トヨタ

カローラスポーツのルーフの凹み

車両前方のルーフの凹みです。

少し深い凹みですがこの位なら十分デントリペアで修理可能です。

ただ、ルーフの場合は天井の内張りを外す必要があります。これの脱着作業が必ず必要になるので、時間が結構かかります。さらに脱着費用もかかるのでそれなりの金額になります。

内張りを外さず、引き出し作業でも出来ない事はないですが、仕上がりを重視するなら押し出し作業で直す必要があります。

↑分かりにくいですが、ルーフ裏側の写真です。

リアゲート側から。

↑左リアドア側から。

車の前方の凹みですが、

この車種は天井内張りは短かめで無理をすると

折れやシワが入るので全部外しました。

↑修理後

↑アップ

ほとんど分らなくなりました。ほぼ完璧!?

スッキリリペア出来たのでお客様も、私自身も満足出来るお仕事でした。


ヴォクシィ左フロントドアの凹み

今回は、何かでピンポイントに突いてしまったのか、深く鋭く凹んでいます。

この様な凹み場合は、飛び石傷の様に少し凹みが残ってしまいます。

何故残ってしまうのかを、お客様に出来る限り分かって頂ける様に説明して、了解を得て修理しました。

ガラスの隙間からもツールは入るのですが、細かく触れる様に内装も外して、ガラスの隙間からとドア内部からの両方からで慎重にリペアしていきます。

出来る限り凹みの中心部が無くなる様に何度も調整したのですが、ここが限界です。

最初の状態と比べると見違える位になりましたが、やはり少し凹みが残ります。

ここに凹みがあったと知らなければ、見逃してしまう位にはなりました。

この中心部もなんとかしたいと思われるならどうしても鈑金塗装になるのですが、ほとんど分からなくなったという事でお客様には大変満足して頂けました。

凹みの場所や凹み方で完璧に直るもの、鈑金塗装でしか直せないもの、様々あります。

無理にデントリペアで直すのではなく、鈑金塗装も含めて、出来る限りお客様の希望にそった修理方法を考えるようにしていますので、迷ったらお気軽にご相談下さい!!

 

 

 

 

 

 

 


アルファード 右スライドドアの凹み

アルファードのスライドドアの凹みです。

大きな凹みの後ろに小さな凹みもあります。

上から何か倒れて来て凹んだ様な感じで、深くえぐっています。

内張りを外しただけではツールが入らないので、写真のパネルも外しました。⇩

中はこんな感じ。⇩

黄色い丸で囲んだ部分が凹みの裏です。ここをバラさずにツールを入れても届きません。

ここまで外すとツールが入れ放題なので、ジックリ修理していきます。

赤丸の中によく見ると筋状に凹みの跡が残りますが、ここに凹みがあった事を知らなければ、なかなか見つけられないと思います。

お客様からもとても喜んで頂けました。

凹んでいる場所や凹み方でリペア出来る、出来ないがありますが、鈑金塗装の前に一度ご相談下さい!!


アルファード右フロントドアの凹み キズあり

目立つ凹みでキズもあります。

残念ながら、キズはデントリペアでは修復出来ないのですが、お客様からはキズはいいので凹みだけ直して欲しいというご要望でしたので、作業に入りました。

内装を外すとツールは楽々入るので、問題なくリペア出来ます。

少し凹みが深いのでヒズミが残るかもと思ったのですが、そこまで気になる様な修理跡も残る事なくリペア出来ました。

作業前の説明どおり、キズは残っていますが凹みが無くなったのでかなり印象が変わりました。

作業終了です。

この様な修理の完了という形も、デントリペアではよくあります。そして、鈑金塗装とは違うこの様な修理の形も最近では求められているのだと感じます。

 

この後スライドドアも直したのですが、写真の容量の加減で次回載せたいと思います。


C-HR右リアドアの大きな凹み

大きく深く多数凹んでいます。

特に写真下の丸で囲んだ右側、ライトを入れてないのにハッキリ凹みが見えます。

以前にも来られたお客様で、目立たなくなればとの事なので、出来る限り頑張ります。(初めてのお客様であれば鈑金塗装をお勧めしていると思います)

