小さな凹み

ジムニー 左ドアのプレスラインの凹み

プレスラインなのですが、シャープなラインではありません。

シャープなラインよりも、こういうアール(曲面)のラインの方が直しにくいので苦労します。

使用するツールと作業性を考え、ドアガラスも外しました。

凹みの場所と、凹み自身が深かったので少し修理跡は残ります。縦筋のキズは当てられた時に出来たものなので、デントリペアでは修理出来ません。塗装が必要です。(ちなみにコンパウンドやペーパー等で削ると、塗装が剥げます)

↑後ろから見た動画

↑前から見た動画

少し修理跡が残っていることが見て頂けると思います。

お客様に仕上がり具合をじっくり確認して頂きました。

ご来店時に極力塗装はしたくないのと、凹み自体も深いことはお客様も認識していらっしゃいましたので、

仕上がりに関しては十分過ぎるほどお喜び頂けました。

私もホッとしたお仕事でした。

 

 


CX-5左フロントドア プレスラインの凹み

プレスライン上が、ガッツリ凹んでいます。

かなり深く凹んでいるため、お客さんには塗装割れ、もしくは凹みの中心部が残る可能性も了解して頂いてリペアしました。

ドアガラスが合わせガラスになっているので、

作業の都合上、全部バラします。

 

リペア跡に縦筋のキズが残りますが、これは塗装面のダメージなので消すことは出来ません。

心配していた塗装割れは起こりませんでした❗

ヘコミ自体はほぼ完璧に直しています。

キズがあるので凹んでいた部分がハッキリ分かると思いますが、ここが凹んでいたことをを知らないと、ただのキズだけにしか見えません。

お客様にもとてもお喜び頂け、私自身も満足のいく出来だったと思います。


ムーヴカスタム 右リアドアの凹み

大きさはいいのですが、写真で見た印象よりは深い凹みです。

内装を外してリペアしました!!

ドアビームの上を狙ったかのような場所が凹んでいました。

この状態にするとツールは自由に入るので、ツールアクセスには困りませんが、凹み自身が深いためほんの少しですがリペア跡が残りました。

余程良よく見ないと分からない程度ですが、完璧とは言えません。

しかし、ここまで修復すると凹んでいたことを知らない方にはまず見つけられないと思います。

今回のような場合の仕上がりは、最終的にリペアしてみないとどうなるかが分からない事が多く、お客様への説明も曖昧になるため苦労します。

お客様にもシッカリと説明、確認して頂きました。

結果は、かなりご満足して頂けました!!

 

 


アウトランダーPHEV 右リアドアの凹み

 

薄い凹みですが、この凹みの部分はガラスの隙間から直接ツールが入りません。

袋状(写真撮り忘れましたが)になっているので、ドアのガラスを外して作業しました。

ガラスを外した写真も忘れていました。

ガラスを外すと袋状の部分に穴が空いているので、今回はそこから リペアしました。

自分でも分からなくなりそうだったので、途中からテープでマーキングして作業しました。テープとテープの間が凹んでいた部分です。

凹みがあった事が全く分からない状態までリペア出来ました!!

お客様にも絶賛して頂け、私もスッキリしたお仕事でした。

 

 


レヴォーグ 右リアドア プレスラインの凹み

プレスライン上を酷く潰しています。

お客様には、場合によっては塗装割れもしくは凹みの芯が残ることもご了承して頂いてリペアしました。

凹みの場所と仕上がりを重視すると、ガラスを抜いて作業する方が断然よくなるので、バラシました。

(お客様にも説明しています)

袋状になっているので、この穴からとその下からとでツールを入れて作業します。

写真だとスッゴク綺麗に出来た画像です。

動画にすると、やはりプレスライン上に少し出きらない部分が残っているのが分かって貰えると思います。

塗装が割れることも了承して頂いていたのですが、これ以上は出ませんでした。あとは悪化する一方なのでここで作業終了です。

お客様には残っている所をシッカリ確認して頂きましたが、普通に見ると全く分からないので、かなり喜んで頂けました。

 

 


CX-8 左フロントドアの凹み

 デントリペアの基本的な凹みです。

ただしこの車種はガラスが合わせ硝子になっているので、ドアガラスの隙間からは作業出来ないので、内装を外す必要があります。(隙間から入れるとガラスが割れます

)

