小さな凹み

ホンダ ビート 左リアフェンダーのへこみ

懐かしいビートです。

当店を御贔屓にして頂いているお客様からのご依頼です。

お客様の超お宝で、物凄く大事にされておられるお車なので、依頼される私も毎回かなり緊張しながらリペアさせて頂いています。

ツールアクセス自体は、裏側から凹みの部分を触れるので内装等のバラシはせずに作業出来ます。

↑ここから直接触れます。

ただ、ツールを引っかける所がないので、少し苦労しました。

塗装もシッカリ綺麗に保たれていますので、色褪せや変色などは全く見られないのですが、当時の塗装ですのでどうしても塗装自体の経年劣化があり、慎重にリペアしていく必要があります。(むやみやたらに押すと割れる恐れが高いです)

塗装表面に微妙にキズがありますが、凹み自体は分からなくなりました。

お客様にもいつも通りの出来で満足です!

と言って頂け、私自身も嬉しいお仕事でした。

予備パーツもシッカリ持っておられ、大変大事にされておられます!!

そのお車を任せて頂けることが凄く光栄です。

↓ちなみに今回オーナー様に許可を頂いて全体写真を撮らせてもらいました。極上でしょ!!!

写真の撮り方にセンスがないのはお許しください。

お客様のお好みで所々カスタムされています。

特にヘッドライトに関しては、前回と全く様変わりしています。

フロント、リアバンパーに関しては、破損したことがあり、ご自身で修理。塗装はスプレー缶で塗装したと仰っておられました。

私自身は塗装は専門外ですが、長年この仕事をしていると、自ずと塗装肌や色合わせなどを見る目が出来ますので多少自信があります。

プロが見てもとてもDIY(特にスプレー缶)で塗装したとは思えない素晴らしい仕上がりでした!!

スプレー缶での塗装はお手軽ですが、本職の方が使うスプレーガンより扱いづらいです。

オーナー様いわく1/1のプラモデルと仰っておられました。

感服です!!!

 


ベンツ GLBのリアゲートの凹み

少し深いへこみです。

ゲートのパネルの端で折れている部分もあります。

お客様にはこの折れ部分は直らない事をご了承して頂いてリペアしました。

ただ、内張りを外すと所々にサービスホールがあるのですが、どこも今一つツールが入らず、いろいろな所を探してやっと見つけました!!

この指先の所の隙間!!

ここからなら何とかツールが届きました!!

ただ、ガラスのきわなので下手すると割れるかもと少しヒヤヒヤしながらです。

やはりパネルの端でで折れている部分が残りました。

映りこんだライトが収束してその後伸びる部分が折れて残った部分です。

お客様には事前に説明していたので、ご満足して頂けたようです。

鈑金塗装だともっと綺麗に直ると思いますが、エンブレムの脱着(もしくは、交換)や、お店によってはガラスの脱着もするため、結構高額になる場合があるので、その事を考えるとお安くリペア出来たと思います。

完璧にと言われると何も出来ませんが、目立たなくなればと言って頂けるなら、余程でない限りだいたい何とかします。(その場合は別の別の修理方法をかなりお勧めしますが…..)

今回は、お客様がリアゲートの内張りの外し方をご存知で、教えて頂けたのでスムーズに脱着出来ました!

ありがとうございました!!

 


ハリアー 右フロントドアの深い凹み

かなり深く突いたような凹みで、中心部までライトが映り込まない位の凹みでした。

お客様には飛び石のような跡が残る事をご理解頂いてリペアしました。

内装を外して作業しました。

 

↑ドア内部です。

赤丸の中でポチっとした凸部が見えます。ここが凹み部分で裏からハッキリ見える場合はそれだけ凹みが深い証拠です。

お客様には凹みが残るとは言いましたが、出来る限り無くすように頑張りました。

ただ、

 

ほんの少しですが、やっぱり残ってしまいました。

全体的に見るとほとんど分かりません。

お客様は最初は分からないと仰っておられたので、残った部分を指摘してやっと分かって頂けました。

知らないとそうそう気付かない程度だったので、とても満足して頂けました。

 

 


ワゴンRスティングレー 左前後ドアのへこみ

左側前後ドアです。

ただの丸い凹みに見えますが、メインの凹みから前ドア方向にヒズミが出ています。

この部分も直さないと大きな薄い凹みが残ってしまいます。ただ、この部分はドアのヒンジの近くなので場合によってはツールが入らない可能性があります。

お客様には大きな薄い凹みが残ってしまう事も、ご了承して頂いてリペアしました。 

ツールは辛うじて入りますが、薄いツールしか入らず場合よってはツールが噛みこむ恐れもあります。

ツールが噛みこむとちょっと厄介な事になるので、慎重にリペアしました。

ちなみにここにツールを入れる為にリアドアのガラスは外しています。

前ドアについてはバッチリ!

リアドアについても思ったよりツールが入ってくれたおかげで、完璧!!とは言いませんが、ほとんど分からなくなったと思います。

お客様も仕上がりを確認して頂いて、絶賛して頂けました。

 


インプレッサSTI 右リアドアの凹み

デントリペアで一番基本的な凹みです。

ただし、今回は凹みの位置がパネルの上下幅から見ると下方に近かったので、作業性の良さを考えると内装を外してのリペアが一番良いと判断して作業しました。

↑こんな感じです。

パネル内は

↑内張りを外した状態

ドアビームの所に凹みがありました。(ドアの内部)

黄色いテープとテープの真ん中辺りが凹んでいた所です。

↑動画で見てもほぼ分からないと思います。

お客様にも絶賛して頂けました。

濃色車の場合、凹みが少しでも残るとハッキリと分かるので、緻密な作業が必要になります。

腕の見せどころです!!!

