横長・縦長の凹み

エブリィバン 右リアフェンダーの凹み

 

広範囲の凹みです。

お客様には完全に綺麗に直すなら、鈑金塗装での修理が良いとお勧めしたのですが、費用の事もあるので何とかデントリペアで直して欲しいとお願いされて、お引き受けする事にしました。

車内のパネルを外せばツールは容易に入ります。

凹みの深い部分、凹んだ時に突き出してしまっている部分など複雑に絡み合っています。

部分、部分で凹みが深く、パネルが伸びきっている所があるので微妙な歪みが残りますが、

お客様は、ここまで直るとは思ってなかった!

と、とても喜んで頂けました。

作業前に、パネルの後端部分と突き出した部分は、綺麗には直らない事は伝えていたのですが、

仕上がりは最後までやってみないと分からないので、

「仕上がりはお任せで!」と言うことでお引き受けしたのですが、満足して頂けたのでホッとしました。

 


セレナ リアゲート大きな凹み

坂道の登りで下がってしまい、電柱にゆっくりですがぶつかってしまったらしいです。

通常ならパネル交換だと思います。

お客様にはデントリペアで直しても綺麗に元の様に修理する事は無理なので、鈑金塗装もしくはパネル交換での修理が必要だとご説明しました。

しかし年数も経っているので修理に大きな金額をかけたくないとの事で、出来る限りで良いのでというご希望でリペアする事になりました。

細かい部分まではなかなか難しいですが、全体的には整えることは出来ました。

見積もり時にはご夫婦で来られたのですが、リペア当日は奥様だけのご来店でした。奥様にはご満足して頂けたのですが、ご主人様とは一緒に最終確認をしてもらっていませんでした。作業に納得いただけたか少し心配していましたが、後日ご主人様からわざわざご連絡頂き、お褒めの言葉を頂けたのでホッとしました。

↑パネルぎわが曲がって折れ、塗装も割れがありました。

↑塗装面はそのまま残ってしまいますが、タッチアップペイントで塗って錆止めしました。

バンパーも元通りとはならないですが、ある程度修正しています。


レガシィ 左フロントドアの凹み

縦長の凹みで、典型的なドアチョップの凹みです。

大きさはリペアするのに問題はないのですが、少し深めです。

最終的に縦筋の凹みが残ってしまう可能性があったので、お客様にはその事を伝えて、了承頂いて作業しました。

写真で見て頂くとほぼ完璧です。

が…..

動画で見て頂くと縦筋が残っています。

凹みが深すぎた為、これ以上凹みを押し出すと元の高さより出過ぎてしまうため、ここで終了です。

確認用でライトで照らして、残ったところが一番良く見えるように撮影しています。

普通に見る限りでは、場所を示して、ここです!!

と言わない限りは、ほぼ見つけられない仕上がりにはなったと思います。

お客様にも、残ったところをシッカリ確認して頂いてたうえで、絶賛頂けました!!!

 


オデッセイ 左リアドアの凹み

通常の丸い凹みに見えますが、よく見ると前後方向に少しですが、引きずった様な凹みです。

多分、隣に止まった車のドアが当たったものかな?と思われます。

チョッピリ楕円形です。引きずった凹みの特徴です。

当初、ドアガラスも外した方が良いか?とも思ったのですが、今回はそこまでしなくてもツールが何とか思う様に入ったので、内張りを外すだけでリペア出来ました。

こんな感じです。

遠目では全く分かりません。

 

アップで見るとほんのすこしですが、ポチッと跡が残っています。

お客様からは、

「本当によ~く見ないと分からない」

「ここに凹みがあったと知らないとまず気付かない」とお褒めの言葉を頂けました!!

 


N-VAN再び!!!

今年6月に投稿したN-VANが再度ご入庫です。

穴の廻りのガムテープは、雨が入らないように、お客様が養生されていたものです。

前回と同じくアンテナを引っかけてしまわれたようで、今回はアンテナも完全に抜けてしまったようです。

前回すでにパネルが伸びきってしまっていたので、今回はアンテナの穴の廻りが裂けていました。

今回の修正作業の過程で、アンテナで覆われる範囲を越えてパネルが裂けてしまうと、雨漏りしてしまいます。そして見るからに修理したことが分かってしまう為、そうならないように前回以上に慎重にリペアする必要がありました。

またまた、リアゲートを外してリペアです。

アンテナの配線の片側は、引っかけた際に千切れてしまったようです。

完璧!!に直った様に見えますが….

