小さな凹み

コペン 右ドアの凹み

大きさの割に深い凹みです。

ただ、この部分はアウターハンドルやドアビームが邪魔になってツールアクセスが最悪です。

プーリングで直すにも、狭い範囲で深く凹んでいるのであまり良い方法ではありません。

車体も古いので、塗装が剥がれるリスクもあります。

と言うことでバラしてリペアしました。

過去にこの車種は何度もやっているので、分解するのは全く問題ありません。

 

都合上、ガラスも外しています。

ここまで外すとツールアクセスはバッチリです。

あとはリペアするだけ!!

凹みの裏側、赤丸部分が凹んでいる場所

↓ドアの上から覗くとこんな感じ!

アウターハンドルを外しているので、ビームとパネルの間(隙間)が見えていますが、ハンドルがついたままだと部品が邪魔でツールが上手く入りません。

キズはこの後少し磨いて薄くなりましたが、凹みの一番深い部分が少し残りました。

元の状態と比べるとほぼ凹みが分からなくなったので

お客様にはご満足して頂けました!

全て元通り組み付けて終了です。

 

 


ハリアー 右フロントフェンダーの凹み

塗装面にキズがある凹みです。

お客様はキズはそのままで良いので凹みだけを直して欲しいとのご依頼です。

凹み自体は問題ありませんので、リペアは可能です。

フェンダー内側の樹脂カバーを外せばツールもキッチリ入ります!

凹みもバラしも、ややこしいところは有りませんので、比較的短時間で終了しました。

キズの部分が白く残りますが、それが無ければほぼ完璧?だと思います。

 

キズはそのままでと、言うお客様が多々来られます。

この大きさのキズを直すにも、綺麗に分からなくするには、パネル全体の塗装が必要になります。

部分塗装(パネル内ボカシ)でも行けなくはないですが、変色や肌違いなどのリスクも出ます(カラーにもよりますが)。

「それなら一番気になる凹みを消してしまえば!!」

とご来店して頂いています。

凹みさえ無くなれば、キズはほとんど目立たなくなりますし、乗っていれば飛び石などでもキズが入るので

ガリッと行くまでは我慢すると言うお客様が多くご来店されます。

塗装が剥げてしまっていても、小さなキズなら案外タッチアップでも分からなくなります。

微妙なキズの場合は、クリアーで錆び止めするだけをお薦めしています。

タッチペンを持って来て頂ければ、タッチアップくらいはさせて頂きます!

 


ヴェゼル リアゲートの凹み

鋭く突いたような凹みです。

お客様には凹みの中心部が、飛び石キズの様な感じで残る可能性をお伝えして、リペアしました。

↑リアゲートの内張りを外して、車内側からリペアしました。

↑修理前と修理後

凹みの下側にキズで少し白くなった部分があるので、そこを目印に見て頂ければと思います。(キズの上に凹みがありました)

やはりほんの少しですが、凹みが残ってしまいました。

凹みがあった事を知らないと、分からないと思います。

 

 

 


WRX stiの左リアドア 数ヶ所のへこみ

ドアの前から後ろにかけて、凹みが並んでいます。

場所の関係で内張りを外してリペアしました。

ちょうどドアビームの所が凹んでいました。

シートも貼ってあったので、凹み部分所だけシートを剥がして作業しました。

今回の凹みは、キッチリ直ったと思います。凹みが無くなるとキズもあまり気にならないと思います。

キズはコンパウンドで磨いてみましたが、これ以上は取れませんでした。

少しのキズなのに、直そうとすると全体を塗装しなければならない為、色目や肌が変わることを気にされるお客様は多く、

「キズはそのままで良いので、凹みだけ直して欲しい」

と言ってご来店して頂いています。

 

 

 

 


ボルボ XC40 左フロントドアの凹み

ドアのド真ん中の凹み

標準的な凹みですが、少し深めです。

予約して頂いた時は状況が良く分からなかったので、ドアの内張り、その中のパネルも外す事も考え、外し方も調べて準備していました。

当日ご来店の際に確認したところ、ガラスの隙間からリペア可能だと分かったので、今回はバラす事もなくすんなり修理出来ました!

上下の黄色テープの真ん中が凹みのあったところです。

ボルボのドアパネルは他の輸入車と違い、柔らかい?感じなので、ツールさえ入れば結構素直に凹みが出てくれます!(伸び過ぎ、深すぎる凹みは除外)

動画で見てもまず分からない様にリペア出来たと思います。

凹みがなくなりスッキリしました!

 

 


プリウス 左リアフェンダーの凹み

ライトが映っていると差程深い凹みには見えませんが、景色だと深さが良く分かります。

お客様には凹みの中心部が残る可能性を説明し、ご了承して頂いてリペアしました!

今回も内装を外しての作業です。

開口部が広いので、思ったよりツールが自由に入ります。

やはり中心部にほんの少しですが、残ってしまいました。

これ以上出そうとしても、パネルが張れ上がるだけで余計におかしく見えるので、このままにしています。

ライトを入れて見ると分かりますが、

ライトを外すとほぼ分からないと思います。

というよりは、まず見つけられません。

凹みが残る事は予想していましたが、思っていたよりもかなり小さく絞り込めたと思います。

 


ノート 左リアフェンダーの凹み

ボディーカラーがホワイト系なら、気が付きにくい位の薄い凹みです。

購入されて間もなくで凹まされてしまった様です。

一見何処からもツールが入らない様に見えますが、そこは長年の勘でここら辺りなら入るかも?と言う所を探って行きます。

押し難い場所でしたが、ツールを数種類使い分けリペア出来ました!

ほぼ完璧です。

↑動画で見てもほとんど分からないど思います!

スッキリお仕事完了です。

 


ヴェゼル 右フロントドアの凹み

典型的なデントです。

ガラスの隙間からツールを入れて見ましたが、裏側にブレスがあり、ここからではリペア出来ないので内装を外しました。

↑黄色のテープの所が凹みのある場所です。

ピンポイントで骨の中に凹みがありました。

しかし!内張りを外したこの状態ならいくらでもツールが入るので、難なくリペア完了です。

↓拡大

↓動画で!!

ほぼ、完璧?に直ったと思います。

こんな幅の狭いブレスですが、時々狙ったように凹んでいる場合があります。

完全に偶然ですが、ガラスの隙間から出来るだろうと軽く見ていると、苦労するはめになる事があるので、楽観しない様に丁寧な見積りを心がけています。

今回は国産車なので、内装を外す手間が増えただけで、問題ありませんでした。

 

 


N-BOX リアゲートの凹み

 

薄い凹みですが、プレスラインとその上部に1ヶ所に凹みがあります。

内装を外し作業します。

N-BOXのリアゲートの裏には赤丸で囲ったブレスがパネル中央辺りにあるので、凹みの場所によっては非常にリペアしにくいことがあります。

今回はこの部分から僅かに外れていたので、

あまり苦労せずリペア出来ました!

ほとんど分からない仕上がりになったと思います!

微妙な凹みだったので、仕上げに少し手こずるかと思いましたが、ツールアクセスが良かったので、比較的短時間で終了出来ました!

 

 

 


フーガ 左リアフェンダーの凹み

写真では写っていませんが、キズのある凹みです。

トランクの内装を外し作業しました。

内張りを外すとこんな状態です。

ここからツールが入る所を探します。

入る場所が限られていますので、ツールアクセスには苦労しましたが、何とかツールが入る所を見つけリペアしました!!

キズ跡があるので凹んでいた所が分かります。

ただ、凹みが無くなったので、ほとんど目立たなくなりました。

 


...23456...1020...