デントリペアで直すには不向きですが、何も出来ない訳ではありません。誰が見ても分からない様に直すには無理ですが、仕上がりに関しては人それぞれありますので、ご希望にあえばリペアします。

内装を外し、思考錯誤して作業します。

多少のヒズミや細かい凹みが残る事はご了承頂いてます。(前回もかなり厳しい凹みの修理でしっかりお話をさせて頂けましたので、今回もお客様のご希望は共有済です。)

 

思ったより時間が掛かりましたが、ここ迄なら何とか凹みを上げる事が出来ました。

多少歪みが残りましたが、ここが凹んでいたと知らないと見逃してしまうレベルにはなりました。

お客様には大変喜んで頂けたようです。

なかなか完璧と言える仕上がりにはなりませんが、今回は凹みが酷かった割には何とかなったと思います。

 


プリウスα左フロントドアの突き出し!

 

 

ドアの表面を押された時に、この裏側にあるサイドドアビームがあった為、凹まずに張れ上がった凹み?逆パターンの突き出しになっています。

写真では15センチ程度の突き出しに見えるのですが、実際には縦横30センチ超えのダメージです。

業者様からのご紹介で、お客様と直接お話させて頂いた上で、ある程度のヒズミと修理跡が残る事を了承してもらって作業しました。

お客様からは鈑金塗装だとかなり高額な修理になるし、安上げの鈑金塗装だと塗装の変色やヒズミが残る上、それでもそこそこの修理代が掛かるので、「それならいっその事デントリペアで!」と言う事でご依頼して頂きました。

作業範囲が広いため、ドア内部からのツールアクセスは当然ですが、ドアガラスも外してあらゆる方向から作業する必要がありました。

他のお客様からの仕事もあり、朝からお預りして結局夕方近くまでお時間を頂いての修理です。

突き出した凹み?を直す場合は通常の作業より少し手間が掛かります。

まず張れている部分を表面から叩いて、一度凹みにした上でもう一度凹みを上げ直す必要があります。

色々試行錯誤した上でジックリ慎重に作業しリペア出来ました。

少しライトの写り込みがズレるのが分かるでしょうか?

張れ上がりがヒドイためこれが限界です。

しかし、お客様には思った以上の仕上りにリペア出来ていたので、とても喜んで頂けたようです。

紹介して頂いた業者様にもお客様からご満足のご連絡があったようで、私も安心しました。

どんな凹み、張れでもこうなる訳ではありませんが、可能性があるなら努力しますので鈑金塗装の前に一度ご連絡頂ければ幸です。

 

 


CH-Rの右リアドアの凹み

大きさは普通のデントですが、少し深い凹みです。

お客様には最悪の場合凹みの中心部がクレーターの様に残る可能性もある事を了解頂いてのリペアです。

凹みの位置がドアの真ん中より少し下寄りなので、内装を外してドアの内側より作業する事にしました。(基本的に国産車のドアの内張り程度なら脱着料はいただいていません。)

こんな感じです。

 

凹みの裏側にドアビームなどの邪魔をする物は無いので、ツールアクセスはバッチリです。

後は出来る限り凹みの痕跡を残さない様にリペアしていきます。

普通に見ると全く分からないです。

アップで見ると少し残っています。

ここが凹んでいた事を知らないとまず見つけることはできないと思います。

お客様には大変喜んで頂けました。

 

先日、当店は開業20年目に突入しました!

毎日デントを直し続けています!

しかし未だにどんな凹みをリペアするにも、毎回作業を終了するまで、自分にこの凹みが直せるのかという思いがあります。同じ凹みは2つとない事が身に染みているんだろうと思います。(作業始めてから、出来ない(T_T)となる事は年に1〜2台あるかどうか、というくらいなのですがf^_^;))

ですから「絶対大丈夫!!」と言い切れなくて申し訳ないのですが、私が持っている技術を全て出し尽くして直しますのでお任せいただけると嬉しいです!

