スバル

インプレッサ 左フロントドアの複雑な凹み

 

上部のプレスラインからパネル下部まで

しっかりドアチョップの跡です。

かなり酷くやられています。

ガラスも外して、根性入れてリペアです。

キッチリ綺麗に直らない事はご了承済みです。

かなり時間が掛かりましたが、このくらいが限界です。

所々微妙な歪みが残りますが、お客さまにはシッカリ確認して頂いて、ご満足して頂けました!!

かなり無理な体制をとってリペアしたので、少し持病の腰痛が…..。

頑張ります!!!

 

 


運転席のステップに出来た凹み

通常ならこの部分のリペアはプーリング(引出し)でしか出来ません。

今回のような深い凹みはプーリング作業では凹みの一番深い部分が確実に残るので、お断りすることが多いです。

よく車体を裏から見ると、前から後ろに掛け直径3~4センチ程度のグロメットがあるので、これを外せばツールが入らないかと聞かれますが、絶対に入りません。

↑こういうヤツです。(この写真は別の車です)

ただ今回はサイドエアロが付いていて外して見ると、ここからどうぞとばかりにピン穴が空いていました!

試しにツールを入れて見ると、なかなかバッチリ入ります。

という事で、リペア作業しました。

やはり深い筋状に残りました。

黄色いテープの右側に凹みの残りがあります。

ライトを入れないとほとんど分からないと思います。

画像を引き伸ばして見て貰うと、微かに筋状の残りが見えます。

ピン穴は少しですが変形しましたが、水が入らないようにシールしてエアロを取り付け終了です。

たまたま偶然横穴が空いていたのでリペア出来ましたが、この位置からもう少しずれていたり、別の車だったら無理だったと思います。

今回は幸運でした。


レガシィBHのリアドアの凹み

BH型のレガシィです。

プレスラインの部分が完全に潰れていたので、一番深い部分が出せません。

その事はお客様に説明し、ご了承して頂いています。

開業時は現行車だったのですが、今ではあまり見なくなりました。シーケンシャルターボモデルがあって、好きな車の一台です!

かなりの数をやった覚えがありますが、このプレスラインには苦労させられた記憶があります。

このプレスラインの上側は袋状になっていて、ツールの入り具合が悪いのと、凹みが深いのとで、ガラスを取り外して作業しました。

キッチリ、分からなくは無理だっだのですが、お客様には喜んで頂けました。

久々だったのですが、ドアトリムの外し方は以外と忘れてなかったです。

私自身も懐かしさを感じながら、リペアさせて頂けました。

 

 


スバル S4 右フロントドアの薄い凹み

分かりにくいと思いますが、フロントドアに薄い凹みがあります。写真だとほぼ分からないので動画にしました。

通常のエクボの凹みよりも、こういった凹みの方が神経を使います。

これを見つけられるお客様は、かなり目の肥えたお客様です。

普段よりもかなりシビアな仕上がりが求められます。

と言っても毎回限界まで仕上げているので、やることは変わりませんが…..。

凹み部分を直すには、ガラスの隙間からはツールが入りません。内装を外しても袋状になっているので、ツールアクセスが悪く、目線も会わせにくいので、ガラスを外して作業しました。

赤丸部分の穴からツールを入れるのが一番理想的だったので、今回はここからツールを入れて作業しました。(廻りにキズが入るので、作業後錆止めをします)

ライトを映し込んで、修理跡の荒をいつもは載せていますが、今回はライトを入れても全く分からないと思います。

少しは残るか?と思ったのですが、ほぼ完璧に仕上がりました。

お客様には絶賛して頂け、満足して頂けたようです。

今回はパネルのキワで折れが無かったのが幸いでした。

多分?絶対に分からないと思います。

 


インプレッサ左フロントフェンダーの凹み

 

前から後ろ方向に、上下2本筋状に凹んでいます。

上の凹みは更に塗装にキズも残っています。

筋状の深い凹み部分が少し残ることを、ご了承して頂いてリペアしました。

フロントフェンダーなので、内側のフェンダーカバーを外すとツールアクセスは良いのですが、リペアするのに目線を合わすのに多少ですが苦労しました。

確認用にライトを映し込んでいるので、凹みの残りが分かって貰えると思います。

上の凹みのキズは、軽く磨いて見ましたがとれませんでした。

ライト無しで見る分には、ほとんど気にならないと思います。

業者様からのご依頼でしたが、バッチリOKを頂けました。

 


