修理跡が残った凹み

ベンツ GLBのリアゲートの凹み

少し深いへこみです。

ゲートのパネルの端で折れている部分もあります。

お客様にはこの折れ部分は直らない事をご了承して頂いてリペアしました。

ただ、内張りを外すと所々にサービスホールがあるのですが、どこも今一つツールが入らず、いろいろな所を探してやっと見つけました!!

この指先の所の隙間!!

ここからなら何とかツールが届きました!!

ただ、ガラスのきわなので下手すると割れるかもと少しヒヤヒヤしながらです。

やはりパネルの端でで折れている部分が残りました。

映りこんだライトが収束してその後伸びる部分が折れて残った部分です。

お客様には事前に説明していたので、ご満足して頂けたようです。

鈑金塗装だともっと綺麗に直ると思いますが、エンブレムの脱着(もしくは、交換)や、お店によってはガラスの脱着もするため、結構高額になる場合があるので、その事を考えるとお安くリペア出来たと思います。

完璧にと言われると何も出来ませんが、目立たなくなればと言って頂けるなら、余程でない限りだいたい何とかします。(その場合は別の別の修理方法をかなりお勧めしますが…..)

今回は、お客様がリアゲートの内張りの外し方をご存知で、教えて頂けたのでスムーズに脱着出来ました!

ありがとうございました!!

 


ハリアー 右フロントドアの深い凹み

かなり深く突いたような凹みで、中心部までライトが映り込まない位の凹みでした。

お客様には飛び石のような跡が残る事をご理解頂いてリペアしました。

内装を外して作業しました。

 

↑ドア内部です。

赤丸の中でポチっとした凸部が見えます。ここが凹み部分で裏からハッキリ見える場合はそれだけ凹みが深い証拠です。

お客様には凹みが残るとは言いましたが、出来る限り無くすように頑張りました。

ただ、

 

ほんの少しですが、やっぱり残ってしまいました。

全体的に見るとほとんど分かりません。

お客様は最初は分からないと仰っておられたので、残った部分を指摘してやっと分かって頂けました。

知らないとそうそう気付かない程度だったので、とても満足して頂けました。

 

 


プリウス 左フロントフェンダーの凹み

フロントバンパーからフェンダーアーチにかけて筋状に引きずった凹みです。カーブを曲がる時に擦ったようで、フェンダーアーチのところに嫌なクセが入っていました。

最悪ヘッドライトを外す事も考えましたが、取りあえずフェンダー内のインナーカバーを外して作業を始めました。

↑タイヤハウス内側からの写真

黄色い矢印のさらに奥が、バンパーに近い部分の凹みの裏側になります。奥に行くほど隙間が狭くツールが入らなくなって行きます。

それでも何とかツールを数種類使い分けてリペアしました。

線状にキズがあるのでキズ自体は塗装しないと直りませんが、お客様がキズはそのままで良いのでと仰っていただいたのでそのままです。リペアの前に、一応磨いて取れるところまでは磨いたのですが、キズが深く少し薄くなった程度です。(フェンダーアーチにも深いキズがありました。錆びが出るようなキズではありません)

お客様もご納得してお帰り頂けました!!

 

 


プリウス 右フロントドアの凹み

なかなか、結構難しい凹みです。

お客様には歪みが残る可能性があることをご了承して頂いてリペアしました。

この車種はグレードによっては運転席、助手席のガラスが合わせガラスのものがあります。知らないでそのままガラスの隙間からツールを入れると、必ず割れます!!

今回は合わせガラスでした。

↑内装を外して

↑ガラスも抜きます。

それから作業開始です!!

テープとテープの真ん中あたりが凹んでいた所です。

↑微妙に歪みがあります。

ただ、普通に見るとまず分からない仕上がりです‼️

お客様にも絶賛して頂けました。

いつもこうなるとは言えませんが、出来る限り限界までリペアします。

凹みでお困りなら一度お電話して下さい!!

 

 


N-BOX右フロントドア プレスラインの複雑な凹み

プレスライン上をガッチリ潰していて、写真では分かりませんが、凹みの上下が張れ上がっています。

お客様にはある程度歪みが残る事を了承頂いて作業しました。

今回は凹みが車体下部で、作業する態勢が辛いのと、

凹みが見にくいので、スロープを使って車体前方を上げてリペアしました。

凹みがドア下部なので、内装も外して作業します。

結構、複雑な凹みになっています。

プレスラインをメインに少しずつダメージを紐解いていきます。

見にくいですが、黄色いテープ上下の間が凹んでいたところです。写真だと綺麗に直ったように見えます。

動画だと少し肌の荒らさと、ゆがみが見てとれると思います。

もう少し見る角度を変えて見ると、残ったゆがみが良く分かります。

ただしデントリペアではここまでが限界です。

お客様には分かる様に、ゆがみが見える角度でシッカリ見て頂いて確認して頂きました。

車体色が白なのと、凹み部分がドアの下の方なので、余程覗き込んで見ないと分かりません。

お客様には「ここまで直れば全く気にならない」と絶賛して頂けました。

 

