小さな凹み

アテンザ左フロントドア

   

 

 7㎝程の凹みがドア中央に出来ています。オーソドックスに上部ガラスの隙間からツールを入れても、修復は可能だと思いますが凹みの位置が微妙に低く、凹みも少し深いためアクセスしにくいので仕上がりを考えるとドアの内装を外しての作業が最良と判断しました。

但し、最近のマツダ車は内装を外しても、すぐにサービスホール等が無いので少し面倒です。アクセスするには 、ガラスを外してから配線等を取り内部パネルを外してから作業となります。(写真)

 近年(10年位にはなりますが)このようなパターンが多くなっています。(軽自動車でもあります) 外してしまえばツールアクセスは抜群になりますので、あとは凹みの条件と腕次第になります。

 

N一BOX 左スライドドア

最近のスライドドアは、オート(自動ドア)になっているものが多く、
ドア中央より下部が凹んでいると
ツールアクセスが悪くて非常に苦労します。
 
おまけにサイドドアビーム等があり、
毎回依頼される度にヒヤヒヤします。
 
 
今回もご依頼された時にはツールアクセスが悪く、
修復出来ない可能性がある事をお客様に伝えて、ご来店いただきました。
 
へこみが二ヶ所あり少々大きい凹みでしたが、
幸い抜群にツールアクセスが良い場所があったので、
問題なく直り、
お客様にも大変満足して頂けました。
 
 
 
最近では軽自動車でも複雑な装備の為、
気軽に「大丈夫です」とはいかないので、苦労します。
 
ちなみに、最近のホンダのスライドドアは
サイドドアビームが複雑になってきているように思います。
 
写真、わかりにくくてすいません<(_ _)>
 
 
 

スバル フォレスター SH系

NCM_0456.JPG NCM_0462.JPG

左リアドアの凹み ディ一ラ一様での作業です。 凹みとしては何も問題はありませんがツ一ルアクセスは余り良くありませんでした。 押し出そうとするとツ一ルが滑ってしまうので固定しにくく苦労しました。思ったよリも時間がかかりましたが、仕上りはバッチリ。お客様にも満足して頂きました。

 

10tトラックキャビンのベッドスペース

◆作業前

10tトラック作業前 10tトラック作業前

◆作業後

10tトラック作業後

車が大きいので小さく見えますが、5㎝はあるへこみです。

へこみを直すためにはキャビン内の内張りなどを外す必要がありました。作り自体は単純ですが部品が大きいためとても手間がかかる作業でした。

修理場所がかなり高所の為、脚立の上での作業になり足場が不安定で、かなり恐怖でした!


ヴェルファイア

ヴェルファイア 作業前ヴェルファイア 作業後

少し深めの凹み。でも標準的な物です。 内張りを外しての作業です。 サイドビーム等の邪魔なものは無いのですが、ツールアクセスの悪い位置で、少し苦労しました。 仕上りはバッチリ。お客様にも満足して頂きました!

 

スバル アウトバック右フェンダー

 アウトバックbefor 

 アウトバックafter 

 

やはりよく眼につく場所のへこみは気になるものですね。スバルのアウトバックの右フロントフェンダーの修理です。プレスライン上の深いへこみですが、きれいに直って、お客様にもご満足いただけました。


...10...1617181920