スバルG4 右フロントドア、プレスラインの凹み

プレスラインがガッツリ凹んでいます。

お客様にはラインの頂点部分が少し残る可能性があることをお伝えしてリペアしました。

プレスライン部分は固いのですが、少しならガラスの隙間からでも凹みは出せます。

今回はそれ以上に凹んでいたので、内装を外して作業しました。(凹みを出すのに一点集中で、かなりの力を掛けて押し出す必要がある為です。場合によっては塗装が割れる事も覚悟して押す必要があります)

内張りを外すとこんな感じです。

ほんの少しですが、残ってしまいました。

ちょっとだけですが、分かるでしょうか?

ライトを映し込んでお見せしているので、凹みの残りが見えますが、ライトを外すと殆ど気付かないレベル位にはなりました。

お客様にはどちらの状態も見て頂いて、シッカリ確認して頂きましたが絶賛して頂けました。

 

 


インプレッサSTI 右リアドアの凹み

デントリペアで一番基本的な凹みです。

ただし、今回は凹みの位置がパネルの上下幅から見ると下方に近かったので、作業性の良さを考えると内装を外してのリペアが一番良いと判断して作業しました。

↑こんな感じです。

パネル内は

↑内張りを外した状態

ドアビームの所に凹みがありました。(ドアの内部)

黄色いテープとテープの真ん中辺りが凹んでいた所です。

↑動画で見てもほぼ分からないと思います。

お客様にも絶賛して頂けました。

濃色車の場合、凹みが少しでも残るとハッキリと分かるので、緻密な作業が必要になります。

腕の見せどころです!!!

 

 


インプレッサ 右フロントフェンダーの凹み

プレスラインが酷く潰れています。

凹みの上側にも張れ上がりが出来ています。

ただ、ツールアクセス自体は凄くいいので、可能な限りリペアしました。

お客様にも多少の修理跡が残る事はご了承して頂いて作業しました。

↑アップにすると、プレスライン上に少し凹みが残っているのが分かると思います。

作業終了後お客様に確認して頂いたところ、「ここが凹んでいたことを知らないと、まず分からない」と

絶賛して頂けました。

今回はフェンダーアーチ部分の一番下に折れがなかったので、何とかここまで仕上げる事が出来ました。

 


レヴォーグ 右リアドア プレスラインの凹み

プレスライン上を酷く潰しています。

お客様には、場合によっては塗装割れもしくは凹みの芯が残ることもご了承して頂いてリペアしました。

凹みの場所と仕上がりを重視すると、ガラスを抜いて作業する方が断然よくなるので、バラシました。

(お客様にも説明しています)

袋状になっているので、この穴からとその下からとでツールを入れて作業します。

写真だとスッゴク綺麗に出来た画像です。

動画にすると、やはりプレスライン上に少し出きらない部分が残っているのが分かって貰えると思います。

塗装が割れることも了承して頂いていたのですが、これ以上は出ませんでした。あとは悪化する一方なのでここで作業終了です。

お客様には残っている所をシッカリ確認して頂きましたが、普通に見ると全く分からないので、かなり喜んで頂けました。

 

 


WRX STI 複数のデント

↑右フロントドア

↑右リアドア

↑左リアドア

↑左リアフェンダー

デントリペアにピッタリの凹みのオンパレードです。

ただしリペア箇所が多いので、それなりに時間はかかります。

ドアの凹みは内装を外して、リアフェンダーの凹みはテールランプを外して作業しました。

↑テープとテープの真ん中がデントだった部分です。

凹みが深かったので少しですが、プチっと残っています。

↑リペア後 右リアドア

↑左リアドア

↑左リアフェンダー

 

前々から気になっておられ、そのうちと思いながらずっとそのままにしていたそうです。

購入して10年になるのを節目に、一度リフレッシュの意味で、まとめてリペアする事にされたそうです。

鈑金塗装すると色合いや肌も変わってしまいます。

費用も高額になりますので、デントリペアでの修復が一番良いと思われてご依頼頂きました。

複数あったので、修理費用も勉強させて頂いています。

仕上がりを確認して頂いて、とても満足してお帰り頂けました!

お客様のご要望に十分にお応え出来たと思います!!

 


1234