ホンダ

N-BOX リアゲートの大きな凹み(普通はパネル交換です)

 

今回はハッキリ言って綺麗には絶対無理で、出来るだけマシにする事だけを目的にお受けしました。

本当なら間違いなくパネル交換です。

が、お客様の熱意に負けて引き受けてしまいました。

ツールは問題無く入るのですが、素材が悪すぎます!!

何度も途中で諦めてお返ししよう!と思う心と、

少しでもお客様の期待に応えようと思う心とのせめぎあいです。

頭の中で、天使と悪魔が戦っていました。

大体、概ね全体的には出たと思います。

(細かい部分を指摘されるとツラいので、突っ込まないで下さい!)

お客様には最初の見積り時に、パネル交換、もしくは最低限でも鈑金塗装をオススメしていますが、通常の修理代にプラス、ディーラーオプションの黒いストライプのステッカーなど、費用面でかなりハードルが高い事は確かです。

何としてもデントリペアで可能な限りでの修理をと言われて、お断りしきれずに引き受けたわけですが、ご返却の際にはお客様からは物凄く感謝して頂けたので、こういう仕事もありかな?と思いました。

当店に来られるお客様は、完璧を求める方から目立たなければ良い方、予算に対する考え方、その車への思い入れもある方など様々です。

そのお客様にあった修理仕方を御提案していきたいと思います。

 

 


N-BOXカスタム ボンネットの横に長い凹み

                           

ホンダ車の場合はボンネットの先、前側はパネル裏側に補強のブレスが張り付いているので、リペア出来ないことが多々あるのですが、今回はボンネットでもリペア出来る場所でした!(ボンネット上面側は厳しいです)

実物で見ると少しですが、微妙なヒズミが残ります。

ほとんど分からない程度なので、お客様には絶賛して頂けました。

今回のようなパールホワイトやシルバーの車は、鈑金塗装で直すと色の差や、修理金額、預ける日数など色々な問題がでます。

デントリペアなら再塗装をしないので色が違う、コーティングが無くなるということは一切ありません!!!

鈑金塗装と違い、凹みの場所や凹み具合によっては直せないものもありますが、適材適所での使い分けが大事だと思います。

当店では長所よりも短所の方を説明する事が多いですが、「デントリペアでの修理の利点、欠点」を十分にご理解して頂いて作業するように心がけていす。

仕上がりのご希望はお客様それぞれありますので、それに合わせた修理方法をご提案するようにしています。

 

 


フリード 右スライドドア プレスラインの凹み

プレスライン上にかなり深い凹みが出来ています。

ここまで凹んでいると、完全に綺麗にリペアするのは無理ですが、目立たなくする事なら可能です。

その辺りの説明をして納得して頂けたので作業する事になりました。

しっかり見て頂こうと思ったのですが、動画で撮るのを忘れてました!

実際には前後方向から透かして見るとうっすらと薄い凹みが残っています。

凹み部分をドア正面から見ると凹みは全くわからないのですが、お客様にはしっかりと残っている凹みが見える様に、説明して確認して頂きました。

結果はご満足して頂けたようで

笑顔で帰って頂けました。

こちらとしても、戻せる限界まではやりきっていたので、ホッとしました。

 

 


N-BOXリアゲートの大きな凹み?

ハッキリ言って綺麗に直すならパネル交換?くらいの凹みです。

凹みの直らない所、歪み、リアゲート下部のパネルぎわの折れている所等々、

お客様には鈑金塗装を強くお勧めしたのですが、目立たなくなれば良い!

との事でお引き受けしました。

とても綺麗に なりました。

パッと見は。

実際はこんな感じです。

ボディ色が白なので、ライトを入れずに見るとあまり目立たないのですが。

ぶっ通しでほぼ1日掛かりました。

それでもお客様にはとても満足して頂けたようで、笑顔でお帰りになられたので、私としても安心出来ました。

基本的にはここまでの凹みの場合はお断りするのですが、お客様の熱意に負けた場合はお引き受けします。

ただし、仕上がりは完全にお任せコースになります。


フィット 右リアドアの凹み 2ヶ所

基本的なデントです。

内装等の脱着無しで、ガラスの隙間からリペア出来ます。

凹み自体も問題なく、ツールアクセスもバッチリです。

↑凹み後側

↑凹み前側

どちらもほとんど完璧?な出来上がりです。

凹みがあった事を知っていても、まず分からない位に修理出来ました!!

