スバル

インプレッサ 右フロントドアの凹み

 

プレスライン上のかなり深い凹みです。

普段なら鈑金をお勧めする凹みですが、お客様は鈑金塗装するつもりはなく、とはいえこのままも嫌というお話でした。

今迄にも何度もご依頼をいただいているお客様のお車でしたし、出来る限りで良いとの事なので、以前に掲載したブログで、修理跡が残った写真も見てもらい、同じ様な状態になる事もご了承していただいてからの作業です。

凹みの状態としてはかなり難しく、特にこの車のここの部分は硬く、深く凹むとキレイにリペアする事はほぼ無理です。

ツールアクセスも非常に悪いので、作業の邪魔になる部品は出来る限り外してリペアしました。

リペア前⇧

リペア後⇧

ライトを入れてワザと見やすくすると表面のブツブツした粗さがよく分かりますが、ライトを消して見るとそんなに気にならない位にはなりました。

ライトを消して見たリペア後⇧

もう少し凹みを出す事が出来た可能性もあったのですが、その場合は塗装面が割れるリスクがかなり(と言うよりほぼ確実に割れる)ありました。

一か八かでも良かったのですが、もし、割れれば今の状態+灰色の下地塗装が見えている、という状態になる為、それならばこの画像の状態の方が良いと判断しました。ボディ色が白なので割れると余計に目立ちます。

作業終了後、お客様にもシッカリ確認してもらい、OK!をいただきましたので、今回の作業は終了です。

この数年で燃費が良い車が増えて来ました。

燃費を稼ぐ為の方法として、エンジン性能は勿論ですが、重量を軽くするのも1つの方法です。その為にパネルが薄くなって来ています。

しかし薄くなるとパネルの強度が弱くなります。そこでプレスラインを複雑化、もしくは今回のように角度のキツイプレスラインを付けてパネルの張りを出す等の工夫がされていると聞いた事があります。

今回はその1番硬い要の部分が凹んでしまった為、この結果となりました。

プレスライン上の凹みは全てこの様な状態になる訳ではありません。

直せる物は凹みの程度によりますが、プレスライン上でもほぼ問題無く直る場合も多くあります。

悩んだらまずはお電話、メール、LINEでご相談してください。

お客様のご要望にあった修理方法を一緒に考えましょう!!

お待ちしております。

 

 

 

 

 


レヴォーグ左フロントドアの複雑な凹み

この凹み、お客様がご自分でデントツールをご用意されて、自分でリペアされたのですが途中で断念され、当店にお持込みいただいた物です。

色々事情がおありで(怒り心頭なお話でした。お気持お察しします)少しでも綺麗に!とご自分で頑張られたのですが、これ以上は無理と感じ、あとは当店で何とか!とのご依頼でした。

凹みとしてはとても難しい状態で、元の綺麗な状態にはもどりません。しかし、少し我慢して頂く所を承知して頂ければまとめる事は出来ます。

ガラスを外し、赤丸部分の穴からもツールを入れて作業します。

複雑な凹みの為、時間がかかりますが、焦らずにジックリ直していきます。

お客様がリペアされた部分で鋭く出し過ぎた所や、一部リペア不可の状態の所がありますが、全体的にまとめて目立たなくなる様に整えていきます。

ドア後端部はこれ以上のリペアは無理な部分でした。その他筋状に残った所もありますが、当初よりはかなり見栄えが良くなりました。

凹みはここだけでなく、左前ドア、左後ドア、左リアフェンダーとパネル3枚に及んでおり、鈑金塗装だとかなり高額な修理になります。

1番ダメージが大きかったのがこのドアでした。この後、残り2枚のパネルも一緒にリペアさせていただき終了です。

 

開業当時は時折、「押してるだけやろ!その割に高い!負けろ!道具があったら誰でも出来るやん!」とよく言われました。

確かに単純作業です。凹みを押すだけなので。

ですが、今回ご依頼いただいたお客様は、ご自身でリペアされた体験の結果、

道具の良し悪しでは無く、腕!と、賞賛して下さいました。デントリペアのプロ職人として、この上ない喜びです。

毎日デントを直して、只今20年目で頑張っていますが、今回の様に嬉しいお言葉を頂けると張り合いがでます。

今後も技術向上に心掛け、お客様に喜んで頂ける仕上りを目指して頑張ります!!!

