トヨタ

ハリアー 右フロントドアの凹み

ドア上部のカーブになっている部分が凹んでいます。

ヘコミの上に凹んだ時に出来た張れもあります。

内装を外さずに、ガラスの隙間から作業しようと思いましたが、凹みの裏側に鉄板が張り付いていてそのままではツールが入りませんでした。

赤丸部分に凹みがありました。

結局内装を外し、ガラスも外して作業しました。

こんな感じでツールを入れてリペアしました。

ライト(光)を入れた状態とそうでない状態。

どちらで見てもほとんど分からない仕上がりになりました!

 


プリウス 左右フロントドアの凹み

右のドア、基本的な凹み。

左のドア、2ヶ所並んだ凹み。凹みの後ろ側はアウターハンドルに隣接しています。

凹みが隣合わせで微妙に重なっている部分があり、前側の凹みは少し張れもあります。

右のドアは問題ありません。

左はアウターハンドルの部品が、リペアするのにツールが干渉するので、取り外して作業しました。

↑アウターハンドルのドア内部の部品。これが干渉するので、外しました。

黄色いテープの間が凹みの場所でした。

左のドア

微妙にヒズミが残りますが、ほぼ分からないレベルにはなったと思います。

どんな凹みも完璧にと言われると「無理です」と答えるしかありませんが、目立たなくと言って貰えると、何とかその範囲で出来る限りの事はさせて頂きます。

今回もお客様には満足して頂けました!!


RAV4 ルーフ他の凹み 雹害車

 

昨年の大阪であった雹害車で、今まで修理していなかった車両です。

全部を載せるとブログページの掲載容量を軽く越えてしまうので、ほんの一部です。

ルーフやピラー、ボンネット、ドア、フェンダー等々あちこち凹んでいました。

ルーフは当然内張りを外して作業しました。

凹みの数もかなりあり、他の場所も含めると時間が結構かかります。他の業者様やお客様の修理もあるので、5日~1週間程度お預りしての作業です。

ツールを何種類も使い分け、ライトの位置を少しずつ移動しながら、一つ一つ丁寧に直して行きます。

凹み自体のダメージは大したことはないのですが、数があるので根気のいる作業です。

同じ角度のカットで撮ることが難しいので、似た様な感じの動画になりますが、参考になればと思います。

 


50プリウス 右フロントフェンダーの凹み

フェンダーとドアパネルの境目から大きく凹んでいます。

綺麗に直すには鈑金塗装、もしくはパネル交換がお勧めです。

修理費用の事もあり、お客様と色々考え検討した結果、今回はデントリペアを選択して頂きました。

黄色で囲んだ部分は、塗装面が割れる、もしくは荒れる可能性が高いので、深追いはしないと言うことでリペアしました。

ライトを当てると小さな凹みが残っているのが分かります。

パネル自体もかなり伸びているので、一番見栄えの良い所で終了しました。。

ドアとフェンダーの境目部分に少し凹みが残ります。

普通に見る分には、ほぼ気にならないくらいにはなりました。

大きく凹んでいたのが、ほとんど目立たなくなったので、お客様には満足させて頂けました。

 

 

 

 

 


アルファード 左フロントドアの凹み

フロントドア、アウターハンドルの上が凹んでいます。

ここの穴からツールが入りそうに思えますが、実は届きません。

ガラスの隙間からもツールが入りそうに見えますが、微妙に届きにくい。また、ドアガラスのモールも痛める危険があるので、内装を外しました。

外してみると、デッドニングしてありました。

綺麗に施工してあるのですが、そのままではツールが入らないので、一部を外してリペアしました。

ここからならツールアクセスがバッチリです。

キズがあるので凹んでいた所が分かります。

この後コンパウンドで軽く磨くとほぼ分からなくなりました!

