横長・縦長の凹み

N-BOXカスタム ボンネットの横に長い凹み

                           

ホンダ車の場合はボンネットの先、前側はパネル裏側に補強のブレスが張り付いているので、リペア出来ないことが多々あるのですが、今回はボンネットでもリペア出来る場所でした!(ボンネット上面側は厳しいです)

実物で見ると少しですが、微妙なヒズミが残ります。

ほとんど分からない程度なので、お客様には絶賛して頂けました。

今回のようなパールホワイトやシルバーの車は、鈑金塗装で直すと色の差や、修理金額、預ける日数など色々な問題がでます。

デントリペアなら再塗装をしないので色が違う、コーティングが無くなるということは一切ありません!!!

鈑金塗装と違い、凹みの場所や凹み具合によっては直せないものもありますが、適材適所での使い分けが大事だと思います。

当店では長所よりも短所の方を説明する事が多いですが、「デントリペアでの修理の利点、欠点」を十分にご理解して頂いて作業するように心がけていす。

仕上がりのご希望はお客様それぞれありますので、それに合わせた修理方法をご提案するようにしています。

 

 


エスティマ 左リアフェンダーの大きなヘコミ

広範囲のヘコミです。

デントリペアの範疇からは大きく外れていますが、お客様からの要望で目立たなくなればという事でお引き受けしました。

とりあえず内装を外して作業開始です!

ライトを入れて細かいヒズミがよく見える様に撮っているのでハッキリ分かりますが、

普通に見るとほとんど分からなくなりました。

お客様にもこの状態をしっかり確認して頂いています。

結果として大変喜んで頂けました。

ほぼ半日がかかりましたが、お客さまの納得もいただけて、ホッとできたお仕事でした。

 

 


BMW F10 左リアドアのヘコミ

斜めに擦ったような凹みです。

凹みがドア前方、しかも下方の位置にあるので内装を外して作業しました。

シートが貼ってあるので部分的に剥がしてリペアしました。

思ったよりもクセのある凹みだったので、少しですがユガミが残りましたが、ここに凹みがあったことを知らない人から見れば、まず分からないと思います。

お客様にはキチン確認して頂き、喜んでお帰り頂けました。

 


BMW ボンネットの凸、突き出した逆デント

 

凹みではなくエンジンルーム内側から突き出しています。

凹みではなく凸ですが、裏返せば凹みになります。

今回の様な場合は、突き出した部分を叩き落としてから、凹みにしてリペアしていきます。

↑凹みになりました。

かなり鋭利に突き上げていて、しかも筋状になっていたので完全に元に戻すこと出来ませんが、

リペアしたと知らなければ、ほとんど分からないくらいには出来たと思います。

お客様にも満足して頂くことが出来ました。

 


N-BOXリアゲートの大きな凹み?

ハッキリ言って綺麗に直すならパネル交換?くらいの凹みです。

凹みの直らない所、歪み、リアゲート下部のパネルぎわの折れている所等々、

お客様には鈑金塗装を強くお勧めしたのですが、目立たなくなれば良い!

との事でお引き受けしました。

とても綺麗に なりました。

パッと見は。

実際はこんな感じです。

ボディ色が白なので、ライトを入れずに見るとあまり目立たないのですが。

ぶっ通しでほぼ1日掛かりました。

それでもお客様にはとても満足して頂けたようで、笑顔でお帰りになられたので、私としても安心出来ました。

基本的にはここまでの凹みの場合はお断りするのですが、お客様の熱意に負けた場合はお引き受けします。

ただし、仕上がりは完全にお任せコースになります。


ボルボV70 左フロント、リアドアにまたがった凹み

以前にリペアさせて頂いたお客様からのご依頼です。

左が前ドア、右が後ろドア

写真は上から下へ見下ろしたものです。

別々に凹んだのではなく、巻き込んだ?

