小さな凹み

ルノーKANGOO 右フロントドアのプレスラインの凹み

少し大きいですが、問題ありません。

ただ、プレスラインが酷く潰れています。

ガラスの隙間からツールを入れて見ましたが、凹みの裏には届きませんでした。

内装を外し確認すると

赤丸の中、袋状の奥に凹みがありました。

どうりでガラスの隙間からはツールが当たらないはずです。

黒い部分はツールを入れた跡です。

ライン部分が酷く潰れていたのと、ここを直すのに最適なツールが入らなかったので、プレスのライン部分に荒い肌が残ります。

ライトを消して見ると、ほとんど分からないとは思います。

お客様にはシッカリどちらの状態も確認して頂いて満足して頂けました!

 

 


シビック ルーフアンテナの浮きと左端の張れ

アンテナの後方が浮いています。

バック時にアンテナが車庫のシャッターに引っ掛かり前方向に傾いて凹んだ様です。

アンテナを外すと

↑こんな状態でした!

アンテナの穴が変形してパネルが伸びています。

↓ちなみに

この時の副産物?なのか張れて突き出した部分が出来ていました。

室内をバラして、内張りを外します。

ルーフの裏側。赤丸部分はアンテナ前方にあった凹みの部分です。

↓修理後

アンテナ左側の凹んでいた所は大きさの割に深く凹んでいたので、少し残っています。

↑後方の隙間はぴったり

張れていた所もほぼ分からなくなりました。

天井の内張りを外すのは作業性の確保と、リペア後の防水処理をする為です。

雨漏りがしない様にガッチリ防水処理をして完成です。

お客様の要望でシャークアンテナも、新品に交換しました。

シャッターがある車庫に入れる時は、シッカリ上まで上げて高さを確認してから入れましょう!!

日常の中でこの位で大丈夫だろうと気を抜くと悲しい事になります。

皆さん気をつけて!!

 

 


ヴォクシー 左スライドドアの凹み

大きさは問題ありません。

ちょっと深い凹みです。

内装を外し、インナーハンドル(外さないとホールシール(ビニール 防水用)に穴を空けなければなりません)廻りも外してリペアしました。

ドアビームの部分に凹みがありました。

黄色のテープの真ん中辺りが凹んでいた所です。

ほとんど分からない仕上がりになったと思います。


ボルボXC90 左リアドアの凹みと凸

 

凹んだ時に出来たのか突き出した部分もあります。

ここをリペアするには内装を外し、内部パネルも外す必要があります。↓

この部分が凹みと凸のある部分です。

ちなみに

最近のボルボはアウターハンドルを外すのが面倒です。

良~く見ると微妙に縦筋が残っているのが分かりますが、ツールの入り具合やその他諸々でこれ以上は無理でした。

キチンと内装を組み付けて完了です。


ハリアー 右フロントドアの凹み

ドア上部のカーブになっている部分が凹んでいます。

ヘコミの上に凹んだ時に出来た張れもあります。

内装を外さずに、ガラスの隙間から作業しようと思いましたが、凹みの裏側に鉄板が張り付いていてそのままではツールが入りませんでした。

赤丸部分に凹みがありました。

結局内装を外し、ガラスも外して作業しました。

こんな感じでツールを入れてリペアしました。

ライト(光)を入れた状態とそうでない状態。

どちらで見てもほとんど分からない仕上がりになりました!

 


スズキ バンディッド 左スライドドアの凹み

小さいヘコミですが、「見つけると気になる」

そんなヘコミです。

赤丸の部分、ブレスの中に凹みがありました。

この場所は内装を外さないとツールが入りません。

今回はほぼ完璧に直ったと思います。

自分でも満足出来る仕上がりになりました。

 


シトロエンC3 左リアドアの凹み

芯のある小さい凹みです。

キズもあります。

ガラスの隙間からツールを入れて見ましたが、凹み部分にはアクセス出来ず、内装を外して作業しました。

↑内張りを外すとこんな感じです。

このままではツールが入りませんので、白いシートもめくりました。

↑この部分からツールを入れます。

ただ、パネル裏の袋状の部分に凹みがあったので、ここからまたもう一苦労ありました。

ここの袋状になっている奥の所に凹みがありました。

パネルを止めているシールを少し削り取り、どうにかツールが入る様にして、やっと作業開始です。

凹み中心部が少し深いのと、ツールアクセスの悪さがありましたが、何とかお客様には満足して頂ける仕上がりになりました!

少し深いキズ(コンパウンドでは消せませんでした)がありますので修理した位置が分かりますが、お客様には満足してお帰り頂け、ホッとしました。


VWトゥーラン 左リアフェンダーの凹み

リアフェンダーのプレスライン上に、ライトの部分とその後ろに一ヵ所、計二ヵ所凹みがあります。

内装を外して作業しました。

内装を外すと以外にすんなりツールが入りました!

あとはリペアです。

分かりにくいですが、ほんの少し荒い部分が残ります。

お客様には絶賛して頂けました!

ツールがキッチリ入ってくれたので助かりました。

プーリングでは、なかなかこうはリペア出来ません。


JEEPリアハッチの突き上げ 三ヵ所

 

もう少しマシになればと、ご相談頂きました。 

ただ、この車種は普通車と違い鉄板が分厚過ぎて、何処まで直せるかはやってみないと分かりません。

ほぼ、お任せと言う事でお引き受けしました。

「ポンチでかなり叩いて落とせる所まで落として、その後落ち過ぎた廻りを押し出す」

と言う作業を何度も繰り返して、出来る限界までリペアしました。

戻し切れない所もありますが、お客様には大変喜んで頂けました。

この車種は何度かリペアした事がありますが、パネルがかなり分厚い為、通常なら直せる程度の深い凹みや突き上げでもこの車はかなり厳しいです。

古い車ですが車体はかなり整備が行き届いていて、良い状態だと思います。

お客様のかなりのお気に入りの一台でしたので、これからも大事に乗って頂ければと思います。

 

 

 


ボルボS60 ボンネットの凹み

ボンネットにポツンと凹みがあります。

白色のボディで日光が当たるとあまり気にならないのですが、日陰に入ると凄く目立つとの事でご依頼頂きました。

通常はボンネット裏はインシュレーターと言う黒いカバーで覆われているのですが、外して見ると

こんな感じで骨だらけでした!

必然的にツールを入れる部分が限られて来るので、リペアし辛い状況になります。

穴を空ければ良いのですが、それは最終手段です。

あと、空けるにはボンネット表面との空間があまり無いので、ドリルで外鈑を突き上げる可能性が高い為、リスクを考えるとやりたくありません。

何とかツールを入れてリペアしました。

普通に見る分には分からない仕上がりになりましたが、

ライトを入れて見ると凹みが深く、パネルが伸び過ぎているので少し残っているのが分かると思います。

凹んでいた事を知らないと余程でないと見つけられないので、仕上がりはご満足して頂けました!

 


...34567...1020...