ホンダ

シビック ルーフアンテナの浮きと左端の張れ

アンテナの後方が浮いています。

バック時にアンテナが車庫のシャッターに引っ掛かり前方向に傾いて凹んだ様です。

アンテナを外すと

↑こんな状態でした!

アンテナの穴が変形してパネルが伸びています。

↓ちなみに

この時の副産物?なのか張れて突き出した部分が出来ていました。

室内をバラして、内張りを外します。

ルーフの裏側。赤丸部分はアンテナ前方にあった凹みの部分です。

↓修理後

アンテナ左側の凹んでいた所は大きさの割に深く凹んでいたので、少し残っています。

↑後方の隙間はぴったり

張れていた所もほぼ分からなくなりました。

天井の内張りを外すのは作業性の確保と、リペア後の防水処理をする為です。

雨漏りがしない様にガッチリ防水処理をして完成です。

お客様の要望でシャークアンテナも、新品に交換しました。

シャッターがある車庫に入れる時は、シッカリ上まで上げて高さを確認してから入れましょう!!

日常の中でこの位で大丈夫だろうと気を抜くと悲しい事になります。

皆さん気をつけて!!

 

 


フリードの左ルーフピラーの凹み

 

うっすらですが、変な凹み方をしています。

この部分はツールが入らないので、プーリングでの作業になります。

プッシュよりも精度が落ちますが、目立たなくと言って頂ければ何とかします。

ライトを入れて映しているのは、状態をシッカリ見て頂く為にしているのですが、

ライトを外して、普通に見る分には分からないと思います。

お客様にもシッカリ確認して頂いて、十分納得して頂きました!


N-BOX 右スライドドアの凹み

ポチッと凹んでいます。

現行N-BOXの場合、最悪内張りを外してもツールが入らないので、モジュールパネルと言う部品を外さないとリペア出来ない事があります。

そうなると作業時間と費用が結構掛かります。

ただ、今回は幸いにもガラスの隙間からリペア出来ました。

↑こんな感じで作業します。

ほとんど完璧にリペア出来ました!!!

この車種の場合はほんの少し凹みの位置がズレると、全くと言って良い程時間と費用が変わります。

出来るだけお安くとは思うのですが、可能な限り完璧を目指して作業致します。

 

 


N-ONEルーフの凹み アンテナも浮きが。。

 

アンテナを引っ掛けたらしく、浮いてしまってます。

ルーフの内張りを完全に落として作業です。

軽く落としただけでは、アンテナの穴からの防水の為の作業が出来ません。

ルーフの裏側は骨だらけです。

↑アンテナの穴がめくれ上がっています。

でも、マシな方です。

ピッタリ合わせました!

微妙な歪みは残ります。

アンテナ廻り。

こちらは比較的キッチリいけたと思います。

良く見ると分かりますが、オークションでは減点無しでした。

通常ならお断りしますが、その辺りは今までのお付き合いと信頼関係で、お任せ作業との事でお受けしました。


N-ONE 左ドアの凹み 多数

 

前後ドアに多数の凹みがあります。

買い取り屋さんのお仕事です。

場所のよってはガラス隙間からではツールが届かない所もあるので、内装を外して作業しました。

↑バラした方が作業が早く終わります。

このままオークションに出すと確実に減点になるので、依頼されました。

目立たなくなればとの事ですが、雹害ではないにしても、かなりの数の凹みがあります。

↑前ドア

↑後ろドア

ポツポツと白く見えるのは塗装のキズ。

後からオークション会場の査定員さんが書いた出品表をチェックしましたが、凹みに関しては全く触れられておらず減点にはなっていませんでした。

ちなみに天井も大きく凹んでおり、出来る限りという事でリペアしていますが、そちらも気付かれず減点無しでした。(次回に)

業者様も喜んでおられましたが、私も満足できました。

 

 


インサイト 右リアドアの凹み かなりキツイ

上下に凹みがあります。

多分ドアチョップ?