 


車検!

予備代車の車検。

スバルプレオネスタ、マイルドチャージャー付きでNAよりは良く走るので捨てきれずまだ使ってます。

お客様には迷惑かも(¯―¯٥) 

古いのでボールジョイントのダストブーツがもうダメです。中からグリースは出てないので車検は通るかも知れないですが、車には良くないのでさすがに交換。

交換する事自体は簡単です。手がグリースだらけになるので余り触りたくないのですが。

ブーツを外すと中のボールジョイントは綺麗で、錆などの傷みも無く、スムーズに動くのでそのままブーツを交換するだけです。左右共にダメでした。

右が旧品、左が新品のブーツです。部品代自体は左右で1000円程です。

ボールジョイントが固着して中々抜けない事もあるのですが、今回はすぐ抜けたのであまり時間も掛からず完了です。

こんな部品だけでも新しくなると、何となくウキウキして走るのが楽しくなります。

今で9万キロチョット、もう少し楽しませてくれる様に愛情込めて整備します。


オイル漏れ続き!

 前回タペットカバーのパッキンを交換しました。がまだ漏れていました。

ディストリビューターのダミーキャップのOリングからもオイルが!!

 

ゴム製のパッキンなので、経年劣化で硬くなりプラスチックの様になっていました。

欠けているのが旧品です。外す時に割れてしまいました。

タペットカバーの全周がオイルで濡れていたのでタペットカバーのパッキンを交換しましたが、リヤ側の漏れのメインはここからだったかも!

現在フロント側の漏れは止まっているので、これで全て収まってくれると有り難いのですが。

また暫く様子を見ることにします。


限界?オイル漏れ!!

 

古いけど代車のプレオネスタ

以前からオイルの滲みがあったのですが、先日等々駐車場にオイルの跡が…..。

本格的にオイル漏れしてきたので修理することにしました。

 

エンジンを上から見ると漏れている事は分かるのですが、上から見ても下から見ても、何処から漏れているのかハッキリとは分からない状態で、ただエンジン上部からである事は確実だったので怪しそうな所から修理することに。

滲みの後を見る限り取り敢えずタペットカバーのパッキンが怪しそうだったので、交換する事にしました。

左が新品、旧品は見た目では全くどこが悪いのか全く分かりません。

しかし、17年も前の車でゴムの硬化など色々考えられるので取り敢えず交換。

古い車なのですが、マイルドチャージャーが付いています。

スーパーチャージャーほどのパワーはありませんが、ノーマルよりはパワーがありしかも、スバルは軽四から撤退したのでこの機構の車がもう発売されなくなってしまいました。

普通なら入替えするのですが、気に入って使っていて距離も86000kmくらいなのでもう少し頑張ってもらいます。

これで直ればよいのですが、2、3日様子を見ることにします。


レガシィ 右フロントフェンダー

1478437079964.jpg 1478437115849.jpg 1478437143186.jpg

プレスラインを潰しています。

プレスラインを大きく潰している訳では無いので、比較的楽に修復出来ました。

フロントフェンダーですので、裏側のライナーを外せば、問題無くツールが入ります。

 今回はプレスラインを跨ぐ様に凹んでいて、しかも横長なので、ライトの角度を工夫してリペアしていきます。

大体30分位でほとんど分からない様になりました。

その後細かい部分を仕上げて完了です。

プレスラインの凹みは直せないと思われている場合がありますが、直せないのではなく、綺麗に直るものと、歪が残ってしまう物があるだけです。(例外もありますが。)

