トヨタ

20型プリウス 左リアドアの凹み

1481187983057.jpg 1481188078601.jpg 1481188183672.jpg

限界を超えています。
ドア上部から下部まで凹んでいて、キズもあります。
通常はドア交換で鈑金修理です。

ドア下部分とリアフェンダーはダメージが酷く、塗装も割れていた為、デントリペアでの修理は出来ません。

しかし、お客様はドアの上側の凹みと張れが気になるようで、下部とリアフェンダーは余り気にしていない、1番目立つ所だけでも直れば良いと言われたので、それならとお任せいただける事になりました。

全体を「分からない」と言える位に修復する事は無理ですので、上側の凹みに集中します。
ただ、ドア下部も触らないと凹みは出ませんので、持っている知識と技術を総動員してリペアしました。

残念ながら、ドア下までは、リペアしきれませんでした。
少しでも、何とかと思い、出来る限りの事はやったつもりですが、これ以上は断念しました。
お客様の感想を心配しつつ、仕上がりを確認して頂きました。

お客様の予想以上に直っていた様で、とても喜んで頂けた様です。

キズ部分や、塗装が割れた部分はリペアの待ち時間に、お客様がタッチペンを買って来られていたので、塗っておきました。

ドア全体におよぶ凹みは、基本的にリペア出来ませんが、私が出来ると事と、お客様の希望が合えば、最大限出来る事はさせて頂きます。
諦めずに、一度お問合せ下さい。


プリウス 右リアドア 横長の凹み

1480075116836.jpg 1480075146247.jpg 1480075173795.jpg

横長に引きずった、しかも、二重線のへこみです。

お預りした時間と、リペアに掛かる時間を考慮して、一晩お預かりしました。

ツールアクセスの関係でガラスを外して作業します。
幸い、凹みの上部のプレスラインには影響していませんので、何とかリペアできます。(このプレスライン深く凹むと、塗装を割るつもりで押しても出てきません。何度も泣かされました。)

ライトの位置を工夫して、ジックリ押し出していきます。

かなりパネルが伸びているので、完全修理は無理ですが、当初の想像よりも、鋼鈑が思った様に出てくれたので、凹みの1番深い部分も何とか出てくれました。(それでも、薄~くスジが残ってしまいましたが…)

全体的に、一番見栄えが良くなる様に整えて、作業終了です。

少し歪が残りましたが、お客様に満足して頂ける結果になりました。


プリウス50 型 右フロントドアの凹み

1480071254028.jpg 1480071274158.jpg 1480071286673.jpg

現行プリウス 初めてリペアしました。

凹み自体は余り問題ありません。
ただ、初めての車種なので、ツールアクセスがどうなるかです。 
通常はドアのこの場所に凹みがある時は、まずドア上部のガラスの隙間からツールを入れるのが、大体セオリーです。 

しかし、ガラスをよく見てみると、なんと、合わせガラスが入っていました。

合わせガラスの場合、ドアとガラスの隙間からツールを入れリペアしようとすると、ガラスが割れてしまう恐れがあります。(実は一度、割ってしまった事があります。その時はお客様に色々ご迷惑を掛け大変でした。当然ガラスは弁償しました。)
急遽、ドアの内張りを外しての作業に切り替えました。

初めての車ですが、内張りを外すのはいつもの事なので、難なく脱着。
しかし、いざツールを入れようとすると、ウィンドレギュレーター(ガラスを上げ下げするエレベーターの役割をする部品です。)が当たってしまいます。

変形すると困りますが、当たらないように動かすと、ガラスが下がってくるのでツールを入れる事が出来ません。

仕方無く、ガラスも外す事にしました。
しかし、ガラスが重い!!
落として割ってしまうと、シャレに成らないので、ウチの奥さんにガラスを支えて貰って外しました。

微妙に歪が残ってしまいましたが、お客様には色々歪が見える様に説明して仕上がりをチェックして頂き、それでも「殆ど分からい」とOKを貰ってリペア完了です。

お客様にとても喜んで頂け、私も初めての車種で新しい情報が得られ楽しく仕事が出来ました。

ドア内側の写真はガラスを外す前です。
因みに、リアドアのガラスは普通に強化ガラスでした。


ルミオン 右リアフェンダーのデントリペア

1472379204658.jpg 1472379316208.jpg 1472379331838.jpg

他県からのお客様です。 

小さいですが、深い凹みです。 

しかもプレスライン上が、ガッツリへこんでいます。

 タイヤハウス廻りのプレスラインが凹んでいる場合は、鋭く凹んでいる事が多い為、

お問合せがあっても、なかなか「大丈夫です。」とはお応えできません。

今回も、お客様からは「小さな凹みなので」というお話でしたが、

小さくても凹みが深い場合は塗装が割れる、もしくは塗装面が荒れる可能性がある事をお伝えしていました。

(この時点では凹みは見ていませんでしたので)