当店に来られる前にディーラーで修理の見積もりを取ると、鈑金塗装でなかなかいいお値段だったらしいので、尚更満足して頂けた様です。

凹みにもよりますが、鈑金塗装の前に一度ご相談ください。

 


N-BOX右スライドドアの凹み

クセの入ったパネルのきわに出来た凹み。

ヒズミが残る場合が多いので、嫌な感じの凹みです。

現行のN-BOXの場合は、この部分に凹みが出来てしまうと、裏側にブレスがあるためツールが入らない場合があります。

今回もご多分にもれず入りませんでした。

 内装に加え、モジュールパネルも外して作業しました。

↑モジュールパネルです。現行型の場合、これを外さないとリペア出来ない事があります。

出来れば外したくはないのですが、今回はツールが入らないので外しました。

↑レールカバーも外してワイヤーも取ります。

最終的にはこんな感じです。

凹みはなくなったのですが、少し塗装肌の荒い仕上がりになりました。

今回は業者様からのご依頼だったのですが 、

お客様にとても満足して頂けたと

後で連絡がありました。

微妙な仕上がりだったので、ホッとしました。


N-VANリアゲート上部の凹み

リアゲート上面に深く大きな凹みが出来てしまっています。

リアゲートのガラスより上部に凹みが出来てしまった場合は、直そうとしてもツールが入る穴等がどの車種もほとんどありません。

その為リペアするには押し出しではなく、引っ張りで直すのですが、ここまで凹んでいると凹みが深すぎる為、凹みを小さくする事はできますが、そこまでが限界で直したとは言えない仕上がりになります。

キズがある場合は塗装が剥がれる可能性も高くなります。

そこで今回はお客様と相談した上で、リアゲートを外して直すことにしました。

筋状に少し凹みが残ってしまいますが、この位には修復出来ました。

ツールが入る所がボルト穴部分しかなく、入るツールも限られていた為これが限界です。

塗装表面にキズ(磨いてはみたのですが、塗装にダメージがあるため取れませんでした。作業前にお客様とは確認済みです)が残ってしまいますが、凹みがほとんど無くなったので、お客様には満足して頂けました。

 

 


当店中古車 ホンダフィット セルモーター交換

 

中古車!

と言っても、息子の車です。

今年就職で車が必要!との事で急遽調達。

安く仕入れたのですが、やはり問題が….

購入時、真っ直ぐ走らず!!

当初足廻りにダメージが?

と思ったのですが、原因はタイヤでした。

よく見ると左右タイヤが銘柄違いで残っている溝もバラバラ。後輪は揃っていたので、入れ替えて走ると正常になりました。

そして、更に、エンジンの冷えている時にセルモーターから音なりが….。

調べてみるとこの車種、セルモーター、点火コイル、フロントハブベアリングに故障が出る事が多いとか….。

仕方ないのでセルモーターはリビルトで交換!

↑左がリビルト

赤丸部分がセルモーターです。

セルモーターはネットでも探したのですが、問い合わせると、結構怪しい物(リビルトとは言っているものの、中古品を磨いただけものかも?)が多かったので、結局、少し前にお世話になった信頼出来る電機屋さんから購入しました。

値段はネットよりも高くなりましたが、

後々のトラブルを考えると物凄く安心です。

外せばこの通り。ここにセルモーターが入ります。

モーター自体はボルト2本で止まっていて、あとは配線を外すだけ。(ボルト2本と配線を外すまでが大変です)

同じフィットでもこの車種は楽な方です。ガソリン車ですが。

無事登録完了です。

勿論万が一の為にドラレコはがっちり付けました!!

前後カメラ+室内カメラ(廻りの状況把握用です。少し古い物ですが余っていたので)

取りあえずこの車で練習して、

早く上手になって貰えたらと願います。

 


オデッセイ 左リアドアの凹み

通常の丸い凹みに見えますが、よく見ると前後方向に少しですが、引きずった様な凹みです。

多分、隣に止まった車のドアが当たったものかな?と思われます。

チョッピリ楕円形です。引きずった凹みの特徴です。

当初、ドアガラスも外した方が良いか?とも思ったのですが、今回はそこまでしなくてもツールが何とか思う様に入ったので、内張りを外すだけでリペア出来ました。

こんな感じです。

遠目では全く分かりません。

 

アップで見るとほんのすこしですが、ポチッと跡が残っています。

お客様からは、

「本当によ~く見ないと分からない」

「ここに凹みがあったと知らないとまず気付かない」とお褒めの言葉を頂けました!!

 


フリード リアゲートの凹み2ヶ所

大きさはデントリペアで十分対応可能です!

しかし、どちらも鋭く凹んでいます。

少し修理跡のこるかも?

内装を外して、ツールを入れるため、リアゲートのキャッチも外しました。

パネルが凹み部分で伸びすぎているため、少し張れ気味に仕上げています。ここを張れが出ない様にしようとすると、全体的に大きく凹んで見えるので、この仕上げで納める事にしました。

こちらはプレスライン上だったのですが、凹み方が良かったのか、当初の想像ではうっすらと凹みが残る位かと思いましたが、その心配はなくかなり良い仕上がりになりました!!

どちらの凹みも(一枚目の写真のへこみは、少し跡が残りましたが)お客様には大変喜んで頂けるお仕事になりました。

 

 


1234