修理跡が残った凹み

シトロエンC3 左リアドアの凹み

芯のある小さい凹みです。

キズもあります。

ガラスの隙間からツールを入れて見ましたが、凹み部分にはアクセス出来ず、内装を外して作業しました。

↑内張りを外すとこんな感じです。

このままではツールが入りませんので、白いシートもめくりました。

↑この部分からツールを入れます。

ただ、パネル裏の袋状の部分に凹みがあったので、ここからまたもう一苦労ありました。

ここの袋状になっている奥の所に凹みがありました。

パネルを止めているシールを少し削り取り、どうにかツールが入る様にして、やっと作業開始です。

凹み中心部が少し深いのと、ツールアクセスの悪さがありましたが、何とかお客様には満足して頂ける仕上がりになりました!

少し深いキズ(コンパウンドでは消せませんでした)がありますので修理した位置が分かりますが、お客様には満足してお帰り頂け、ホッとしました。


VWトゥーラン 左リアフェンダーの凹み

リアフェンダーのプレスライン上に、ライトの部分とその後ろに一ヵ所、計二ヵ所凹みがあります。

内装を外して作業しました。

内装を外すと以外にすんなりツールが入りました!

あとはリペアです。

分かりにくいですが、ほんの少し荒い部分が残ります。

お客様には絶賛して頂けました!

ツールがキッチリ入ってくれたので助かりました。

プーリングでは、なかなかこうはリペア出来ません。


JEEPリアハッチの突き上げ 三ヵ所

 

もう少しマシになればと、ご相談頂きました。 

ただ、この車種は普通車と違い鉄板が分厚過ぎて、何処まで直せるかはやってみないと分かりません。

ほぼ、お任せと言う事でお引き受けしました。

「ポンチでかなり叩いて落とせる所まで落として、その後落ち過ぎた廻りを押し出す」

と言う作業を何度も繰り返して、出来る限界までリペアしました。

戻し切れない所もありますが、お客様には大変喜んで頂けました。

この車種は何度かリペアした事がありますが、パネルがかなり分厚い為、通常なら直せる程度の深い凹みや突き上げでもこの車はかなり厳しいです。

古い車ですが車体はかなり整備が行き届いていて、良い状態だと思います。

お客様のかなりのお気に入りの一台でしたので、これからも大事に乗って頂ければと思います。

 

 

 


キックス左フロントドアの凹み

プレスラインを潰してガッツリ凹んでいます。

凹み上部には張れもあります。

目立たなくなればと言う事でお引き受けしました。

プレスライン部分の凹みを出すのが硬すぎ、力が掛けられないので、ガラスも外して作業しました。

少し荒い部分とプレスラインの凹み中心部が残りますが、ここまでが限界でした。

ただ、普通にライトを入れずに見る分にはほとんど分からない仕上がりにはなりました。


ボルボS60 ボンネットの凹み

ボンネットにポツンと凹みがあります。

白色のボディで日光が当たるとあまり気にならないのですが、日陰に入ると凄く目立つとの事でご依頼頂きました。

通常はボンネット裏はインシュレーターと言う黒いカバーで覆われているのですが、外して見ると

こんな感じで骨だらけでした!

必然的にツールを入れる部分が限られて来るので、リペアし辛い状況になります。

穴を空ければ良いのですが、それは最終手段です。

あと、空けるにはボンネット表面との空間があまり無いので、ドリルで外鈑を突き上げる可能性が高い為、リスクを考えるとやりたくありません。

何とかツールを入れてリペアしました。

普通に見る分には分からない仕上がりになりましたが、

ライトを入れて見ると凹みが深く、パネルが伸び過ぎているので少し残っているのが分かると思います。

凹んでいた事を知らないと余程でないと見つけられないので、仕上がりはご満足して頂けました!

 


フリードの左ルーフピラーの凹み

 

うっすらですが、変な凹み方をしています。

この部分はツールが入らないので、プーリングでの作業になります。

プッシュよりも精度が落ちますが、目立たなくと言って頂ければ何とかします。

ライトを入れて映しているのは、状態をシッカリ見て頂く為にしているのですが、

ライトを外して、普通に見る分には分からないと思います。

お客様にもシッカリ確認して頂いて、十分納得して頂きました!


N-ONEルーフの凹み アンテナも浮きが。。

 

アンテナを引っ掛けたらしく、浮いてしまってます。

ルーフの内張りを完全に落として作業です。

軽く落としただけでは、アンテナの穴からの防水の為の作業が出来ません。

ルーフの裏側は骨だらけです。

↑アンテナの穴がめくれ上がっています。

でも、マシな方です。

ピッタリ合わせました!

微妙な歪みは残ります。

アンテナ廻り。

こちらは比較的キッチリいけたと思います。

良く見ると分かりますが、オークションでは減点無しでした。

通常ならお断りしますが、その辺りは今までのお付き合いと信頼関係で、お任せ作業との事でお受けしました。


フォレスターの凹み

 左前ドアの凹み2ヶ所、多分ドアチョップです。

塗装面に少しキズがありました。

内装を外して作業です。

キズがそこそこあるので凹んでいた所が分かります。

ピンポイントで凹みのあった所を、ライトで照らして映しているのでキズが目立ってしまいますが、普通にライト無しで見るとほとんど気にならない出来になりました。

 

 


レクサスES300h 右リアドアの凹み

中古車屋さんでのお仕事です。

ドアの真ん中が凹んでいます。

が、仕入れ前にどこかのデント屋さんで適当に直したのか、素人さんがマシにしようとしたのか分かりませんが、凹みを詰めただけでした。

大きさを詰めて、目立たなくしただけのようですが、

出し過ぎと出せていない所がハッキリしているので、デント屋さんの仕事ではなさそうです。

ボディ色が白なので、この位なら気付かない方もいると思いますが、これを修正する私は、しなくても良い作業が増えます。

突き上げ過ぎている部分があるので、ある程度残る可能性もあります。

ちょうど赤丸部分の骨の上に凹みがありました。

出過ぎの部分はポンチで叩き落とし、出ていない所は少しずつ出して修正していきます。

突き上げ過ぎの所で戻せきれない部分が残ります。

かなり微妙ですが、ほぼ良い具合にリペア出来たと思います。

知らない方には多分分からないでしょう。

 

 


レクサスGS 左リアフェンダーアーチのへこみ

フェンダーアーチの凹み。

ここはどうやっても押し出し用のツールは入りません。

プーリングでの修理になります。

ただ、プーリングはプッシュで直す程、微調整が効かないので私自身はあまり好きではありません。

どうやってもツールが入らず(穴開け除く)、仕方がない場合はプーリングでの修理も可能です。

プッシュでの作業よりは少しクオリティは落ちますが、まずまずの出来にはなったと思います。

 

 


12345...10...