もしくは引きずった凹みです。

凹みの場所が悪いのと、パネルぎわが折れています。

「お客様から目立たなくなれば」とのことでしたのでお引き受けしました。

↑フロントドア内部。アウターハンドル、とキャッチ部分がパネルごと取れます。

↑リアドアはパネルだけで取れます。

ただ、どちらもドアビーム?のそばで、ツールが入りにくい場所でした。

パネルを外して見て初めて分かる感じです。

と言うか、外さないと作業出来ません。

この状態ならリペア出来ます。

パネルぎわが少し残ります。

↑上下から見た感じです。

↑前後から見た感じです。

凹みが深いのと場所が少し悪いのと、パネルぎわが折れている為ここらへんが限界です。

リアドアにどうしてもゆがみが残ってしまいました。

この後パワーウィンドゥのオート動作の復帰が、日本車と少し違っていて、ボルボで教えて頂きました。

お客様にしっかり確認して頂きましたが、とても喜んで頂けてホッとしました。

 

 

 

 


デリカD-5 右フロントドア 横長の凹み

凹みの前方は深く、後に行くほど浅くなって引き摺っています。

深い部分にはキズがあったので、

お客様にはデントリペアではキズは直せない事と、

前方部分の凹みは深いので、

少し凹みが残る可能性がある事とを、

了承して頂いて作業しました。

 

↑ダメージは大きかったのですが、思ったよりも出てくれました。

多少、粗い部分も残りますが、お客様には大変満足して頂けました!!

 

残ってしまったキズですが、、

これを直そうとすると塗装屋さんにお願いするか、

筆でタッチアップするかになります。

筆塗りの場合どうやっても色が合うことはほぼ無いので、当店では錆びが気になる場合は、透明のクリアーでタッチアップする事をお勧めしています。

あまり目立たずに、錆び止めとしては有効だと思います。

ちなみに、今回のキズは下地まで届いていないので、錆びることはありません。


エブリィバン 右リアフェンダーの凹み

 

広範囲の凹みです。

お客様には完全に綺麗に直すなら、鈑金塗装での修理が良いとお勧めしたのですが、費用の事もあるので何とかデントリペアで直して欲しいとお願いされて、お引き受けする事にしました。

車内のパネルを外せばツールは容易に入ります。

凹みの深い部分、凹んだ時に突き出してしまっている部分など複雑に絡み合っています。

部分、部分で凹みが深く、パネルが伸びきっている所があるので微妙な歪みが残りますが、

お客様は、ここまで直るとは思ってなかった!

と、とても喜んで頂けました。

作業前に、パネルの後端部分と突き出した部分は、綺麗には直らない事は伝えていたのですが、

仕上がりは最後までやってみないと分からないので、

「仕上がりはお任せで!」と言うことでお引き受けしたのですが、満足して頂けたのでホッとしました。

 


セレナ リアゲート大きな凹み

坂道の登りで下がってしまい、電柱にゆっくりですがぶつかってしまったらしいです。

通常ならパネル交換だと思います。

お客様にはデントリペアで直しても綺麗に元の様に修理する事は無理なので、鈑金塗装もしくはパネル交換での修理が必要だとご説明しました。

しかし年数も経っているので修理に大きな金額をかけたくないとの事で、出来る限りで良いのでというご希望でリペアする事になりました。

細かい部分まではなかなか難しいですが、全体的には整えることは出来ました。

見積もり時にはご夫婦で来られたのですが、リペア当日は奥様だけのご来店でした。奥様にはご満足して頂けたのですが、ご主人様とは一緒に最終確認をしてもらっていませんでした。作業に納得いただけたか少し心配していましたが、後日ご主人様からわざわざご連絡頂き、お褒めの言葉を頂けたのでホッとしました。

↑パネルぎわが曲がって折れ、塗装も割れがありました。

↑塗装面はそのまま残ってしまいますが、タッチアップペイントで塗って錆止めしました。

バンパーも元通りとはならないですが、ある程度修正しています。


レガシィ 左フロントドアの凹み

縦長の凹みで、典型的なドアチョップの凹みです。

大きさはリペアするのに問題はないのですが、少し深めです。

最終的に縦筋の凹みが残ってしまう可能性があったので、お客様にはその事を伝えて、了承頂いて作業しました。

写真で見て頂くとほぼ完璧です。

が…..

動画で見て頂くと縦筋が残っています。

凹みが深すぎた為、これ以上凹みを押し出すと元の高さより出過ぎてしまうため、ここで終了です。

確認用でライトで照らして、残ったところが一番良く見えるように撮影しています。

普通に見る限りでは、場所を示して、ここです!!

と言わない限りは、ほぼ見つけられない仕上がりにはなったと思います。

お客様にも、残ったところをシッカリ確認して頂いてたうえで、絶賛頂けました!!!

 


1234