 

 


ダイハツ ムーヴ 右リアドアの凹み

少し深いですが、一般的な凹みです。

凹みの位置が少し低いので、内装を外してリペアしました。

  外して見て分かったのですが、凹みの裏側にブレスがありました。

多分ドアガラスの隙間からでは入らなかったと思います。

細いツールを使って何とかリペア終了です。

 テープとテープの間が凹んでいた部分です。

ほぼ完璧に修理出来たと思います。

動画で見てもほとんど分からないと思います。

お客様にもシッカリと確認して頂き、とてもご満足して頂きました!!

 


セレナ 右スライドドアのデントリペア

少し深い凹みです。

今回は凹み位置が良いので、ガラスの隙間からリペアしました。

ガラスをキズつけないように、シートを入れて作業です。

凹み下側のプレスラインが少し潰れているので、そこも出す必要があります。

プレスラインはシッカリ出てくれたのですが、凹み中心、一番深い縦筋状の部分が残りました。

写真で見ても縦筋に残っているのが分かります。

この筋も凹んでいるのですが、これ以上出そうとしても、パネルが膨らむだけで、張れ上がって見えるので

この状態が一番違和感なく見えるので、ここで終了にしました。

時々、「もう少しやればもっと良くなるの?」

と聞かれる事がありますが、時間を掛ければ良くなるものと、今より悪くなるものに別れます。

今回は前者の方で、経験で分かります。

お客様にはその事はご理解頂いてリペアしましたので、納得の仕上がりでとても喜んで頂けました!!

今回は内装を外す事もなくリペアできましたが

場所によっては外してリペアする事になります。


ポルシェマカン右フロントドアの凹み

凹みとしては標準的な大きさです。

ただ、凹んでいる場所が悪くガラスの隙間からツールを入れても、凹み上部が押し出す事が出来ませんでした。

仕方がないので、内装を外してリペア開始です。

凹み自体がドア前方なので、更にガラスも外して作業しました。

デントリペアで綺麗に直す条件は、

ツールアクセスの良さ

作業中の凹みの状態の見易さ

これにつきます!

この条件を満たせば、大抵の凹みは綺麗にリペア出来ます。(凹みの深さ(パネルの伸び)や大きさは除く)

全ての車の内装の外し方を知っている訳ではありませんので、車種によっては調べながら、探りながら外します。(前に鈑金屋さんで珍しい車をバラして修理していたので、外し方を知っているのかを聞くと、ネットで調べながらバラしていると言われました。納得です)

大体は感覚で分かるんですけどね。

外して凹みの裏側を確認すると

丸で囲んだ部分がツールが入らない原因でした!

この箱状の部分の所に凹みがありました。

バラさないと、絶対にツールは届きません。

凹みの深さもあるので、引っ張っての作業でも出来ない事はないですが、仕上がりは悪くなりますし、最悪の場合は塗装が剥がれます。

ガラスを外すと窓部分から腕を入れ、パネルのサービスホールからツールが入るので作業性も良く、見易くなったのでリペア開始です。(ここまでで1時間以上掛かりました)

仕上がり具合は

何とかバッチリ直せました。

ほぼ完璧に出来たと思います!!

ここの部品を外すのが一番緊張しました。

お客様にも絶賛して頂け、私自身も嬉しくなるお仕事でした!!

 


N-BOXボンネットの凹み

ボンネットの先、パネルが丸く形成されているところが凹んでいます。

写真では分かりませんが、凹みの前後方向には少し張れが出来ていて、その部分も修正する必要があります。

初期型のN-BOXよりはマシですが、ボンネットの先の方の裏側は、張り付けるようにパネルがもう一枚あります。(ボンダ車の場合はほぼ全車)

↑ボンネット裏側凹んでいるところの二重パネル

今回は凹みのほぼ全体はツールアクセスが可能なのですが、前側が少し二重部分に掛かっていました。

お客様にもリペア前にボンネットの裏側を見て頂いて、ツールが入らないかも知れないことはご了承頂いています。

しかし合わせ目の隙間の部分から、何とかツールが入ってくれたのでリペアする事が出来ました。

↑修理前

↑修理後

撮影の角度があってないので、比較しにくいとは思います。(角度を合わせるのを忘れてました。)

微妙なズレがあるのが分かってもらえるでしょうか?

ツールが届かなかったので、出しきれませんでした。

しかし、全体的にはかなりいい出来になったと思います。

修理後、お客様にもジックリ確認して頂いて、残っている所は見て頂きましたが、「よほど良く見ないと気がつかない」と言って、大変お喜び頂けました。

 

 


ジムニー 左ドアのプレスラインの凹み

プレスラインなのですが、シャープなラインではありません。

シャープなラインよりも、こういうアール(曲面)のラインの方が直しにくいので苦労します。

使用するツールと作業性を考え、ドアガラスも外しました。

凹みの場所と、凹み自身が深かったので少し修理跡は残ります。縦筋のキズは当てられた時に出来たものなので、デントリペアでは修理出来ません。塗装が必要です。(ちなみにコンパウンドやペーパー等で削ると、塗装が剥げます)

↑後ろから見た動画

↑前から見た動画

少し修理跡が残っていることが見て頂けると思います。

お客様に仕上がり具合をじっくり確認して頂きました。

ご来店時に極力塗装はしたくないのと、凹み自体も深いことはお客様も認識していらっしゃいましたので、

仕上がりに関しては十分過ぎるほどお喜び頂けました。

私もホッとしたお仕事でした。

 

 


12345...10...