お客様にも満足して頂け、ホッとしたお仕事でした。


トヨタ ピクシスメガ 右フロントドア プレスラインの凹み

プレスライン上がガッツリ凹んでいます。

車名はトヨタですが、元はダイハツです。

ダイハツ車の場合この部分は大体裏側が袋状になっています。そのままではツールが入らないので、内張りを外し、ガラスも外します。

ガラスを外すと凹みにツールが届く穴があるので、そこからリペア出来ます。

凹みはほぼ消えましたが、当たった時の薄いキズが残りました。

このキズは磨いても消えない(消そうとするとクリア塗装が剥がれます)ので、そのままです。

思ったよりも良い仕上がりになりました!

 

 


カローラツーリング 右フロントドア プレスライン上の凹み

プレスライン上にかなり深い凹みが出来ています。

他店様で見てもらったところ凹みを見ただけで断られたそうです。数ヶ月モヤモヤした気持ちを抱えたまま過ごされて、今回当店にご相談いただきました。

今回は、プレスライン上でパネルの堅い部分が凹んでいるので、多少修理跡が残る事、

塗装が割れる可能性があること、

ヒズミが残る事、

ほぼ完全に分からない様になる事がご希望であるなら鈑金塗装の方が良い事など細かく説明しました。

お客様自身は塗装の変色、パテの跡が出る事の方が後々心配なので、それよりは「デントリペアを」と言うことでお引き受けしました。デントリペアのメリットを見てくださったのは嬉しいですね!

堅い部分の凹みなので、それなりに力をかける必要があります。内装を外してガラスも外して作業しました。

塗装が割れる事も承知して頂いていたので思いきってリペアに集中する事が出来ました。

ただ、一番深い部分は縦筋状に残ってしまいました。

もっと滑らかにリペア出来れば良いのですが、鉄板の性質状ある程度無理な部分が出てしまいます。

修理跡が良く分かる様にライトを入れて撮影していますが、普通に見るとそれほど目立つ仕上がりではありません。

鈑金塗装だと一部分のダメージの為にドア全体、特に色、肌、全体的な印象が変わってしまう事を凄く気にされていたので、とても満足して頂けました。

当店ではメリットの説明は良い事なので説明は省略しますが、デメリットはきちんとお伝えする事にしています。

その事をご了承していただいた上で、可能な限り精一杯の対応を心がけて作業しています。

デントリペアの作業はゼロか百ではなく、可能な限り百を目指す修理方法です。

作業途中でイレギュラーの起こりうる修理方法ですので、完璧、100%の完成をお望みのお客様にはお勧めしない様にしています。

お客様の納得のいく方法をご提案させて頂きたいと思っています。


ヴェルファイア 左フロントドアの凹み

極標準的な凹みです。

内装を外さなくても、ガラスの隙間から直せそうに見えます。が、ピンポイントで裏側に骨が入っているところでした。

赤丸の部分が凹みの場所です。

今でも希に「袋状の部分や、ビームの上は出来ないの?」と聞かれる事がありますが、内装を外せばほとんどの場合しっかり直せます。

プーリングより、プッシュツールの方がいろいろとメリットが多いので早く確実にリペア出来ます。

普通に見るとほぼ分からないと思いますが、へこんでいた所に注視すると少し深い部分が残っているのが分かると思います。

ここがへこんでいた事を知らない人なら、まず気づくことは無いと思います。

 

 


トヨタ ノアのリアゲートの凹み

バンパーも一緒に凹んでいますが、今回はゲートだけの修理です。

以前に同じ所にダメージがあったのか、鈑金跡がありました。

黒い点々が凹みを引き出す時に溶接した跡です。

パネル表側にもパテの跡が出ていました。ラッキーな事に今回の凹み修理には影響ありません。

ちなみに黒い部品はリアゲートのキャッチです。

凹みが結構広範囲なので時間がかかりましたが、何とかお客様に満足して頂けるくらいには戻せました。

キズの様に見える細かいのは、鈑金塗装した時のパテ跡です。


ランクル ボンネットの凹み

大きさはデントリペアにバッチリの凹みですが、

かなり深く凹んでいます。

写真では分かりにくいですが、塗装を削っていますので、塗装のキズは残ります。

ただ、ツールアクセスはバツグンなので、出来る限りで直しました。

凹みはほとんど分からなくなったと思います。

傷は当然残っていますが、ずいぶんと印象が違っていると思います。

 

 


12345...