ミツビシ

デリカD-5 右フロントドア 横長の凹み

凹みの前方は深く、後に行くほど浅くなって引き摺っています。

深い部分にはキズがあったので、

お客様にはデントリペアではキズは直せない事と、

前方部分の凹みは深いので、

少し凹みが残る可能性がある事とを、

了承して頂いて作業しました。

 

↑ダメージは大きかったのですが、思ったよりも出てくれました。

多少、粗い部分も残りますが、お客様には大変満足して頂けました!!

 

残ってしまったキズですが、、

これを直そうとすると塗装屋さんにお願いするか、

筆でタッチアップするかになります。

筆塗りの場合どうやっても色が合うことはほぼ無いので、当店では錆びが気になる場合は、透明のクリアーでタッチアップする事をお勧めしています。

あまり目立たずに、錆び止めとしては有効だと思います。

ちなみに、今回のキズは下地まで届いていないので、錆びることはありません。


デリカD-5左スライドドアの凹み

1489284273943.jpg 1490139871680.png 1490223967591.png

ポールの様な物を巻き込んでしまった凹みです。
画像では写し切れませんでしたが、アウターハンドルの真後ろまで凹んでいる、広範囲に及ぶ凹みで、ドアの下の部分も凹んでいました。(コチラは画像ありません。)
今回は広範囲の修理なので、半日程お預りしての作業になりました。

アウターハンドルの廻りは表側からは分かりませんが、裏側に黒い枠の様な部品が付いています。

メーカーごとに多少の違いはありますが、基本的には同じなので、余り苦労せず外す事が出来ました。
この部品を外さないとリペア出来ませんので、脱着は必然になります。
ココさえ外してしまえば、後はいつも通りに作業開始です。

ハンドルの際の凹み、プレスラインの上下の凹みが全て複雑に影響していますので、全体を少しずつ丁寧に紐解いていきます。
その後、細部を調整してバランスを考えて仕上げです。
それでも、少し歪が残ってしまいましたが、お客様には大変満足して頂けた様で何よりです。

言葉で説明すると簡単なのですが、理屈と実践では、なかなか思う様に行かないので苦労したリペアでした。


三菱 アウトランダー

 

 

右フロントフェンダーの凹みです。

 少しフェンダー内の部品を外しての作業でした。 ツールアクセスが良かったので比較的短時間で直りました。