トヨタ

ランクル ボンネットの凹み

大きさはデントリペアにバッチリの凹みですが、

かなり深く凹んでいます。

写真では分かりにくいですが、塗装を削っていますので、塗装のキズは残ります。

ただ、ツールアクセスはバツグンなので、出来る限りで直しました。

凹みはほとんど分からなくなったと思います。

傷は当然残っていますが、ずいぶんと印象が違っていると思います。

 

 


クラウンのルーフ修理

ルーフの後ろ側、リアガラスの境目から凹んでいます。

ルーフライニング(天井の内張り)を外すと、別途費用が掛かります。外すのが面倒なら、プーリングでリペアといきたい所ですが、流石に凹みが深く、筋状にキズもあるのでプーリングでの修理は出来ません。

プーリングの方が逆に時間が掛かる上に、凹みもそこまで出ず、しかもキズがあるので、塗装が剥がれる可能性も高い!

リスクだらけです。

なら外す方法がベストです!!

↑という事で

赤丸部分位が凹んでいる部分です。

↑左リアの三角ガラス部分の内張りを外した所

↑後部座席の背もたれも外しました。

ルーフライニングを外すだけなら取らなくてもいいのですが、組み付けの時に後々面倒になるので。

 

深く塗装が削れてキズになっているので、それはデントリペアでは直らない事は承知して頂いています。

パッと見た感じキズは残っていますが、凹みは限界まで出しました!

ライトを点けているので、ハッキリとキズが見えますが、ライトを消して普通に見るとほとんど分かりません。

錆びがくる事もないキズだっので、そのままにしました。深いのでコンパウンドで磨いても消えませんが、タッチアップで塗ってしまうと、それが目に付いて気になってしまう。そんなキズです。

 

この仕上がりが良いか悪いかは個人の判断にお任せするしかない所ですが、今回のお客さまには思った以上に凹みがなくなっていたと、とてもお喜び頂けました。


アクア 左ルーフピラーの凹み

まだまだ新車で、洗車の時に気づいたら凹んでいたそうです!

修理の精度としては、ツールで凹みの裏側からプッシュ(押し出し)のほうが遥かに上です。

しかし、この部分はツールが全く入らないので、プーリング(引出し)での修理しか出来ません。

分かりやすい様にライトを入れて映しているので、微妙な歪みが見えますが、ライトを外して見ると凹んでいたことを知らないと分からないと思います。

お客様にも何度もチェックして頂きましたが、「場所を示して何とか分かるくらいかな」と仰って頂けました。

プーリングの場合は、凹み具合で仕上がりが全く変わります。

凹みが深い、もしくは鋭い場合、プレスラインが潰れている場合などはお断りさせて頂く場合もあります。

一概に「直せます!!」

とは言いにくい所がありますので、気になる凹みがあればお気軽にお問い合わせください。

現状を見せて頂ければ幸いです。

 

 

 

 


カムリ 右リアドアの凹み?!

ドアパネルの上から下まで、かなり酷く凹んで?います。(凹みではありますが、デントリペアの範疇ではありません。通常はほとんど断られます)

特にドア上部のプレスラインが酷く凹んでいるのと、下部は凹みに加え、張れも出来ています。

ここまで凹むと修理を依頼するお店によっては、ドア交換も視野に入れての修理を勧められる場合もあります。(お客様はパネル交換と言われたみたいです)

⬆️  私自身も赤丸部分の二ヶ所だけなら、自信を持って直せます!!

その上下に関しては作業してみないと、どうなるかは分からないのでお客様には「基本お任せで!」と言う事でリペアしました。

最悪の場合はほとんど現状と変わらない場合もありますとお伝えしています。

取りあえず内装を外して、プレスラインの上部はかなりの力をかけて作業する必要があるので、ガラスも外しました。

ガラスを外すとそれなりのツールが入るのと、リペアしやすくなるので、あとは全力で黙々と作業するのみです!

↑上の凹み(リペア後)

↑下の凹み(リペア後)

上の凹みに関してはこれ以上凹みが上がって来ないのと、塗装面が完全に割れると判断したのとの両方の理由でここまでです。

下の凹みに関しては、凹みの裏にドアビームがあって、凹んだ時にパネルにデントリペアでは消せないクセが入っているためです。

これ以上は鈑金塗装になります。

ただ、全体的にはほぼ分からなくなったので、満足して頂けたようです。

時間はかなり掛かりましたが、お客様に喜んで頂けたので良かったです。

どこまで仕上げるかは作業者自身の技術が一番大事ですが、それ以上にやる気と根気が全てです。


ウィッシュの左フロントドアの凹み

ドアの前から後ろ方向に筋状に大きく凹んでいます。

凹み全体はある程度戻せますが、凹み中心部にあたる筋(ライン?線?キズ部分)は多分残る可能性が高いので、その事はお客様にキチンと説明し、ご了承していただき作業しました。(最終的にどうなるかはやってみないと分かりません)