デントリペアという仕事(商品)は作業者次第で、仕上がりが良くもなり悪くもなります。

作業者の経験と知識、技術で同じ商品名でも全く物が異なって来ます。

最近ご依頼頂いた業者様でそういう話が出ました。(以前に頼んだお店の仕上がりが悪く、デントリペアに対して良い印象がなかったそうです。今回はお客様がデントリペアを希望との事で当店にご依頼頂きました。)

デントリペアで無理な修理なら、鈑金塗装や中古パネルへの交換などご提案しています。

どう直して良いか分からなければ、お気軽にご相談して下さい。

 

 

 

 


インプレッサ 右フロントフェンダーの凹み

プレスラインが酷く潰れています。

凹みの上側にも張れ上がりが出来ています。

ただ、ツールアクセス自体は凄くいいので、可能な限りリペアしました。

お客様にも多少の修理跡が残る事はご了承して頂いて作業しました。

↑アップにすると、プレスライン上に少し凹みが残っているのが分かると思います。

作業終了後お客様に確認して頂いたところ、「ここが凹んでいたことを知らないと、まず分からない」と

絶賛して頂けました。

今回はフェンダーアーチ部分の一番下に折れがなかったので、何とかここまで仕上げる事が出来ました。

 


N-BOXボンネットの凹み

ボンネットの先、パネルが丸く形成されているところが凹んでいます。

写真では分かりませんが、凹みの前後方向には少し張れが出来ていて、その部分も修正する必要があります。

初期型のN-BOXよりはマシですが、ボンネットの先の方の裏側は、張り付けるようにパネルがもう一枚あります。(ボンダ車の場合はほぼ全車)

↑ボンネット裏側凹んでいるところの二重パネル

今回は凹みのほぼ全体はツールアクセスが可能なのですが、前側が少し二重部分に掛かっていました。

お客様にもリペア前にボンネットの裏側を見て頂いて、ツールが入らないかも知れないことはご了承頂いています。

しかし合わせ目の隙間の部分から、何とかツールが入ってくれたのでリペアする事が出来ました。

↑修理前

↑修理後

撮影の角度があってないので、比較しにくいとは思います。(角度を合わせるのを忘れてました。)

微妙なズレがあるのが分かってもらえるでしょうか?

ツールが届かなかったので、出しきれませんでした。

しかし、全体的にはかなりいい出来になったと思います。

修理後、お客様にもジックリ確認して頂いて、残っている所は見て頂きましたが、「よほど良く見ないと気がつかない」と言って、大変お喜び頂けました。

 

 


マークX 右フロントドア かなり複雑な凹み

同じ車の同じドアです。プレスラインの上と下が別々に凹んでいます。

上は凹みが深く、下は凹みが重なるようになっているので、お客様には歪みが残る事をご了承頂いて作業しました。

使用するツールの関係と作業性を考慮して、内装を外し、さらにドアガラスも外してのリペアです。

作業時間はどのくらいかかるか分からないので、とりあえず朝から夕方までお時間を頂いて、修理出来次第ご連絡することでお預かりしました。

写真で見るとほぼ完璧の出来です‼️

動画だと少し写りこんだライトが歪むのを見て頂けると思います。

お客様にご確認して頂いたときには、ここまで直るとは思っておられなかった様で、大変お喜び頂けました。

作業前はもう少し直りが悪くなるだろうと予測していましたが、自分でも満足のいく作業でした。

 


ジムニー 左ドアのプレスラインの凹み

プレスラインなのですが、シャープなラインではありません。

シャープなラインよりも、こういうアール(曲面)のラインの方が直しにくいので苦労します。

使用するツールと作業性を考え、ドアガラスも外しました。

凹みの場所と、凹み自身が深かったので少し修理跡は残ります。縦筋のキズは当てられた時に出来たものなので、デントリペアでは修理出来ません。塗装が必要です。(ちなみにコンパウンドやペーパー等で削ると、塗装が剥げます)

↑後ろから見た動画

↑前から見た動画

少し修理跡が残っていることが見て頂けると思います。

お客様に仕上がり具合をじっくり確認して頂きました。

ご来店時に極力塗装はしたくないのと、凹み自体も深いことはお客様も認識していらっしゃいましたので、

仕上がりに関しては十分過ぎるほどお喜び頂けました。

私もホッとしたお仕事でした。

 

 


日産キャラバン リアゲートの大きな凹み

バック時に当たった様です。

このパターンでよくご来店があります。

この部分はパネルぎわが完全に折れ曲がっているので

リペア後も残ってしまい、場合によっては塗装割れする可能性があることもご了承頂いて作業しました。

内張り自体は簡単に外れますが、ツールアクセスが少し悪いのが難点でした。

↑下側はこれが限界です。

「仕事用の車なのでここまで目立たなくなれば十分です。」とお客様に言って頂けました。

ライトを当てているのでハッキリ分かりますが、ライトを外してしまうと、あまり気にならないくらいになったと思います。


12345...