写真でのマジックです。

↑過去のダメージもあり、凹みの廻りにクセが付いてしまっているので、少し見苦しい所が残ってしまいます。

少し張れ気味になってしまいますが、全体的にはあまり違和感無く仕上がったので、お客様にはかなり喜んで頂けました。

雨漏れ対策もキッチリやっていますので、問題無しです!!(今回バラした時も、前回の修理での雨漏りは一切ありませんでした)

本来なら動画で載せたいのですが、撮るのを忘れました。

今回は3日程お預かりしました。


ヴェルファイア スライドドアの凹み

デントリペア向きの凹みです。

傷を見ると少しですが、横長に引きずったようです。

微妙な凹みですが、このくらいなら大丈夫です。

内装を外して、少しインナーハンドルも動かして作業です。

 

 


N-BOX左スライドドアの凹み

少し横長の凹みです。

当初は内装を外しての作業かと思われたのですが、硝子の隙間からツールを入れて作業出来る場所だったので、短時間でリペアする事ができました。

この車種は現行N-BOX(2019年現在)は、内装を外してもモジュールパネルという部品が入っているので、ツールを入れる為のサービスホールがほぼありません。

その為パネルの脱着が必要になり、その料金もかかるのですが、今回はそのまま作業出来たので余分な料金が掛からずリペア出来ました。

塗装面の薄い傷は残りますが、凹みはほぼ完璧?に直りました。

今回は鈑金屋さんからのご依頼だったのですが、文句無しの仕上がりでご満足頂けました!

最近の軽は構造が多種多様になって来て、内装を外したらスグにリペア!とは行かないものもあります。

初めて触る車種の場合は戸惑う事もありますが、国産車ならメーカーごとのクセ?も把握できていますのでそれなりにこなして行けてます。

この車種のスライドドア内部は2018年の11月の当店のブログを参考にして下さい。

 

 

 


ルノー 天井の凹み

ルーフなので天井の内張りを外す必要があるのですが、この車種は外した事がないので、少しずつ探りながら作業して行きます。シートベルトと、リアゲート側の差し込みのピンに少し悩まされましたが、ここまで来ればあとはいつも通りなので安心です!

凹みの部分に傷があったのですが、磨けば取れる程度だったので、綺麗にリペア出来ました!!

テープとテープの間が凹んでいた部分です。

白い傷が残っていますが、凹みは綺麗に無くなりました!

リペア後内装を元通りに組み付け完了です。

国産車でも輸入車でも、初めて触る車種の脱着作業は悩みます。

いろいろ調べるのですが、そこから先が知りたいのに!!って所で中々出て来ません。

でも余程な場合以外は何とかなっています。


インプレッサ 右リアドア引きずりの凹み

 

40〜50センチ程の横長の凹みです。

これは完璧にはリペア出来ません。

凹みが出来た時の引きずった深い筋状の所は消す事が出来ませんが、お客様とよくご相談した結果、目立たなくなればと言う事でお引受けしました。

今回は他の画像を撮り忘れ、これしかありません。

横長の凹みを直す場合、一点で出来た凹みを直すよりも難しくなり、時間もかかります。ライトの位置や角度の調整など工夫してすすめます。

今回はパネルぎわも損傷していた為、時間の割に完成度が低くなりましたが、お客様にはとても満足して頂けたました。

 


ワゴンR 左フロントドアの凹み

凹みの大きさだけは十分デントリペア向きですが、パネルのキワが折れ、しかも深い凹みです。短いですが横長の凹みでもあります。

パネルのキワの折れと、凹みの中心部の深すぎる部分は消せませんが、目立たなくする事は十分に可能なのでリペアをご依頼頂きました。

上の動画がリペア後です。

黄色と白のライトの映り込みが、凹みがあった後側で少し伸びるのが分かると思います。

ここが折れ部分です。

その前に小さく凹みも残っていますが、ここが限界です。

よく見て頂くと、凹みがあった場所に1.5センチ程の横長の凹み残っているのが見えます。

これも消せればほぼ完璧なのですが、鉄板が伸び過ぎているのでこれ以上の仕上りにするには、鈑金塗装でパテ埋めするしか方法がありません。

お客様には、この様になる事は時前に十分説明して、ご理解頂いた上で作業しています。

そこまで費用を掛けて直すつもりは無いとの事でしたので、十分満足して頂けた様です。

 

 


123