 無理かも!と思っても一度連絡下さい。

 

プレオネスタ(代車)のエアコン修理

1471263482347.jpg 1471263500051.jpg 1471263515935.jpg

夏季休業中に代車のエアコン修理です。

 エンジンを吹かしているときは冷えるのですが、

信号待ちなどで、止まっていると生ぬるい風しか出なくなってしまいました。

 調べると、クーラーユニット内のエキスパンションバルブ(エキパン~金色の部品)の故障みたいです。

 通常なら取引先の修理工場でお願いするのですが、

クーラーユニットを下ろすとなると結構な時間と費用が掛かるため、

今回は自分で作業する事にしました。

 

 写真の四角い網目の箱がエバポレーターと言われる部品で

家庭のエアコンの室内機(よくホームセンターで家庭用のエアコン洗浄剤などを使って掃除する部分)になります。

最近の車種は、エアコンフィルターが軽自動車にも付いていますが、

この時代の車には付いていないので、ホコリやゴミがびっしり付いていました。

この汚れがエアコンの冷えや風量に影響します。

ここはクーラーユニットを外さないと触れない部分です!

この機会に歯ブラシや掃除機、市販のエアコン洗浄剤などを使って徹底的に掃除しました。

クーラー部分が新車の様にキレイになってスッキリしました°.*\( ˆoˆ )/*.°

 

 

 

 

レガシィ ルーフの大きな凹み?

1466511191377.jpg 1466511350647.jpg 1466774728042.jpg

どこでどうなったのか?!

多分、車内から天井を突き上げています。

凹みでは無く、凸です。

修理の範囲が広く普段なら天井の内貼りは車内で外して、そのまま置いて置くのですが、

今回は車外に抜きだす必要があります。

通常のリペアよりも脱着、デントの修理に時間が掛かるため 2、3日お預りする事にしました。

朝からは業者様からの依頼で出張し、戻ってから天井をリペア。

時々、心が折れそうになると休憩を挟んでと。

 何とかリペアできました。

完璧とまでは中々行きませんが、それでも、お客様が満足して頂けるレベルまでは修復できました。

 

デントリペアの場合、あまり何日もお預りする事は無いのですが、

凹みの状態や数によってはお預りする場合もあります。

代車のご用意もさせて頂きますので、ご安心下さい!!

 

 

 

フォレスター 左フロントフェンダーのヘコミ

1464089066718.jpg 1464089116519.jpg 1464089214568.jpg

スバルのフォレスターの凹みです。

この型になってフェンダー部のプレスラインが、普通のシャープな山折のプレスラインではなく、

丸みの帯びたラインになっています。

プレスライン上に深く出来てしまった凹みの場合、

リペアする時に塗装割れや、凹みが出しきれ無い事がありますが、

この形状になってからは、さらに修復しにくくなっています。

塗装を割らない様に細心の注意を払いながら徐々に凹みを直して行きますが、

凹みの部位が硬く、塗装面がこれ以上傷んでしまわないうちに、

この部分は限界と判断して凹みの周りを調整して終わる事にしました。

作業終了後、見た目はヘコミは分からなくなっていますが、

よ〜く見ると塗装面がブツブツとなっている事が見てもらえるとおもいます。

しかし、鈑金すると色が変わってしまうよりは、こちらの方が良いということでお客様には喜んで頂けた様です。

 
 
 

トレジア 右リアドア

1462838439209.jpg 1462838488255.jpg 1462838510557.jpg

基本的なデントです。

ドア上部のガラスの隙間からツールアクセス出来れば、比較的早く直せるのですが、

 凹みがちょうど、ドアのサイドビームの部分に出来てしまっているので、

内張を外して作業になりました。

時々サイドビーム部分に出来た凹みは修理出来ないのかと聞かれますが、

写真の様な状態にすれば、ほとんどの凹みは修復可能です。

マスキングテープ上下の丁度真ん中辺りが、修理した場所です。