下側の凹みはまだいいのですが、問題は上の凹みです。

プレスラインが完全に潰れてしまっているため、お客様にはキッチリ綺麗に直すには、鈑金塗装の方が良いことをシッカリ説明しました。

車自体が古いので費用面を考えると目立たなくなれぱ良いとの事で、デントリペアでの修理をお願いされました。

ただ、凹みがかなり深く、リペアするにもそれ相応の力を掛けなければ凹みが押し出せません。

このままガラスの隙間からツールを入れる事自体は可能ですが、それ相応の力が掛かるツールを使用しないとダメです。

ガラスがどうしても邪魔になるので、外して作業しました。

↑ここの隙間から太めのツールで、しっかり力を掛けて直します。

↑塗装割れこそ起こしていませんが、修理跡がクッキリ残ってしまいます。(お客様には事前に説明し、ご了承して頂いています)

↑リペア後の写真と動画

下側の凹みはほぼ問題なく直っていますが、プレスラインの凹みは修理跡が残ってしまいました。(こうなる事は分かっていての作業です)

口で説明しても中々伝わらないですが、このような凹みをご依頼の場合は写真と動画で判断してください。(写真の撮り方で誤魔化すつもりは毛頭ないので、拡大等してご確認ください)

出来る限りリペア後の仕上がりの悪い所を見て貰うつもりで載せています。

ライトを入れないとほとんど分かりませんが、プレスラインに黒く見える部分が凹みのあったところです。

今回のお客様にもシッカリ見て頂いて、気持ち良くお帰り頂けました!!


フィット 右リアドアの凹み

範囲範囲小さいですが、深くキツく凹んでいます。

少し修理跡が残る事はお客様にはご了承して頂いてリペアしました。

パネルが伸びすぎているので、どうしてもこの部分が残ってしまいます。

完璧に直すのは無理ですが、目立たなくなら何とでもなります。

お客様にはご満足して頂けました!!


N-BOX リアゲート複雑な凹み

なかなか複雑に凹んでいます。

元の様に綺麗に直すには鈑金塗装が最適です。

実は当店にはこのようなデントリペア向きでない相談が頻繁にあります。

お客様にはデントリペアと鈑金塗装の違いや、双方のメリット、デメリットをご説明してジックリ考えて頂いてどちらで修理するかを選択して頂いています。

今回は修理費用の関係で、デントリペアを選んで頂きました。

写真だとそこそこ綺麗に直った様に見えます。(リアゲートの一番下はパネルが、二重の合わせになっているのと、凹みが深すぎるのでこれ以上は直せません。

ライトの映り込みが無ければ、凹んでいた事はほとんど分からないくらいには直りました。

ライトを入れて見ると、直り切らなかった所が良く分かると思います。

残った凹みを直すには、鈑金塗装でパテ埋めするしかありませんので、ここまでが限界です。

お客様にはこの様になる事は事前にご了承して頂いていたので、ご満足して頂けました。

 


N-ONE 左リアドアのへこみ

2ヶ所あります。

2ヶ所とも凹みが縦長で深く、凹んでいる場所の都合で内装を外してリペアしました。

↑ドア後方はこちらから。

↑ドア前方はこちらのスピーカーの穴から作業しました。

塗装部分のキズ自体は直せません。

これを直そうとすると塗装作業が必要です。

ただ、変色や塗装肌の違和感などのリスクを考えると、デントリペアでの修復を選んで頂きました。

少し凹みが完全に出せない部分がありましたが、お客様にはとても満足して頂けました。

 


ヴェゼル 右リアドアのへこみ

リアドアに前後方向の横長の凹みです。

深くえぐったような凹みなので、筋状に残ってしまう可能性があります。

こういった凹みは前後方向だけでなく、上下からも見てリペアしないと綺麗にはなりません。

内装を外してリペアしました。

塗装部分が少しえぐれているので完全には戻せませんが、かなり目立たなくなったので満足して頂けました。

今年もお盆は休まず営業しています。

 


12345...