↑線状に凹んでいるので、映りこんだライトがかなりズレています。

↑こっちの凹みは問題ありません。

↑作業の都合上ガラスも外しています。

リペアにかなり時間が掛かりました。

凹みの深い部分は少し残りますが、その部分を直すには鈑金塗装でパテ埋めして塗装するしかありません。

キズはこの後軽く磨くと少しですが、マシになりました。

シッカリとお客様に確認して頂きましたが、かなりご満足して頂けたようで、絶賛して頂けました。


アルファード右フロントフェンダーの凹み 二ヶ所

プレスライン上とその下の二ヶ所が凹んでいます。

フロントフェンダーの場合、凹んでいる場所にもよりますが、比較的問題無くリペア可能です。

今回の場合は、タイヤハウスの内側のカバーを外すだけでリペア出来ました。

↑リペア前

↑リペア後

お客様にもシッカリ確認して貰って、ご満足して頂けました。


ハイエース リアゲートのへこみ 2か所

小さめですが、深い凹みが2ヶ所あります。

内装を外して作業しました。

凹み自体は単純ですが、深さがあるので出来るだけ芯を残さないようにじっくりリペアして行きます。

黄色いテープの下が凹みのあったところです。

薄いキズがあったので、その部分は少しボケた様になっています。(コンパウンドで軽く磨きましたが、取れませんでした)

微妙なヒズミが残ったのですが、写真だと分かりにくいので動画で。

黄色のマスキングテープの5センチ程下、塗装のボケている部分が凹みだったところです。

凹みは殆ど分からないと思います。

当店のご利用は初めての業者様からのご依頼でしたが、絶賛して頂けました。


ハリアー 右フロントフェンダーのへこみ

プレスラインを大きく潰して、しかもパネルぎわから凹んでいます。

パネルぎわの赤丸部分は、ある程度凹みが残る可能性をお客様にご理解頂いてリペアしました。

↑リペア後

↓写真では分かり難いので動画で

↑後ろから

↑前から

バンパーのきわに少し凹みが残っています。

元の凹みが殆ど分からない様になったので、お客様には大変満足して頂けました!!

今回のような凹みの場合は作業してみないと、最終的にどうなるかが分からない事が多々あります。

極稀に何とも出来ない事もありますが、私が絶対無理と判断しない時はいつも何とかなっています。

完璧にと言われると殆どの場合お断りしますが、目立たなくなればと言って頂けるなら大抵の場合、どのお客様も満足して頂いてお帰りになられます。

出来る事には限界がありますが、一度ご連絡下さい。

お待ちしております!!

 

 


ハリアー 右フロントドアの深い凹み

かなり深く突いたような凹みで、中心部までライトが映り込まない位の凹みでした。

お客様には飛び石のような跡が残る事をご理解頂いてリペアしました。

内装を外して作業しました。

 

↑ドア内部です。

赤丸の中でポチっとした凸部が見えます。ここが凹み部分で裏からハッキリ見える場合はそれだけ凹みが深い証拠です。

お客様には凹みが残るとは言いましたが、出来る限り無くすように頑張りました。

ただ、

 

ほんの少しですが、やっぱり残ってしまいました。

全体的に見るとほとんど分かりません。

お客様は最初は分からないと仰っておられたので、残った部分を指摘してやっと分かって頂けました。

知らないとそうそう気付かない程度だったので、とても満足して頂けました。

 

 


プリウス 左フロントフェンダーの凹み

フロントバンパーからフェンダーアーチにかけて筋状に引きずった凹みです。カーブを曲がる時に擦ったようで、フェンダーアーチのところに嫌なクセが入っていました。

最悪ヘッドライトを外す事も考えましたが、取りあえずフェンダー内のインナーカバーを外して作業を始めました。

↑タイヤハウス内側からの写真

黄色い矢印のさらに奥が、バンパーに近い部分の凹みの裏側になります。奥に行くほど隙間が狭くツールが入らなくなって行きます。

それでも何とかツールを数種類使い分けてリペアしました。

線状にキズがあるのでキズ自体は塗装しないと直りませんが、お客様がキズはそのままで良いのでと仰っていただいたのでそのままです。リペアの前に、一応磨いて取れるところまでは磨いたのですが、キズが深く少し薄くなった程度です。(フェンダーアーチにも深いキズがありました。錆びが出るようなキズではありません)

お客様もご納得してお帰り頂けました!!

 

 


12345...