トヨタ

エスクァイア ボンネットの凹み

映像では分からないと思いますが、ボンネット先のアール(湾曲)部分の上下で張れ上がりがあります。

お客様には微妙なヒズミが残る可能性があることを了承して頂いてリペアしました。

写真で見ると綺麗に直っています!!!

動画だと微妙に歪みが見えます。

余程良く見ないと分からない程度です。

お客様にはヒズミ等の部分を説明し、しっかり確認して頂きました。

それでも大変喜んで頂けたので、こちらとしても嬉しいかぎりです。

 


RAV4左リアドアのヘコミ

このくらいのヘコミならデントリペアでの修理が最適です。

デントリペアのメリットは鈑金塗装より安く直せるのが一番ですが、新車のオリジナル塗装のままを維持でき、塗装の肌や、パテやせなどの数年経ってからのトラブルも回避出来ます!!

ピンポイントの修理なら断然デントリペアの方が良いと思っています!(デメリットも当然ありますが適材適所です!!)

ただし今回はガラスの隙間からの作業は出来ませんでした。

凹み裏側に張り付けのブレスがありドア内部からの作業でないとリペア出来ませんでした。

この状態だとツールが楽に入るので、リペアが可能になります。

黄色いテープとテープの中間あたりが凹み部分です。

この状態だとまず凹んでいた事は分かりません。

ただ今回は塗装面に少しですがキズがあり、それだけは残ってしまいます。

錆びが出てくるキズではないのですが、塗装表面が少し削れています。

ボディ色のタッチアップで塗料をつけると変に目立ってしまうので、お客様にはそのままか、もし錆びが出るような気がするなら、クリアー塗料でのタッチアップを提案しました。透明なので目立ちません。

キズは残る事はリペア前に伝えていましたので、お客様には大変満足して頂けたようです!!

 

 


エスティマ 左リアフェンダーの大きなヘコミ

広範囲のヘコミです。

デントリペアの範疇からは大きく外れていますが、お客様からの要望で目立たなくなればという事でお引き受けしました。

とりあえず内装を外して作業開始です!

ライトを入れて細かいヒズミがよく見える様に撮っているのでハッキリ分かりますが、

普通に見るとほとんど分からなくなりました。

お客様にもこの状態をしっかり確認して頂いています。

結果として大変喜んで頂けました。

ほぼ半日がかかりましたが、お客さまの納得もいただけて、ホッとできたお仕事でした。

 

 


RAIZE ルーフのデント 多数あります。

全部で8ヶ所ありました。

猫かタヌキが乗ったのかも、とお客様は言っておられましたが、凹み自体が深く、プーリングでは凹みを小さく出来てもそれが限界で、分からなくする事は出来ないと判断しました。

車内側から内装を外して、プッシュツールでのリペアの必要があります。

内張りを外に出す必要はありませんが、全体を落とすまでにはバラす必要がありました。

カメラアングルが一定ではないので、分かりにくくてすいません。

凹みが深く、無理をすると塗装面が割れる恐れがあったので完璧にリペア出来たわけではありません。少し残った部分もありました。

それでも、凹んでいた場所を知っていて、その上でよく見ないと分からない程度には修復できました。

お客様には仕上がりをしっかりみてご確認頂き、ご満足いただけました。

今回はルーフの他にボンネットの凹みも一緒に作業しましたので余裕をもって丸々一日お預かりさせていただいています。ボンネットの方は写真を撮り忘れてしまいました。

 


ヴェルファイア 右フロントフェンダーの凹み

少し複雑な凹みです。

最近の車はボンネット側からもツールが入るので、比較的楽に作業出来るのですが、車種によっては下の様な部品がついているものも。

フェンダー内にあって、作業の邪魔になるので外しました。何のためについているのかは知りません。

よとく見てもらうと、大きく凹んでいる部分の上側、ライトが途切れているところにも小さな凹みがありました。

ボンネット側、タイヤハウス側の二ヶ所からツールを入れてじっくり作業しました。

思ったよりも歪みが残らずに仕上がりました。

業者様からのご依頼だったのですが、

これなら大丈夫!と太鼓判を頂けました。


ハイエース ボンネットのリペア

 

