横長・縦長の凹み

インプレッサ 左フロントドアの複雑な凹み

 

上部のプレスラインからパネル下部まで

しっかりドアチョップの跡です。

かなり酷くやられています。

ガラスも外して、根性入れてリペアです。

キッチリ綺麗に直らない事はご了承済みです。

かなり時間が掛かりましたが、このくらいが限界です。

所々微妙な歪みが残りますが、お客さまにはシッカリ確認して頂いて、ご満足して頂けました!!

かなり無理な体制をとってリペアしたので、少し持病の腰痛が…..。

頑張ります!!!

 

 


クラウンのルーフ修理

ルーフの後ろ側、リアガラスの境目から凹んでいます。

ルーフライニング(天井の内張り)を外すと、別途費用が掛かります。外すのが面倒なら、プーリングでリペアといきたい所ですが、流石に凹みが深く、筋状にキズもあるのでプーリングでの修理は出来ません。

プーリングの方が逆に時間が掛かる上に、凹みもそこまで出ず、しかもキズがあるので、塗装が剥がれる可能性も高い!

リスクだらけです。

なら外す方法がベストです!!

↑という事で

赤丸部分位が凹んでいる部分です。

↑左リアの三角ガラス部分の内張りを外した所

↑後部座席の背もたれも外しました。

ルーフライニングを外すだけなら取らなくてもいいのですが、組み付けの時に後々面倒になるので。

 

深く塗装が削れてキズになっているので、それはデントリペアでは直らない事は承知して頂いています。

パッと見た感じキズは残っていますが、凹みは限界まで出しました!

ライトを点けているので、ハッキリとキズが見えますが、ライトを消して普通に見るとほとんど分かりません。

錆びがくる事もないキズだっので、そのままにしました。深いのでコンパウンドで磨いても消えませんが、タッチアップで塗ってしまうと、それが目に付いて気になってしまう。そんなキズです。

 

この仕上がりが良いか悪いかは個人の判断にお任せするしかない所ですが、今回のお客さまには思った以上に凹みがなくなっていたと、とてもお喜び頂けました。


インプレッサ左フロントフェンダーの凹み

 

前から後ろ方向に、上下2本筋状に凹んでいます。

上の凹みは更に塗装にキズも残っています。

筋状の深い凹み部分が少し残ることを、ご了承して頂いてリペアしました。

フロントフェンダーなので、内側のフェンダーカバーを外すとツールアクセスは良いのですが、リペアするのに目線を合わすのに多少ですが苦労しました。

確認用にライトを映し込んでいるので、凹みの残りが分かって貰えると思います。

上の凹みのキズは、軽く磨いて見ましたがとれませんでした。

ライト無しで見る分には、ほとんど気にならないと思います。

業者様からのご依頼でしたが、バッチリOKを頂けました。

 


カムリ 右リアドアの凹み?!

ドアパネルの上から下まで、かなり酷く凹んで?います。(凹みではありますが、デントリペアの範疇ではありません。通常はほとんど断られます)

特にドア上部のプレスラインが酷く凹んでいるのと、下部は凹みに加え、張れも出来ています。

ここまで凹むと修理を依頼するお店によっては、ドア交換も視野に入れての修理を勧められる場合もあります。(お客様はパネル交換と言われたみたいです)

⬆️  私自身も赤丸部分の二ヶ所だけなら、自信を持って直せます!!

その上下に関しては作業してみないと、どうなるかは分からないのでお客様には「基本お任せで!」と言う事でリペアしました。

最悪の場合はほとんど現状と変わらない場合もありますとお伝えしています。

取りあえず内装を外して、プレスラインの上部はかなりの力をかけて作業する必要があるので、ガラスも外しました。

ガラスを外すとそれなりのツールが入るのと、リペアしやすくなるので、あとは全力で黙々と作業するのみです!

↑上の凹み(リペア後)

↑下の凹み(リペア後)

上の凹みに関してはこれ以上凹みが上がって来ないのと、塗装面が完全に割れると判断したのとの両方の理由でここまでです。

下の凹みに関しては、凹みの裏にドアビームがあって、凹んだ時にパネルにデントリペアでは消せないクセが入っているためです。

これ以上は鈑金塗装になります。

ただ、全体的にはほぼ分からなくなったので、満足して頂けたようです。

時間はかなり掛かりましたが、お客様に喜んで頂けたので良かったです。

どこまで仕上げるかは作業者自身の技術が一番大事ですが、それ以上にやる気と根気が全てです。


ミニ 右フロントドアエッジの凹み

ドアを開けた時にぶつけみたいです。

エッジ部分はデントリペアではキッチリ修復するのは無理ですが、鈑金塗装だと結構高額になるので、ある程度分からなくなればと、当店でのリペアを依頼して頂きました。

取り敢えずこのままではリペア出来ませんので、内装を外して作業です。

ドア内側の画像です。赤丸部分の中心当たりに逆のくの字に凹こんでいるのが、分かると思います。(拡大して見て下さい。

凹みを裏側から見て分かる時は、かなり深く凹んでいる証拠です。

パネルの会わせ目部分のダメージが大きいので完全に分からなくは無理ですが、目立たなくはなりました。

↑ 一番残った凹みが分かりやすい様にライトを映し込んでの写真です。

白く塗装の欠けが残っています。

↑ ライトを外して普通に見る分にはほぼ気にならない程度には出来ました。

お客様には、残った部分に関しては分かっていたことなのでと言って頂き、絶賛して頂けました。


ウィッシュの左フロントドアの凹み

ドアの前から後ろ方向に筋状に大きく凹んでいます。

凹み全体はある程度戻せますが、凹み中心部にあたる筋(ライン?線?キズ部分)は多分残る可能性が高いので、その事はお客様にキチンと説明し、ご了承していただき作業しました。(最終的にどうなるかはやってみないと分かりません)