しばらく考えて頂いて、後日連絡を頂きご来店して頂けることになりました。                                    結果はやはりリペアは可能ですが、塗装が割れる可能性もあるという事も承諾して頂いての作業となりました。                内装を外してから、作業開始です。      

 凹みが深いため塗装を割らないように慎重に修復していきます。

幸いツールアクセスは良かったので何とかリペア終了です。

ただ、凹みの一番深い部分が少し残ってしまいました。(薄いキズ程度ですが)

ここを無理に直そうとすると塗装が割れてしまいますのでこれ以上は断念しました。                             お客様にも、もし塗装が割れた場合は一部タッチアップして頂く事でお話していたのですが、

このままの方が見た目もほとんど分からないのでと、喜んで頂けた様です。

 

 

 

アルファード 運転席ドアの凹み

1468749845156.jpg 1468749926101.jpg 1468749960114.jpg

ギズがありますが、デントとしては標準的です。

内装を外さずにリペアする事も可能だったのですが、

凹みの後側にドアビームがあった為、微妙に作業し難い状態でした。

仕上がりを重視するならば、やはり内装を外して作業する方が断然良くなるので、

急遽外す事にしました。

 5ミリ程の傷があり、少し横長の凹みだっため、通常より時間が掛かりましたが、

1時間半程でリペア完了しました。

お客様にも満足して頂けたようです。

 
 
 

クラウン 左リアドア

1457354298295.jpg 1457354400914.jpg 1457354442700.jpg

ドアパネルの後端です。
パネル際の合わせ部分で折れていて、
凹み自体も縦筋が入るほど深い為、少し修理跡が残るだろうという初見でした。
後はツールアクセスの問題です。

場合によっては、ドアハンドルやキャッチ等の部品を外す必要性もありましたが、作業時に確認したところ内装の脱着だけでリペア可能と判断しました。ツールアクセスも確保です。

心配なのは凹みが深い為、筋状に残らない様に直そうとすると塗装が割れる可能性があることでしたが、その事も含めてお任せして頂ける事になり作業開始となりました。

結果、パネル際の折れはやはり残ってしまいましたが、お客様には大変喜んで頂ける結果になりホッとしました。

実は当店に来られる前、他店でご相談されたそうで、そちらのお店では「出来ない」と言われたそうです。「デントリペアでの修理はムリかも」と、半分諦めて当店に来られた為か、尚更喜んで頂けた様です。


ファンカーゴ右リアフェンダー角の凹み

IMG_20160120_105002.JPG DSC_1414.JPG DSC_1444.JPG

買い物カートの様な物がぶつかった様な凹みです。

 内装を外して車内側からも押し出す事は可能ですが、ツールアクセスは悪く作業性も良くないのでバンパーを外しての作業に変更しました。

お客様には、最悪ボディに穴を開けて修理する事も説明し了解を頂きました。(但し、その時は改めて連絡し了解を頂いてから) 幸い車体の空気抜きの穴から、ツールを入れる事が出来た為、ボディに穴を開けずに修理する事が出来ました‼

昔から当店をご贔屓にして下さっているお客様で、今回も満足して頂けた様です。

 

アクア 左フロントフェンダーの小さな凹み

DSC_1064.JPG DSC_1077.JPG

デントとしては小さめの凹みですが少し深いです。

黒や紺などの濃い色は、ボディにはっきりと周りの景色が映り込むので 仕上げが かなりシビアになります。

 少しでも直りが悪いと 映り込んだ景色が歪むので違和感が残ります。

今回の場合、パネルが少し逆反りになっている所が凹んでいるため、 押し出しすぎると張れた様になり、 出しかたが足りないと「凹んだまま直っていない」になってしまいます。

 アクアはパネルが薄いのか、押し出すとパネル全体がたわむため慎重に作業しないと思わぬ所に歪みが入るため苦労します。 プリウスや、ホンダのN-ONE、N-WGNも場所によっては似た感じがあります。

 

 

 

アルファード スライドドア

デントの場所がボディのデザイン上、見づらいです。

修復する時 、一番最初に見極め無ければいけないのが打撃点だと思っています。(持論ですが・・・)

今回の場合は内装を外してしまえばツールアクセスは抜群に良いのですが、作業に入る体制をとると、打撃点がなかなか見づらい場所でした。

この位置を間違ってしまうと、修復跡が残ったり、歪みが抜けなかったりと、後々大変な事になります。 (デントの状態により、これ以外にも要因は多々ありますが(^^;)

色々と体制を体制を変え、ライトの位置を調整し、目線を工夫して作業完了!

きっちり直せました!


トヨタヴィッツの左リヤドアのへこみ修理

ヴィッツの左リヤドアの凹みです。
大きさは約10㎝でかなり深めのデントです。

プレスラインにも影響が出るほどのキツさですが、

幸いドアの内張りを脱着すればアクセスが容易だった為きれいに直りました。

 

 

  • トヨタヴィッツ

 

  • トヨタヴィッツ