イビツな凹みの状態でご入庫です。

ボンネットを開けると、凹みの裏がそのまま手で触れることもあり、お客様が取り敢えず自分で直せるかもとやってみたそうです。

しかし、自分でリペアするのは無理だと判断されて、当店まで来られました。

これ以上触られないで正解です。

この状態でも数ヶ所、戻しきれない部分もあるのですが、この位ならまだ何とかなります。

↓別角度で。

お客様が押し上げられた時に、突き上げ過ぎていたところは、戻しきれないブツブツになっています。(専門用語ではアウティと言います)

ここは残ってしまいますが、全体的には何とか整える事が出来ました。

この様な仕上がりになってしまう事は、了承して頂いてリペアしています。

鈑金するつもりは、はじめから無かったと仰っておられたので、とても喜んで頂けました!

 

 


プリウスαの左フロントフェンダー プレステライン上の凹み

プレスラインの凹みで、一番代表的な感じです。

プレスライン上の凹みで、問題になるのが深さです。

深すぎると凹みが直りきらず、塗装が割れてしまうこともあるので、慎重にリペアする必要があります。

今回はそのギリギリ位ですが、何とかリペア出来ました。

ほんの少し、よく見てもらうと、出し切れなかった凹みが小さくあります。

離れて見ると全く分かりません。

へこみがあったと知らない人なら、見つけることは困難な位には仕上がったと思います。

お客様も最初は分からないと言われましたが、残った部分を示して、シッカリ確認して頂きました。

とても満足して頂ける結果となりました。

 


デントリペア以外も!ハイエースフロントバンパー交換

今回はデントリペアではありません。

バックしながらバンパーの左側をフェンスに引っかけてしまい、めくれ上がった様です。

↑ヘッドライトにも傷が((T_T))

部品だけで¥71,500(税別)もします。LED綺麗だけど高い。

相手のお店の方が、フェンスの賠償はしなくても良いと言って頂けた様です。

車両保険も入っておられたのですが、最低限で直した場合の修理代と、保険料が上がる分との差額を比べると、実費での修理の方が良いとの事で、バンパーフェイスと、その他割れた部品等だけの交換で修理する事になりました。

 

↑フォグランプの取り付けブラケット(左が破損部品、右端が90度に折れています 赤丸部分)

余談ですが、ハイエースの場合は照射角が調整できる様になっているんですね。(黄丸部分)

ヘッドライトも当たった時に、前方向に少し引っ張られてずれていた為、ライトも外して取り付け部を調整しました。

もちろん、ライトの照射角もテスターでキッチリ調整して完成です!!

大きな修正や塗装が必要な場合は、鈑金屋さんに出すのですが、今回は鈑金に出す程のダメージも無かったので、当店だけで対応出来ました。

「当てた(ToT)」とお客様からご連絡が来た時は凄く心配しましたが、誰も怪我も無く、「この程度ですんで良かった」とお客様から喜んで頂けました。

 

 


ヴェルファイア スライドドアの凹み

デントリペア向きの凹みです。

傷を見ると少しですが、横長に引きずったようです。

微妙な凹みですが、このくらいなら大丈夫です。

内装を外して、少しインナーハンドルも動かして作業です。

 

 


カローラスポーツのルーフの凹み

車両前方のルーフの凹みです。

少し深い凹みですがこの位なら十分デントリペアで修理可能です。

ただ、ルーフの場合は天井の内張りを外す必要があります。これの脱着作業が必ず必要になるので、時間が結構かかります。さらに脱着費用もかかるのでそれなりの金額になります。

内張りを外さず、引き出し作業でも出来ない事はないですが、仕上がりを重視するなら押し出し作業で直す必要があります。

↑分かりにくいですが、ルーフ裏側の写真です。

リアゲート側から。

↑左リアドア側から。

車の前方の凹みですが、

この車種は天井内張りは短かめで無理をすると

折れやシワが入るので全部外しました。

↑修理後

↑アップ

ほとんど分らなくなりました。ほぼ完璧!?

スッキリリペア出来たのでお客様も、私自身も満足出来るお仕事でした。