スバル

レヴォーグsti左リアドアの凹み

 

小さい凹みですが、少し深めです。

本当ならガラスの隙間からツールを入れて作業したいのですが、凹みの中心部分が捉えにくかったのと、水切りモールへのダメージを与えない様に内装を外して作業しました。(錆び止めもしますので)

赤丸の部分が凹んでいた部分です。

白い線キズがありますが、そこが凹んでいた所です。

作業後、白い完全にれませんが、かなり薄くする事は出来ました。

凹み自体はほぼ完璧に直せました!

 


スバルG4 左フロントドアの凹み

上と下の写真をみてどう思いますか?

分かる人はプロです。

写真なので分かりにくいと思いますが、点の凹みではなく、少しですが横引きの凹みです。

上の写真だけだと丸い普通の凹みに見えます。

ただ、下の写真を見ると横長に当たった凹みだという事が分かります。この判断が大切です。

これが分かるかどうかで仕上がりが変わります。

深い凹みの場合はこの限りではなく残ってしまうことはままありますが、横引きの凹みを点の凹みと間違えて直そうとすると、横長の修理跡が残ります。

これに気づくかどうかが経験値です。

単純に見える凹みですが、本当に簡単な凹みは中々ありません。

今回はドアビームの所に凹みがありました。

少し作業しにくいですが、問題なく直ります。

凹みとしては理想的ですので、比較的短時間で終了完了です。

デントリペア自体は単純な技術で、押し出すまたは引き出すだけの作業ですが、色々な知識、経験、テクニック等が混ざった技術だと思います。

私自身の持論ですが、リペア(修復)である以上完璧、100%と言う物は提供出来ません。

後はお客様が求める物と、こちらが提供出来る物とが何処まで寄り添えるかだと思います。

そして、限りなく100%に近づける努力をするのが私の

仕事です。

 


WRX stiの右リアドアの凹み 始めた時を思い出します。

小さな凹みが2ヶ所

私が20年以上前に習ったデントリペアスクールでは、これが直せれば卒業くらいの凹みです。(当時は私が習ったデントジャパンか、デントマジックと言うスクールが主流でした。カービューティープロでもやってました。懐かしい!!)

言ってしまえば基本中の基本。

二枚目の写真の凹みはガラスの隙間からツールを入れて作業出来ますが、一枚目の場所は内装を外して作業しないと、ドアビームの付け根の中になるのでツールが入りません。

100%とは言いませんが、ほとんど完璧に直りました。

始めた当初はこの2ヶ所を直すのに、半日からほぼ1日、それだけ時間を掛けても誰が見ても分からない仕上がりにはなりませんでした。

スクールにいる時は、講師がいて横で一つずつ教えてくれて、ここまで直れば大丈夫!!と言ってくれていました。

卒業して始めると誰も教えてくれる人はいないので、どの時点で終了して良いのかも分からず苦労した事を思い出します。

今ならスマホでアドバイス等、リアルタイムで写真、

動画で相談ができるのですがね~。

今でも直しきるまで、どうなるか分からない凹みが沢山あるので、これからも日々修行です!!!

 

 


フォレスターの凹み

 左前ドアの凹み2ヶ所、多分ドアチョップです。

塗装面に少しキズがありました。

内装を外して作業です。

キズがそこそこあるので凹んでいた所が分かります。

ピンポイントで凹みのあった所を、ライトで照らして映しているのでキズが目立ってしまいますが、普通にライト無しで見るとほとんど気にならない出来になりました。

 

 


WRX S4ルーフの凹み

ルーフの後方にそこそこの凹みがあります。

このままではリペア出来ませんので、ルーフの内張りを外し修理しました。

凹みの裏側はこんなに感じ。

ツールアクセスはバツグンに良かったので、比較的短時間でリペア出来ました。

凹みがあった事を知らない方には、分からない仕上がりになりました。

ルーフの場合はプーリングという方法もありますが、仕上がりを重視するならやはり内張りを外して、プッシュ(押し出し)で修理でする方が確実に綺麗になります。

今回もご満足して頂けました!!


スバル XVの右フロントドアの凹み

プレスライン上とその下に凹みがあります。

内装を外してリペアしました。

よく見てもらうと分かると思いますが、赤丸の真ん中あたり、プレスラインの裏ですが、凹みがはっきり確認出来ると思います。

パネルの裏側からライトを入れていないにもかかわらず、凹みの位置が分かる物は大体深い凹みになります。

動画の最初でプレスライン部分にピッと白い点が映っていますが、そこが凹んでいた所です。

凹んでいた事を知らない人なら、まず見つけられないと思います。

お客様にはとても満足して頂けました!!


BRZ 右ドア 凹みいっぱい!!

右ドアのあちこちに凹みがあります。

全体的に目立たなくなればと、ご依頼頂きました。

キズは残りますが、磨くとほぼ気にならなくなりました。(動画は磨き前です)

 


インプレッサ 左フロントドアの複雑な凹み

 

上部のプレスラインからパネル下部まで

しっかりドアチョップの跡です。

かなり酷くやられています。

ガラスも外して、根性入れてリペアです。

キッチリ綺麗に直らない事はご了承済みです。

かなり時間が掛かりましたが、このくらいが限界です。

所々微妙な歪みが残りますが、お客さまにはシッカリ確認して頂いて、ご満足して頂けました!!

かなり無理な体制をとってリペアしたので、少し持病の腰痛が…..。

頑張ります!!!

 

 


運転席のステップに出来た凹み

通常ならこの部分のリペアはプーリング(引出し)でしか出来ません。

今回のような深い凹みはプーリング作業では凹みの一番深い部分が確実に残るので、お断りすることが多いです。

よく車体を裏から見ると、前から後ろに掛け直径3~4センチ程度のグロメットがあるので、これを外せばツールが入らないかと聞かれますが、絶対に入りません。

↑こういうヤツです。(この写真は別の車です)

ただ今回はサイドエアロが付いていて外して見ると、ここからどうぞとばかりにピン穴が空いていました!

試しにツールを入れて見ると、なかなかバッチリ入ります。

という事で、リペア作業しました。

やはり深い筋状に残りました。

黄色いテープの右側に凹みの残りがあります。

ライトを入れないとほとんど分からないと思います。

画像を引き伸ばして見て貰うと、微かに筋状の残りが見えます。

ピン穴は少しですが変形しましたが、水が入らないようにシールしてエアロを取り付け終了です。

たまたま偶然横穴が空いていたのでリペア出来ましたが、この位置からもう少しずれていたり、別の車だったら無理だったと思います。

今回は幸運でした。


レガシィBHのリアドアの凹み

BH型のレガシィです。

プレスラインの部分が完全に潰れていたので、一番深い部分が出せません。

その事はお客様に説明し、ご了承して頂いています。

開業時は現行車だったのですが、今ではあまり見なくなりました。シーケンシャルターボモデルがあって、好きな車の一台です!

かなりの数をやった覚えがありますが、このプレスラインには苦労させられた記憶があります。

このプレスラインの上側は袋状になっていて、ツールの入り具合が悪いのと、凹みが深いのとで、ガラスを取り外して作業しました。

キッチリ、分からなくは無理だっだのですが、お客様には喜んで頂けました。

久々だったのですが、ドアトリムの外し方は以外と忘れてなかったです。

私自身も懐かしさを感じながら、リペアさせて頂けました。