↑線状に凹んでいるので、映りこんだライトがかなりズレています。

↑こっちの凹みは問題ありません。

↑作業の都合上ガラスも外しています。

リペアにかなり時間が掛かりました。

凹みの深い部分は少し残りますが、その部分を直すには鈑金塗装でパテ埋めして塗装するしかありません。

キズはこの後軽く磨くと少しですが、マシになりました。

シッカリとお客様に確認して頂きましたが、かなりご満足して頂けたようで、絶賛して頂けました。


フリードリアゲートの横長の凹み

リアゲートの下部に横長の凹みです。

止めている時に、バックで他車に当てられたようです。

リペア前の写真撮り忘れたました。

↑こんな感じに凹んでいました。

一枚目、二枚目の写真で写っているのは凹み裏側に骨があり、そのせいで貼れ上がっている部分です。

↑リアゲートの裏側

↑凹みがあった部分。

外から押されて骨部分が沈んで曲がってしまった分、浮きが出来ています。

パネル自体の強度等には問題ありません。

殆ど分からないレベルになりました。

業者様からのご依頼でしたが、大変ご満足して頂けたようです。

ここが凹んでいたと知っていたならば、じっくり角度を変えて違和感をさがすのですが、そこまでしないとまず見つけられないと思います。

今回のような凹みは度々ありますが、毎回ここまでリペア出来るとは限らないので、その都度現車を確認してから作業しています。

 

 


ワゴンRスティングレー 左前後ドアのへこみ

左側前後ドアです。

ただの丸い凹みに見えますが、メインの凹みから前ドア方向にヒズミが出ています。

この部分も直さないと大きな薄い凹みが残ってしまいます。ただ、この部分はドアのヒンジの近くなので場合によってはツールが入らない可能性があります。

お客様には大きな薄い凹みが残ってしまう事も、ご了承して頂いてリペアしました。 

ツールは辛うじて入りますが、薄いツールしか入らず場合よってはツールが噛みこむ恐れもあります。

ツールが噛みこむとちょっと厄介な事になるので、慎重にリペアしました。

ちなみにここにツールを入れる為にリアドアのガラスは外しています。

前ドアについてはバッチリ!

リアドアについても思ったよりツールが入ってくれたおかげで、完璧!!とは言いませんが、ほとんど分からなくなったと思います。

お客様も仕上がりを確認して頂いて、絶賛して頂けました。

 


プリウス 左フロントフェンダーの凹み

フロントバンパーからフェンダーアーチにかけて筋状に引きずった凹みです。カーブを曲がる時に擦ったようで、フェンダーアーチのところに嫌なクセが入っていました。

最悪ヘッドライトを外す事も考えましたが、取りあえずフェンダー内のインナーカバーを外して作業を始めました。

↑タイヤハウス内側からの写真

黄色い矢印のさらに奥が、バンパーに近い部分の凹みの裏側になります。奥に行くほど隙間が狭くツールが入らなくなって行きます。

それでも何とかツールを数種類使い分けてリペアしました。

線状にキズがあるのでキズ自体は塗装しないと直りませんが、お客様がキズはそのままで良いのでと仰っていただいたのでそのままです。リペアの前に、一応磨いて取れるところまでは磨いたのですが、キズが深く少し薄くなった程度です。(フェンダーアーチにも深いキズがありました。錆びが出るようなキズではありません)

お客様もご納得してお帰り頂けました!!

 

 


セレナ 右スライドドアのデントリペア

少し深い凹みです。

今回は凹み位置が良いので、ガラスの隙間からリペアしました。

ガラスをキズつけないように、シートを入れて作業です。

凹み下側のプレスラインが少し潰れているので、そこも出す必要があります。

プレスラインはシッカリ出てくれたのですが、凹み中心、一番深い縦筋状の部分が残りました。

写真で見ても縦筋に残っているのが分かります。

この筋も凹んでいるのですが、これ以上出そうとしても、パネルが膨らむだけで、張れ上がって見えるので

この状態が一番違和感なく見えるので、ここで終了にしました。

時々、「もう少しやればもっと良くなるの?」

と聞かれる事がありますが、時間を掛ければ良くなるものと、今より悪くなるものに別れます。

今回は前者の方で、経験で分かります。

お客様にはその事はご理解頂いてリペアしましたので、納得の仕上がりでとても喜んで頂けました!!

今回は内装を外す事もなくリペアできましたが

場所によっては外してリペアする事になります。


12345...