 

 


アルファードのスライドドアの少し深い凹み

 

小さいですが、深い凹みです。

写真ではあまり深さが分かりにくいのですが、経験上リペア後に少し凹みが残る事が分かったのでお客様にはその事を伝えて修理しました。

凹みの位置としては硝子の隙間からツールを入れてリペア出来そうに見えるのですが、いざ入れて見ると何か邪魔をする物があり、凹みを押す事が出来ません。

内装を外して見るとやはり裏側にブレスがありました。

⇧ここの中に凹みがあります。

この部分に入るツールを選んでリペアします。

ツールが届いてくれると後は比較的楽に修理出きるのですが、今回は凹みが深い為何度も修正を重ねてリペアして行きます。

良く見ないと分からない程度ですが、やはり深い部分が少し残ってしまいました。(元々あった塗装面の傷はそのままです)

お客様にはシッカリ確認して頂いて作業終了です。

お見積りの時にお客様には凹みが少し残る事は了解して頂いてましたが、お客様が思っていた以上に直っていたので大変喜んで頂けた様です。

コチラとしても一安心出来ました。

 

少し前からホームページをリニューアルしました。以前の物は写真が三枚までしか載せられませんでしたが、少しでも詳しく見て頂ける様に特にブログの方が変わっています。

お客様が気になるのは、綺麗に直った物ではなく、少し残った物はどんな感じなのか?が気になると思います。

今後も綺麗に直った写真では無く、リペアしたけどここまでが限界と言う事が分かって貰える画像を出来る限り載せようと思いますので、よろしくお願いします。

もちろん綺麗に直ったものはそのまま載せます!!

 

 

 


スペイド ルーフの凹み

大きさは余りないのですが、見ためよりも深く鋭く凹んでいます。

凹みの中心部は残ってしまう事をお客様には納得していただいて作業しました。

ルーフのリペアの場合、基本的に、まずルーフライニング(内張り)の脱着が必須です。

車種や場所によってどこまで外すか、ツールをどこから入れるのかは変わります。

今回の場合は写真の場所は右後部座席の頭の上あたりです。少しだけ外して強引にツールを入れる事も可能ですが、最悪の場合、皺が入ってその跡が残ってしまいます。

昔に比べると多少折れや皺が入っても元に戻せば殆ど分からない様なるのですが、お客様が 「NG」との事だったので全部外しました。(通常はこの様な場合は全部外す事をお勧めします。)

 

 

⇧凹み裏側

真ん中の小さく黒い点がへこみの裏、凹みの一番深い中心部です。裏から見てもハッキリ分かります。この様な場合はほとんど凹みの中心部は残ってしまいます。

出来る限り凹みの痕跡を残さない様に注意しながら修復するのですが、今回の場合それでは大きく凹みが残ってしまう為、少しですが塗装割れを覚悟して凹みが最小になる様にリペアしました。

割れた部分はタッチアップをしてその後のサビを予防します。

ここが凹んでいたと知らなければ、単なる飛び石キズ位になります。

凹んだままだと目立ってイヤな感じがしますが、この位になると以外と気にならなくなるので、そういうお客様も大勢いらっしゃいます。

 

 

 


アクア右リアドアの凹みのリペア

 

アクア右リアドアです。

複雑に凹んでいる為上手く写真を撮れなかったのですが、実際はもう少し大きな凹みでした。

プレスライン部にもダメージが及んでいます。

取りあえず内装を外してリペアします。

↑ツールアクセスの問題でドアガラスも外しています。

 

幸い、作業するのに邪魔になる様な物は何もないので、ツールアクセスは抜群なのですが、最近のパネルはプレスラインが潰れるとすぐに凹みの廻りが張れ上がってしまうので、歪みが出やすく直すのに苦労します。

それでも、2時間程で何とかリペア終了しました。

良く見ないと分からない程度ですが、少し歪みが残ってしまいましたが、それでもお客様には絶賛して頂けました。

↑ライトの写り込みが少し歪んでいるのが分かるでしょうか?


12345...