↑内装を外しただけだとこんな状態なので、更に内部機構も外します。

テープとテープの間、真ん中くらいが凹みのあったところです。

バッチリ修理出来ました。

今回は作業中に、どこがへこんでいたか分からなくなりそうだったので、途中からマーキングして直しました。

自分で見てもどこだったか分かりません。

もちろんお客様にも十分ご満足頂けました。


WRX STI 複数のデント

↑右フロントドア

↑右リアドア

↑左リアドア

↑左リアフェンダー

デントリペアにピッタリの凹みのオンパレードです。

ただしリペア箇所が多いので、それなりに時間はかかります。

ドアの凹みは内装を外して、リアフェンダーの凹みはテールランプを外して作業しました。

↑テープとテープの真ん中がデントだった部分です。

凹みが深かったので少しですが、プチっと残っています。

↑リペア後 右リアドア

↑左リアドア

↑左リアフェンダー

 

前々から気になっておられ、そのうちと思いながらずっとそのままにしていたそうです。

購入して10年になるのを節目に、一度リフレッシュの意味で、まとめてリペアする事にされたそうです。

鈑金塗装すると色合いや肌も変わってしまいます。

費用も高額になりますので、デントリペアでの修復が一番良いと思われてご依頼頂きました。

複数あったので、修理費用も勉強させて頂いています。

仕上がりを確認して頂いて、とても満足してお帰り頂けました!

お客様のご要望に十分にお応え出来たと思います!!

 


ハリアー 左リアドアの凹み(深い筋状)

大きさはデントリペア向きですが、凹み中心部は

かなり深く、筋状になっています。

「塗装が割れるところまでは行かないと思いますが、

修理跡が少し残ってしまうかも?」

とお客様にはお伝えし、了承して頂いてリペアしました。

↑やはり少しですが、修理跡が残ってしまいました。

これ以上押し出そうとしても、パネルが膨らんで張れ上がってしまうだけなので、ここで終了です。

もう少し頑張ればもっと良くなるのか、逆に悪くなるのかの判断はいつも悩むところなのですが、そのあたりは長年の経験とカンです。

全体的に見ればほとんど分からない仕上がりです。

お客様も当初、「どこに凹みが分からないと」仰っていたので、しっかりと場所を伝えて確認して頂きました。

それでも十分に満足して頂けました!!

この後コーティングに出すので、それまでに直しておきたかったと言っておられました。

 

 


CX-5 右フロントドアの凹み

 

二ヶ所凹みがあります。

普通に考えると、ガラスを下げた隙間からツールを入れてリペア出来ます。

が、この車種?(グレードによるのかもしれませんが)はフロントドアのガラスに合わせガラスが使われているので、隙間からリペアしようとすると、ガラスが割れてしまいます!

直すにはどうしても内装を外す必要があります。

そのうえ、内部パネルも外さないとツールが凹みに届きません。

↑ここまで外して初めてリペア開始です。

もちろんプーリング(引っ張り)でも出来なくはないのですが、凹みが深いのと仕上がりの精度を考えると、裏からツールでの押し出しの方が綺麗さでは上です。(プーリングは場合によっては塗装が剥がれる事もあります)

バッチリ跡形もなく直りました。

プーリングではここまで直らなかったと思います。

お客様にも絶賛して頂けました。

久々にスッキリしたお仕事でした。

 


連続!フィアット500

先日と同じ車種ですが、今回は左ドアです。

左右の違いはありますが、基本的に同じです。

違うのは凹みです。

前回よりは単純な凹みですが、曲面部分なので、仕上がりに時に歪みが残りやすい場所です。

内張りを外すとこんな風になっています。

ドアに縦にうっすら白いキズがついています。

ドアチョップの跡ですね。作業し始めて気づいたのですが、良く見ると少し下部分も微妙に歪んでいます。

ここも修正しました。

↑ドア上部分

↑ドア下側

もう少しヒズミが残るかと思ったのですが、綺麗にリペア出来ました!!

白いキズはこの後磨いて取りました。

深いキズが少し残ったのですが、ほぼ分からなくなったので、お客様にも満足して頂けました。

 


12345...10...