小さな凹み

フィアットpanda 右リアフェンダーの凹み 2箇所

青丸部分の2箇所です。

日本車のリアフェンダーの修理の場合、

内装を外して室内側からツールを入れないと作業できませんが、一部輸入車はタイヤハウスのカバーを外せば、そこからツールを入れてリペア出来ます!

今回もそのパターンでした。

↑こんな感じ

ツールアクセスは抜群に良いので、しっかりリペア出来ました。

↑修理前

↑修理後

凹みのあった部分に薄い線キズがあるので、

凹んでいた場所が分かりやすいと思います。

ほとんど完璧位には直ったと思います!!

内装を外す必要がなかったので、比較的短時間でリペア出来ました。

 


アウトランダー 右リアドアの凹み

標準的な凹みです。

ガラスの隙間からツールが入るかな?と思いましたが、いざ入れてみるとドアパネルの裏側にあるブレスの中の凹みだったので、内装を外して内側からでしかツールが入りませんでした。

赤丸部分が凹みの場所です。

内側からなら自由に押し出せるので、比較的短時間で仕上がりました!

凹んでいた部分に少しキズがあるので、修理した部分が分かると思います。

 

 


フィアット500 右フロントフェンダーの凹み

通常なら何てことの無い凹みです。

国産車ならツールも入り安く、問題なくリペア出来ます!

フェンダー内のカバーを外して、いざツールを入れてみると何故か入らない。

凹みの裏側を確認してみると、凹みの裏側に鉄板があり、薄く細いツールしか入らない事が分かりました。イレギュラーです。

一番細いツールが何とか入る場所でしたので、リペアは可能でした。(少し焦りましたが😅)

ほとんど完璧?に直ったと思います。

輸入車の場合は時々「えっ?」と思う構造になっているので焦ります!

ゴールデンウィークも休まず営業します!!

 

 


エクストレイル ボンネットの凹み ちょっと深いです。

大きさはバッチリ、デントリペア向きのお仕事です。

少し深いので、お客様には飛び石の様な跡が、残る可能性をご了承して頂いてリペアしました。

ライトを当てても中心部まで光が入らず、影になっています。

こういう風に見えるとこれは深い凹みだな〜と、私自身の経験ではその様に判断しています。

↑リペア後

少しですが、良く見るとポツッと跡が残ってしまいました。

これ以上押し出しても、パネル自体が張れ上がって、それはそれで見栄えが悪くなるので、一番見栄えが良い様に調整しました。

ほんの少し跡が残りますが、知らないとまず見つけられないと思います。

お客様にも満足して頂けました!!

 


アクア 右フロントドアの凹み 2箇所

フロントドアの上下、2箇所に凹みがあります。

特に上側の凹みは、エグッた様な感じでクセが入っていますので、お客様には少し修理跡が残る事をご了承して頂いてリペアしました。

↑ツールを入れる都合で(下側の凹みは内装を外さないとリペア出来ません)内装を外して、ガラスも抜きました。

赤丸のブレス部分の中に凹みがあります。(上側の凹み)

黄色のマスキングテープ3箇所のそれぞれ真ん中辺りが凹みのあった所です。

少し違和感が残りますが、お客様には絶賛して頂けました!!

違和感が見えやすい様にライトを映しています。

ライトが無ければ、ほぼ気づかないと思います。

 

 


BRZ 右ドアの凹み

標準的な凹みです。

ただ、位置が少し低いので内装を外してリペアしました。

内装を外せば難なくツールが届き、より綺麗に直せます!!

ほとんど分からない仕上がりになったと思います!

 

 


フォレスター 左リアドアの凹み

リアドア下部に横長の凹みをあります。

プレスラインに添って凹んでいます。

少しですが、プレスライン上にも影響が出ています。

目立たなくなればと言うことでしたので、お引き受けしました。

ツールの入り方のかげんで内装を外してリペアしました。

ライトを映して見ると塗装面のキズがよく分かると思います。

ライトを外して見るとほとんど分からないでしょう。

凹みがあった事を知らないと、まず見つけられないと思います。


ハリアー 左フロントドアの凹み

少し横長の凹みです。

当たった時に引き摺ったみたいです。

ライトの角度をこの状態で見て直していくと

凹みが残ってしまうので、ライトの角度を変えて直していきます。

リペアを開始する時に、どのようにライトを入れて直して行くかで、最終の仕上がりにかなり差が出てしまいます。

これは経験上の話しなので、人によっては違うかもしれませんが….。

私の持論ではこうです。

塗装面のキズがポチっと残りますが、凹みはほぼ消えたと思います。

 

 


プジョー308右リアドアの凹み

写真の一枚目が元々ご依頼のあった凹み

ここのリペアでご来店して頂きました。

が、写真二枚目はお客様は気付いておられず!追加で作業となりました。

凹みの場所の関係で内装を外してリペアです。

↑思ったより簡単に外せました。

↑ドア内部。赤丸部分の黒いシートの所が凹み部分。

リペアするのに非常に問題があるので、少しだけ剥がしました。

↑リペア前

↑リペア後

前後の凹み、両方ともほぼ完璧?に直ったと思います。

 


スバルWRX S4ルーフのリペア 二ヶ所

左右に二ヶ所、ハッキリした凹みと薄い凹みがありました。

取り敢えずルーフの内張りを外して作業開始です。

天井の裏側、こうなっています。

一ヶ所はアシストグリップの取り付け部分の所に凹みがありました。

薄い凹みはプーリングでも良いのですが、大きくハッキリした物はプッシュ(押し出し)で直す方が確実です。(プーリングの場合は塗装剥がれのリスクがあります。剥がれた場合責任は取れませんので、お客様とシッカリ話しあって、了承を頂いてからしか作業しません)

この状態が一番ベストでリペア作業が出来ますので、あとは腕次第です。

↑左側の凹み

↑右側の凹み

微妙なヒズミがほんの少し残りますが、ほとんど分からない仕上がりになったと思います。

お客様にも十分満足して頂けました!!

だいたい半日の作業です。

 

 


12345...1020...