回はラッキーな例でもあります。

 

もちろんご自身で修理できれば一番いいのですが、

「無理かも!」

と思った場合はやり過ぎる前に、ご相談頂けると有り難いです。


1234